43件中 21 - 30件表示
  • 宮内洋子

    宮内洋子から見た札幌国際ハーフマラソン札幌国際ハーフマラソン

    2010年3月、名古屋国際女子マラソンで初マラソンに挑んだが、24Km過ぎのペースアップについていけず、11位だった(2時間33分36秒)。2010年7月、双子の妹・宏子らと共に札幌国際ハーフマラソンに出走、19位(1時間15分07秒)。2011年1月、大阪国際女子マラソンは8位(2時間36分43秒。優勝は赤羽有紀子、妹の洋子は10位)。2012年3月、名古屋ウィメンズマラソンは自己ベスト記録をマークして9位に入った(2時間26分23秒。優勝はアルビナ・マヨロワ)。宮内洋子 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見た札幌国際ハーフマラソン札幌国際ハーフマラソン

    第53回札幌国際ハーフマラソン(7月4日、札幌市円山競技場発着)2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • エリック・ワイナイナ

    エリック・ワイナイナから見た札幌国際ハーフマラソン札幌国際ハーフマラソン

    コニカ(現:コニカミノルタ)陸上部監督の酒井勝充監督に能力を見出され、1993年に来日し同部へ所属。同年の札幌国際ハーフマラソンで2位、翌1994年の北海道マラソンで初マラソンに挑み初優勝。1995年の東京国際マラソンでも優勝し、1996年のアトランタオリンピック(マラソン)ケニア代表に選ばれる。同五輪では、見事に銅メダルを獲得。さらに2000年のシドニーオリンピック(マラソン)では銀メダル、2004年のアテネオリンピック(マラソン)では7位入賞と、五輪2大会連続でメダル・3大会連続で入賞した。エリック・ワイナイナ フレッシュアイペディアより)

  • 野尻あずさ

    野尻あずさから見た札幌国際ハーフマラソン札幌国際ハーフマラソン

    2008年、山下佐知子監督率いる第一生命に入社、同女子陸上部に所属。転向後初レースとして函館ハーフマラソンを1時間14分12秒で優勝。 翌年は全日本実業団ハーフマラソンを1時間10分53秒で10位、札幌国際ハーフマラソンで8位。全日本実業団対抗女子駅伝競走大会にも出場し、3位に貢献。野尻あずさ フレッシュアイペディアより)

  • 坂本直子 (陸上選手)

    坂本直子 (陸上選手)から見た札幌国際ハーフマラソン札幌国際ハーフマラソン

    アテネ五輪後は2005年11月の淡路島女子駅伝競走大会出走後、度重なる故障に悩まされる。2007年に復帰戦として同年7月8日の札幌国際ハーフマラソンに出走(ゴールタイムは1時間14分28秒で30位)。2007年9月のベルリンマラソンでは日本女子トップの5位でゴールした。坂本直子 (陸上選手) フレッシュアイペディアより)

  • 市橋有里

    市橋有里から見た札幌国際ハーフマラソン札幌国際ハーフマラソン

    1997年7月、札幌国際ハーフマラソンに出走、女子の部で初優勝。翌1998年7月の同ハーフマラソンでも優勝、大会2連覇を達成する。市橋有里 フレッシュアイペディアより)

  • 加納由理

    加納由理から見た札幌国際ハーフマラソン札幌国際ハーフマラソン

    6月の札幌国際ハーフマラソンではハーフマラソンの自己新記録を達成、優勝を果たした。11月、最後の開催となった第30回東京国際女子マラソンに出場するも、優勝した尾崎好美に終盤の38 km手前でかわされる。その後先頭を走っていた渋井陽子を追い抜き自己ベストを16秒更新したが、2位に留まった。加納由理 フレッシュアイペディアより)

  • 清水康次

    清水康次から見た札幌国際ハーフマラソン札幌国際ハーフマラソン

    2000年 - 札幌マラソン       ハーフマラソン優勝清水康次 フレッシュアイペディアより)

  • 真木和

    真木和から見た札幌国際ハーフマラソン札幌国際ハーフマラソン

    1995年、札幌国際ハーフマラソンで真木は1着でゴールしながらも、その後不運にもドーピング違反で失格、3か月の出場停止処分が下される(しかし真木も藤田監督も何故ドーピングに引っ掛かるのか全く分からなかった、という)。アトランタオリンピック前年の時期に思わぬ試練に立たされた真木であったが、翌1996年の東京シティハーフマラソンでは1時間8分18秒でゴール、当時のハーフマラソン日本最高記録で優勝し、汚名を返上した格好となった。そして、アトランタオリンピックの最終選考レースだった名古屋国際女子マラソンに、真木はエントリーを決める事となる。真木和 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤舞 (陸上選手)

    伊藤舞 (陸上選手)から見た札幌国際ハーフマラソン札幌国際ハーフマラソン

    2012年3月11日、ロンドンオリンピック()を目指して名古屋ウィメンズマラソンに出場。尾崎好美、赤羽有紀子、野口みずき、渋井陽子、中里麗美など日本女子のトップランナーと共に五輪切符を賭けた戦いに挑んだ。だが37km手前で優勝争いから脱落、2時間25分台の自己記録(当時)を出したものの、5位に敗れてロンドン五輪出場は成らなかった。その後、7月1日の札幌国際ハーフマラソンに出場し、1時間10分52秒で優勝した。伊藤舞 (陸上選手) フレッシュアイペディアより)

43件中 21 - 30件表示