93件中 21 - 30件表示
  • 朴智星

    朴智星から見たマッシモ・アンブロジーニ

    しかしオランダでの3年間で2度のリーグ制覇を経験。特に3年目のシーズンは中心選手としてチームを牽引した。2005年のUEFAチャンピオンズリーグ 2004-05の準決勝でセリエA・ACミランと対決し、ミランのホーム、サン・シーロで行われた第1試合では、再三にわたりミランのDF陣を切り裂き、賞賛された。PSVのホームに戻った第2試合では、鮮やかな先制ゴールを奪い、ミランに対しリードを奪うが、終了間際にマッシモ・アンブロジーニにゴールを決められ、アウェーゴール数の差により決勝進出はならなかった。この活躍により、UEFAが発表した2005年のポジション別MVPのFW部門でアンドリー・シェフチェンコ、アドリアーノ・レイテ・リベイロ、サミュエル・エトオとロナウジーニョと共にMVP候補に選ばれた。また、同年のリーグ優勝決定試合でも貴重なゴールを決めた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見た李榮杓

    代表チームメートの李榮杓と共に、2011年1月開催のアジアカップで代表を引退を表明した。2011年アジアカップ準決勝の日本戦では韓国はPK戦で敗れ(公式上は引き分け扱い)、ウズベキスタンとの3位決定戦にまわった。疲労を考慮されベンチにすら入らず出場しなかった。これにより代表通算100戦目となった日本戦が彼の代表最後の試合になった。試合後に日本選手らに握手を求め健闘をたたえあうなど紳士的な対応をし、日本でも好感を持って報じられた。日本対オーストラリアの決勝戦直後に行われた受賞セレモニーでは韓国代表はフェアプレー賞を受賞し、韓国代表の受賞者として登場した。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見た木村文治

    大学在学中の2000年6月に、明知大の監督と知り合いであり、当時京都パープルサンガ総監督だった木村文治の誘いを受け大学を休学、19歳で来日し京都に加入、日本でプロデビューすることとなった。中・高・大と続いた体育会系特有の「しごき」に対する拒否感からのプロへの憧れや、当時在籍していた三浦知良の存在が京都へ入団する決め手となった。明知大にはサッカー部発展基金という名目で1億ウォンが京都から支払われた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見た安貞桓

    韓国代表では100試合に出場し13ゴールをマークした。2002年、2006年、2010のワールドカップで3大会連続ゴールを決め(韓国人としては初めて、アジア人としては2人目)、ワールドカップ本選における得点数はアジア人選手の中では、同じ韓国の安貞桓、サウジアラビアのサミ・アル・ジャベルと共に最多得点である。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たアーセン・ベンゲル

    また最大のライバルであるアーセナルのアーセン・ベンゲル監督は「パク・チソンはフレドリック・ユングベリのような選手だが、ゴールも決めることができる」と評している。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たサッカーフランス代表

    朴はW杯に3度出場し、2002年のポルトガル戦、2006年のフランス戦、2010年のギリシャ戦と、3大会連続ゴールを決めている。2008年10月のUAE戦からキャプテンを務めている。試合前のバス移動で「必要以上に気負いこむことはない」としてBGMにロックを流しチームをリラックスさせようとするなど、リーダーシップを発揮している。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たASローマ

    UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08では準々決勝のASローマ戦、準決勝のFCバルセロナ戦で4試合連続フル出場を果たし、、ASローマとの第1戦ではウェイン・ルーニーのゴールをアシストし、バルセロナ戦では走行距離12キロを記録するなど印象的な活躍を見せた。決勝戦ではBBCなど欧州メディアも朴の先発出場を予想していたが、選手リストから外されベンチ入りすることもなかった。イギリスの総合日刊紙ザ・タイムズは「韓国をはじめ、東アジアの人が裏切られたと感じており、多くの人々が朴智星は出場すべきだったと思っている」と報じ、AP通信は「選手リストに朴智星が入っていなかったこと以外には驚く部分はなかった」と報じた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たガーディアン

    2009年 ガーディアン 陰のヒーロー(Unsung Hero)活躍に比べて評価が低い「陰のヒーロー」をプレミアリーグ20チームから、1人ずつ選出。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たチェルシーFC

    中盤から前のポジションであれば、センターフォワード以外はどこでもこなせる高い順応性、試合が終盤にさしかかっても落ちない運動量が大きく評価されている。しかし、2006-07シーズンは膝の怪我が相次ぎ、リーグ戦では5得点を挙げるも、わずかな出場に終わった。しかし、ひざの怪我は古傷を再び痛めたもので手術が必要となり、リハビリを含めれば1年、もしくはそれ以上の長期間にわたって出場ができないのではないかと危ぶまれていたが、2007年12月26日(現地時間)に行われた対サンダーランド戦で復帰した。2007-08シーズンには難攻不落のスタンフォード・ブリッジでのチェルシーとの対戦でゴールを奪いマン・オブ・ザ・マッチに選出された。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たキムチ

    朴と親交が深い松井は、常々インタビューで朴について言及している。松井曰く、同じ歳の2人は自然とうまが合い、いつも2人でキック練習をしていたという。また、既に結婚していた松井の家に朴はよく遊びにいき、松井の妻がキムチなどの食事を出していたという。松井は朴を「2002年W杯の前後で人柄など全てが変わった」と評しており、そのため自分自身も出場してみたかったと語っている。また、朴は1度も食事を奢ってくれなかったとも述べている。その後、松井は2010南アフリカWCのメンバーに選ばれ、朴と共に出場を果たした。京都時代より三浦知良を慕い、また彼からもよく可愛がられていた。2008年にも、「親愛なるカズさんへ」との手紙にて感謝の気持ちを示している。朴智星 フレッシュアイペディアより)

93件中 21 - 30件表示

「朴智星」のニューストピックワード