93件中 61 - 70件表示
  • 朴智星

    朴智星から見た大韓民国

    朴 智星(パク・チソン、1981年2月25日 - )は、韓国出身のサッカー選手。元同国代表、プレミアリーグ・クイーンズ・パーク・レンジャーズ所属。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たオールド・トラッフォード

    2010-11シーズンはアーセナルとの首位決戦で決勝点を奪い、この試合を機にチームはアーセナルを抜き首位に浮上。UEFAチャンピオンズリーグの準々決勝チェルシーとのセカンドレグでも決勝点を奪い、チームを決勝に導いた。同年、本拠地オールド・トラッフォードに前年の王者で2位のチェルシーを迎えた天王山では、チチャリートへの先制アシストなどの攻守にわたる貢献で最大のライバルを下し、2010-11シーズンのプレミアリーグを制覇。これによりリヴァプールの18度の優勝回数を抜いて、マンチェスター・ユナイテッドにイングランドフットボール史上最も成功したクラブという称号をもたらしたメンバーの1人となった。UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11でも、アジア人として初となる決勝スタメンフル出場を果たした。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たUEFAチャンピオンズリーグ 2010-11

    2010-11シーズンはアーセナルとの首位決戦で決勝点を奪い、この試合を機にチームはアーセナルを抜き首位に浮上。UEFAチャンピオンズリーグの準々決勝チェルシーとのセカンドレグでも決勝点を奪い、チームを決勝に導いた。同年、本拠地オールド・トラッフォードに前年の王者で2位のチェルシーを迎えた天王山では、チチャリートへの先制アシストなどの攻守にわたる貢献で最大のライバルを下し、2010-11シーズンのプレミアリーグを制覇。これによりリヴァプールの18度の優勝回数を抜いて、マンチェスター・ユナイテッドにイングランドフットボール史上最も成功したクラブという称号をもたらしたメンバーの1人となった。UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11でも、アジア人として初となる決勝スタメンフル出場を果たした。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たサッカーウズベキスタン代表

    代表チームメートの李榮杓と共に、2011年1月開催のアジアカップで代表を引退を表明した。2011年アジアカップ準決勝の日本戦では韓国はPK戦で敗れ(公式上は引き分け扱い)、ウズベキスタンとの3位決定戦にまわった。疲労を考慮されベンチにすら入らず出場しなかった。これにより代表通算100戦目となった日本戦が彼の代表最後の試合になった。試合後に日本選手らに握手を求め健闘をたたえあうなど紳士的な対応をし、日本でも好感を持って報じられた。日本対オーストラリアの決勝戦直後に行われた受賞セレモニーでは韓国代表はフェアプレー賞を受賞し、韓国代表の受賞者として登場した。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見た京都サンガFC

    彼は韓国の明知大学を経て日本の京都パープルサンガ(現在の京都サンガFC)でプレーし、韓国代表監督を務めたフース・ヒディンクが母国オランダのPSVアイントホーフェンの監督に就任すると、彼を追ってPSVに入団した。UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05でPSVが準決勝に達した後、朴の才能はマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督に認められ、2005年7月に400万ポンドの金額でマンチェスター・ユナイテッドと契約した。それ以来、朴は4度のプレミアリーグ優勝を経験し、またUEFAチャンピオンズリーグとFIFAクラブワールドカップでも優勝を経験している。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たエミレーツ・スタジアム

    2008-09シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ 2008-09の準決勝アーセナル戦で先制ゴールを奪いチームを決勝へと導き、CL決勝の舞台にアジア人プレイヤーとして初めてピッチに立った。2009-10シーズンはまたもやアーセナル相手にゴールを奪い、エミレーツ・スタジアムでのリーグ戦でユナイテッドに初の勝利をもたらすと、この年のCL決勝トーナメント1回戦ではACミランからゴールを奪いチームをベスト8に導いた。またミランの司令塔アンドレア・ピルロを完璧に封じた。リオ・ファーディナンドはEURO2012のイングランド対イタリア戦におけるピルロの活躍に触れた際、この試合に言及して「朴智星は当時、最高のマンツーマン守備を見せた」とし「ピルロは眠りながらも朴智星を見たはずだ」と述べている。更にこの年にはリヴァプールとのナショナルダービーで決勝点となるダイビングヘッドを決めリオ・ファーディナンドから「怪物のようだ」とも評された。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たプレミアリーグ2008-2009

    プレミアリーグ:4回(2006-07、2007-08、2008-09、2010-11)朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たAFCアジアカップ2011

    代表チームメートの李榮杓と共に、2011年1月開催のアジアカップで代表を引退を表明した。2011年アジアカップ準決勝の日本戦では韓国はPK戦で敗れ(公式上は引き分け扱い)、ウズベキスタンとの3位決定戦にまわった。疲労を考慮されベンチにすら入らず出場しなかった。これにより代表通算100戦目となった日本戦が彼の代表最後の試合になった。試合後に日本選手らに握手を求め健闘をたたえあうなど紳士的な対応をし、日本でも好感を持って報じられた。日本対オーストラリアの決勝戦直後に行われた受賞セレモニーでは韓国代表はフェアプレー賞を受賞し、韓国代表の受賞者として登場した。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たセカンドトップ

    中盤すべてのポジションとセカンドトップ、ウイングをこなせるユーティリティープレーヤー。アジア人選手として初めてUEFAチャンピオンズリーグのトロフィーを手に入れ、そして決勝戦でプレーした、アジア人選手である。。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見た日本語

    1シーズン目から中盤の控えとして出場機会があったが、京都がJ2に降格した2シーズン目から、その活躍ぶりは顕著になる。主にボランチのポジションで38試合に出場、3得点を挙げ、メキメキと頭角を現しだし京都のJ1昇格に貢献。J1昇格後はウィングへコンバートされ松井大輔、黒部光昭と脅威的な3トップを形成した。チームがJ2降格してもあえて残留を選択し、韓国代表に招集されてもできる限り断ってチームに残るなど、献身的な姿を見せている。怪我を押して出場した第82回天皇杯の決勝でも同点ゴールを決め逆転優勝に貢献。同時に韓国A代表でも徐々にレギュラーとしての地位を確立する。在籍中には大阪経済法科大学に入学し、日本語も流暢に話せるようになるまで学ぶなど、日本に溶け込む努力も見せた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

93件中 61 - 70件表示

「朴智星」のニューストピックワード