93件中 51 - 60件表示
  • 朴智星

    朴智星から見た欧州サッカー連盟

    しかしオランダでの3年間で2度のリーグ制覇を経験。特に3年目のシーズンは中心選手としてチームを牽引した。2005年のUEFAチャンピオンズリーグ 2004-05の準決勝でセリエA・ACミランと対決し、ミランのホーム、サン・シーロで行われた第1試合では、再三にわたりミランのDF陣を切り裂き、賞賛された。PSVのホームに戻った第2試合では、鮮やかな先制ゴールを奪い、ミランに対しリードを奪うが、終了間際にマッシモ・アンブロジーニにゴールを決められ、アウェーゴール数の差により決勝進出はならなかった。この活躍により、UEFAが発表した2005年のポジション別MVPのFW部門でアンドリー・シェフチェンコ、アドリアーノ・レイテ・リベイロ、サミュエル・エトオとロナウジーニョと共にMVP候補に選ばれた。また、同年のリーグ優勝決定試合でも貴重なゴールを決めた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たミッドフィールダー

    中盤すべてのポジションとセカンドトップ、ウイングをこなせるユーティリティープレーヤー。アジア人選手として初めてUEFAチャンピオンズリーグのトロフィーを手に入れ、そして決勝戦でプレーした、アジア人選手である。。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見た2002 FIFAワールドカップ

    2002年W杯のベスト4と、2005年UEFAチャンピオンズリーグのベスト4(PSV時代)という実績は、イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドの監督アレックス・ファーガソンの目に留まり、2005年にマンチェスター・ユナイテッドに移籍。しかし、加入当初の英国メディアの論調は厳しく、それまでプレミアリーグで成功を収めたアジア人選手がいなかったこと、多くのアジア人選手が、アジアのサッカーマーケット開拓の道具として獲得されていることなどから、朴も広告塔としての加入ではないかと懐疑の目が向けられた。また、彼の実力を評価した専門家も、マンチェスター・ユナイテッドというビッグクラブで出番機会が与えられるのか不安視していた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たアテネオリンピック (2004年) におけるサッカー競技

    2004年に行われたアテネ五輪の時、23歳の朴はU-23韓国代表選手として同大会のサッカー競技において通常の出場資格を持っていた。前年に行われた同五輪最終予選でのインタビューで、U-23日本代表について聞かれると、「日本は最も注意しなければならない相手だ」と、日本へのライバル心を公表している。しかし、2004年に行われたアテネ五輪の本大会では,所属クラブのヒディンク監督が五輪出場を最後まで承諾せず、結局五輪出場はならなかった(ヒディンクは五輪前に開催されたA代表のアジア杯への出場は了承しており、五輪は国際AマッチではなくFIFAから選手招集に応じる義務も課されていないので、五輪よりは当然クラブを優先させるべきと考えた)。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たFAプレミアリーグ2006-2007

    プレミアリーグ:4回(2006-07、2007-08、2008-09、2010-11)朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たマンチェスター・ユナイテッドFC

    2002年W杯のベスト4と、2005年UEFAチャンピオンズリーグのベスト4(PSV時代)という実績は、イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドの監督アレックス・ファーガソンの目に留まり、2005年にマンチェスター・ユナイテッドに移籍。しかし、加入当初の英国メディアの論調は厳しく、それまでプレミアリーグで成功を収めたアジア人選手がいなかったこと、多くのアジア人選手が、アジアのサッカーマーケット開拓の道具として獲得されていることなどから、朴も広告塔としての加入ではないかと懐疑の目が向けられた。また、彼の実力を評価した専門家も、マンチェスター・ユナイテッドというビッグクラブで出番機会が与えられるのか不安視していた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たUEFAチャンピオンズリーグ 2007-08

    UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08では準々決勝のASローマ戦、準決勝のFCバルセロナ戦で4試合連続フル出場を果たし、、ASローマとの第1戦ではウェイン・ルーニーのゴールをアシストし、バルセロナ戦では走行距離12キロを記録するなど印象的な活躍を見せた。決勝戦ではBBCなど欧州メディアも朴の先発出場を予想していたが、選手リストから外されベンチ入りすることもなかった。イギリスの総合日刊紙ザ・タイムズは「韓国をはじめ、東アジアの人が裏切られたと感じており、多くの人々が朴智星は出場すべきだったと思っている」と報じ、AP通信は「選手リストに朴智星が入っていなかったこと以外には驚く部分はなかった」と報じた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たプレミアリーグ2010-2011

    プレミアリーグ:4回(2006-07、2007-08、2008-09、2010-11朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見た2010 FIFAワールドカップ

    2008年8月の北京五輪(同大会のサッカー競技)では韓国五輪代表監督の朴成華が「(27歳の)朴をオーバーエイジ枠の選手として北京五輪代表チームに招集したい」と発言。これに対し朴は大韓サッカー協会の鄭夢準会長と対談した際に「協会とチームが合意さえすれば、気持ち良く出場したい。(アテネ)五輪で成し遂げられなかった夢をかなえたい」と述べた。しかし、一方でポジション争いの激しさを背景にクラブのキャンプへの早期合流の必要性にも言及し、世論はマンチェスター・ユナイテッドで朴の置かれている立場と体力的負担を理由にクラブ早期合流を望む意見が大勢を占めた。朴がヒザの不調により2008年6月のW杯南アフリカ大会の3次予選に欠場した事で、協会は朴の北京五輪参加を断念した。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たアテネオリンピック (2004年)

    2004年に行われたアテネ五輪の時、23歳の朴はU-23韓国代表選手として同大会のサッカー競技において通常の出場資格を持っていた。前年に行われた同五輪最終予選でのインタビューで、U-23日本代表について聞かれると、「日本は最も注意しなければならない相手だ」と、日本へのライバル心を公表している。しかし、2004年に行われたアテネ五輪の本大会では,所属クラブのヒディンク監督が五輪出場を最後まで承諾せず、結局五輪出場はならなかった(ヒディンクは五輪前に開催されたA代表のアジア杯への出場は了承しており、五輪は国際AマッチではなくFIFAから選手招集に応じる義務も課されていないので、五輪よりは当然クラブを優先させるべきと考えた)。朴智星 フレッシュアイペディアより)

93件中 51 - 60件表示

「朴智星」のニューストピックワード