93件中 31 - 40件表示
  • 朴智星

    朴智星から見たサッカー日本代表

    代表チームメートの李榮杓と共に、2011年1月開催のアジアカップで代表を引退を表明した。2011年アジアカップ準決勝の日本戦では韓国はPK戦で敗れ(公式上は引き分け扱い)、ウズベキスタンとの3位決定戦にまわった。疲労を考慮されベンチにすら入らず出場しなかった。これにより代表通算100戦目となった日本戦が彼の代表最後の試合になった。試合後に日本選手らに握手を求め健闘をたたえあうなど紳士的な対応をし、日本でも好感を持って報じられた。日本対オーストラリアの決勝戦直後に行われた受賞セレモニーでは韓国代表はフェアプレー賞を受賞し、韓国代表の受賞者として登場した。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たクイーンズ・パーク・レンジャーズFC

    朴 智星(パク・チソン、1981年2月25日 - )は、韓国出身のサッカー選手。元同国代表、プレミアリーグ・クイーンズ・パーク・レンジャーズ所属。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たリヴァプールFC

    2008-09シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ 2008-09の準決勝アーセナル戦で先制ゴールを奪いチームを決勝へと導き、CL決勝の舞台にアジア人プレイヤーとして初めてピッチに立った。2009-10シーズンはまたもやアーセナル相手にゴールを奪い、エミレーツ・スタジアムでのリーグ戦でユナイテッドに初の勝利をもたらすと、この年のCL決勝トーナメント1回戦ではACミランからゴールを奪いチームをベスト8に導いた。またミランの司令塔アンドレア・ピルロを完璧に封じた。リオ・ファーディナンドはEURO2012のイングランド対イタリア戦におけるピルロの活躍に触れた際、この試合に言及して「朴智星は当時、最高のマンツーマン守備を見せた」とし「ピルロは眠りながらも朴智星を見たはずだ」と述べている。更にこの年にはリヴァプールとのナショナルダービーで決勝点となるダイビングヘッドを決めリオ・ファーディナンドから「怪物のようだ」とも評された。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たサッカーギリシャ代表

    朴はW杯に3度出場し、2002年のポルトガル戦、2006年のフランス戦、2010年のギリシャ戦と、3大会連続ゴールを決めている。2008年10月のUAE戦からキャプテンを務めている。試合前のバス移動で「必要以上に気負いこむことはない」としてBGMにロックを流しチームをリラックスさせようとするなど、リーダーシップを発揮している。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たサッカーオーストラリア代表

    代表チームメートの李榮杓と共に、2011年1月開催のアジアカップで代表を引退を表明した。2011年アジアカップ準決勝の日本戦では韓国はPK戦で敗れ(公式上は引き分け扱い)、ウズベキスタンとの3位決定戦にまわった。疲労を考慮されベンチにすら入らず出場しなかった。これにより代表通算100戦目となった日本戦が彼の代表最後の試合になった。試合後に日本選手らに握手を求め健闘をたたえあうなど紳士的な対応をし、日本でも好感を持って報じられた。日本対オーストラリアの決勝戦直後に行われた受賞セレモニーでは韓国代表はフェアプレー賞を受賞し、韓国代表の受賞者として登場した。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たFIFAクラブワールドカップ

    彼は韓国の明知大学を経て日本の京都パープルサンガ(現在の京都サンガFC)でプレーし、韓国代表監督を務めたフース・ヒディンクが母国オランダのPSVアイントホーフェンの監督に就任すると、彼を追ってPSVに入団した。UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05でPSVが準決勝に達した後、朴の才能はマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督に認められ、2005年7月に400万ポンドの金額でマンチェスター・ユナイテッドと契約した。それ以来、朴は4度のプレミアリーグ優勝を経験し、またUEFAチャンピオンズリーグとFIFAクラブワールドカップでも優勝を経験している。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たオリンピックサッカー日本代表選手

    2004年に行われたアテネ五輪の時、23歳の朴はU-23韓国代表選手として同大会のサッカー競技において通常の出場資格を持っていた。前年に行われた同五輪最終予選でのインタビューで、U-23日本代表について聞かれると、「日本は最も注意しなければならない相手だ」と、日本へのライバル心を公表している。しかし、2004年に行われたアテネ五輪の本大会では,所属クラブのヒディンク監督が五輪出場を最後まで承諾せず、結局五輪出場はならなかった(ヒディンクは五輪前に開催されたA代表のアジア杯への出場は了承しており、五輪は国際AマッチではなくFIFAから選手招集に応じる義務も課されていないので、五輪よりは当然クラブを優先させるべきと考えた)。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たサッカー大韓民国代表

    朴 智星(パク・チソン、1981年2月25日 - )は、韓国出身のサッカー選手。元同国代表、プレミアリーグ・クイーンズ・パーク・レンジャーズ所属。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たサンダーランドAFC

    中盤から前のポジションであれば、センターフォワード以外はどこでもこなせる高い順応性、試合が終盤にさしかかっても落ちない運動量が大きく評価されている。しかし、2006-07シーズンは膝の怪我が相次ぎ、リーグ戦では5得点を挙げるも、わずかな出場に終わった。しかし、ひざの怪我は古傷を再び痛めたもので手術が必要となり、リハビリを含めれば1年、もしくはそれ以上の長期間にわたって出場ができないのではないかと危ぶまれていたが、2007年12月26日(現地時間)に行われた対サンダーランド戦で復帰した。2007-08シーズンには難攻不落のスタンフォード・ブリッジでのチェルシーとの対戦でゴールを奪いマン・オブ・ザ・マッチに選出された。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たFCバルセロナ

    UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08では準々決勝のASローマ戦、準決勝のFCバルセロナ戦で4試合連続フル出場を果たし、、ASローマとの第1戦ではウェイン・ルーニーのゴールをアシストし、バルセロナ戦では走行距離12キロを記録するなど印象的な活躍を見せた。決勝戦ではBBCなど欧州メディアも朴の先発出場を予想していたが、選手リストから外されベンチ入りすることもなかった。イギリスの総合日刊紙ザ・タイムズは「韓国をはじめ、東アジアの人が裏切られたと感じており、多くの人々が朴智星は出場すべきだったと思っている」と報じ、AP通信は「選手リストに朴智星が入っていなかったこと以外には驚く部分はなかった」と報じた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

93件中 31 - 40件表示

「朴智星」のニューストピックワード