44件中 11 - 20件表示
  • 宮内宏子

    宮内宏子から見た札幌国際ハーフマラソン札幌国際ハーフマラソン

    京セラ入部後、初マラソンに挑戦。「2009横浜国際女子マラソン大会」では8位に入り、新人賞を獲得(2時間32分30秒)。双子の姉・洋子らと共に出走した「2010札幌国際ハーフマラソン」では9位(1時間13分33秒)。「2010北海道マラソン」では、優勝した原裕美子に次いで2位に入った(2時間35分42秒)。「2011大阪国際女子マラソン」は10位(2時間38分31秒。優勝は赤羽有紀子、姉・洋子は8位)。宮内宏子 フレッシュアイペディアより)

  • ホクレンディスタンスチャレンジ

    ホクレンディスタンスチャレンジから見た札幌国際ハーフマラソン札幌国際ハーフマラソン

    札幌国際ハーフマラソン - 期間中に札幌で開催されるハーフマラソン大会で、同じくホクレン特別協賛。ホクレンディスタンスチャレンジ フレッシュアイペディアより)

  • ガトゥニ・ゲディオン

    ガトゥニ・ゲディオンから見た札幌国際ハーフマラソン札幌国際ハーフマラソン

    同年7月9日には第49回札幌国際ハーフマラソンに出場し、1時間04分51秒で走り41位となった。11月12日には第47回東日本実業団対抗駅伝で駅伝デビューを果たすと、最長区間4区(17.4km)を担当。48分54秒(区間新記録)で走り区間賞を獲得、日清食品4年ぶり2度目となる優勝に貢献した。11月23日には第18回国際千葉駅伝のケニア代表として出場。2区(10.0km)を26分51秒(区間新記録)で走り、2位争いの伊達秀晃(日本代表)・北村聡(日本学生選抜)らを置き去りにし1分29秒の差をつけ区間賞を獲得し、ケニア代表として優勝を果たした。ガトゥニ・ゲディオン フレッシュアイペディアより)

  • 大島めぐみ

    大島めぐみから見た札幌国際ハーフマラソン札幌国際ハーフマラソン

    2005年7月 札幌国際ハーフマラソン 1:09:59/4位(自己記録)大島めぐみ フレッシュアイペディアより)

  • 清水康次

    清水康次から見た札幌国際ハーフマラソン札幌国際ハーフマラソン

    2000年 - 札幌マラソン       ハーフマラソン優勝清水康次 フレッシュアイペディアより)

  • 木原真佐人

    木原真佐人から見た札幌国際ハーフマラソン札幌国際ハーフマラソン

    2008年 第51回札幌国際ハーフマラソン大会 5位 1時間02分07秒(日本人トップ)木原真佐人 フレッシュアイペディアより)

  • 中村友梨香

    中村友梨香から見た札幌国際ハーフマラソン札幌国際ハーフマラソン

    2009年はマラソン出走を封印し、駅伝・トラックレースをメインに出場。2009年6月27日の日本陸上選手権女子5000mでは初優勝を果たし、同年8月開催の世界陸上ベルリン大会へ長距離走代表に選出された。その8日後の同年7月5日には、札幌国際ハーフマラソンに出場。世界陸上ベルリン大会女子マラソン代表組(渋井陽子、藤永佳子、加納由理)との同走となるも、前週の日本選手権の好調を維持して、1時間9分20秒の自己ベストタイムで初優勝した。中村友梨香 フレッシュアイペディアより)

  • 宮内洋子

    宮内洋子から見た札幌国際ハーフマラソン札幌国際ハーフマラソン

    2010年3月、名古屋国際女子マラソンで初マラソンに挑んだが、24Km過ぎのペースアップについていけず、11位だった(2時間33分36秒)。2010年7月、双子の妹・宏子らと共に札幌国際ハーフマラソンに出走、19位(1時間15分07秒)。2011年1月、大阪国際女子マラソンは8位(2時間36分43秒。優勝は赤羽有紀子、妹の洋子は10位)。2012年3月、名古屋ウィメンズマラソンは自己ベスト記録をマークして9位に入った(2時間26分23秒。優勝はアルビナ・マヨロワ)。宮内洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 絹川愛

    絹川愛から見た札幌国際ハーフマラソン札幌国際ハーフマラソン

    復調のきっかけとなったのは東日本大震災だった。高校時代を過ごした仙台も大きく被災したことから、自分が奮闘することで被災地の励みになればと考えたのか見違えるような復活を遂げる。2011年6月12日、日本選手権最終日の女子5000mに出場。15分09秒96(日本歴代6位)の自己ベストで優勝すると同時に世界陸上大邱大会の出場標準記録A(15分14秒00)を突破し、2大会ぶりの世界選手権出場を内定させた。6月22日にはホクレンディスタンスチャレンジ網走大会の女子10000mに出場。31分10秒02(日本歴代4位)の自己ベストで世界陸上競技選手権大会の参加標準記録A(31分45秒00)を突破した。そして同じ北海道で7月3日に行われた札幌国際ハーフマラソンは自身初の本格的マラソン競技であったが、後半驚異の粘りと追い上げを見せ、女子の部で日本人トップとなる第3位の成績となった。絹川愛 フレッシュアイペディアより)

  • エリック・ワイナイナ

    エリック・ワイナイナから見た札幌国際ハーフマラソン札幌国際ハーフマラソン

    コニカ(現:コニカミノルタ)陸上部監督の酒井勝充監督に能力を見出され、1993年に来日し同部へ所属。同年の札幌国際ハーフマラソンで2位、翌1994年の北海道マラソンで初マラソンに挑み初優勝。1995年の東京国際マラソンでも優勝し、1996年のアトランタオリンピック(マラソン)ケニア代表に選ばれる。同五輪では、見事に銅メダルを獲得。さらに2000年のシドニーオリンピック(マラソン)では銀メダル、2004年のアテネオリンピック(マラソン)では7位入賞と、五輪2大会連続でメダル・3大会連続で入賞した。エリック・ワイナイナ フレッシュアイペディアより)

44件中 11 - 20件表示

「札幌国際ハーフマラソン」のニューストピックワード