前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
118件中 1 - 10件表示
  • 2004年ウィンブルドン選手権

    2004年ウィンブルドン選手権から見た杉山愛杉山愛

     杉山愛 (ベスト8)2004年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • リーゼル・フーバー

    リーゼル・フーバーから見た杉山愛杉山愛

    リーゼル・フーバー(Liezel Huber, 1976年8月21日 - )は、アメリカ合衆国の女子プロテニス選手。南アフリカ・ダーバン出身で、2007年7月にアメリカ市民権を取得した。ダブルスの得意な選手で、キャリアを通じて獲得したタイトルはすべてダブルスである(シングルスの優勝はない)。ジンバブエのカーラ・ブラックと組んで活動しており、2004年のウィンブルドンで、日本の杉山愛とペアを組んで準優勝した選手としても知られる。自己最高ランキングはシングルス131位、ダブルス1位。フォアハンド・ストロークを得意とするベースライン・プレーヤーである。既婚。リーゼル・フーバー フレッシュアイペディアより)

  • カーラ・ブラック

    カーラ・ブラックから見た杉山愛杉山愛

    カーラ・ブラックのダブルス優勝記録は、2000年1月のニュージーランド・オークランド大会から始まる。2001年9月の「トヨタ・プリンセス・カップ」では南アフリカのリーゼル・フーバーとペアを組み、決勝で杉山愛とキム・クライシュテルスの組を 6-1, 6-3 で破って優勝した。2002年の全仏オープン混合ダブルス部門で、次兄のウェイン・ブラックと組んで初優勝。2004年は彼女のテニス経歴を通じて最も充実した年となり、女子テニスツアー大会のダブルスで年間7勝を記録した。この年のウィンブルドンで、カーラ・ブラックはオーストラリアのレネ・スタブスとペアを組んだ女子ダブルスと、ウェインと組んだ混合ダブルスの2部門制覇を達成した。女子ダブルス決勝では、ブラック&スタブス組は杉山愛&リーゼル・フーバー組を 6-3, 7-6 で破って優勝している。2005年のウィンブルドンでは、カーラはフーバーとペアを組み、決勝でスベトラーナ・クズネツォワ&アメリ・モレスモ組を 6-2, 6-1 で破ってウィンブルドン女子ダブルス2連覇を達成した。カーラ・ブラック フレッシュアイペディアより)

  • キンバリー・ポー

    キンバリー・ポーから見た杉山愛杉山愛

    彼女の名前が日本で広く知られるようになったのは、1996年に起きた一連の出来事からである。4月のジャパン・オープン女子ダブルス決勝で、ポーとエミー・フレージャーのペアは伊達公子&杉山愛組に 6-7, 7-6, 3-6 で敗れて準優勝になった。4ヶ月後の全米オープンで、ポーは1回戦で第10シードの伊達を 6-2, 7-5 のストレートで破った。全米オープン終了後の「ニチレイ・レディース」でも来日し、シングルス・ダブルスともに準決勝まで勝ち進んだ。ニチレイ・レディースの終了後、伊達は9月25日に突然の引退表明を行い、ポーに敗れた全米オープン1回戦が伊達の最後の4大大会出場となった。キンバリー・ポー フレッシュアイペディアより)

  • シドニーオリンピック日本選手団

    シドニーオリンピック日本選手団から見た杉山愛杉山愛

    杉山愛(日本テレコム)シドニーオリンピック日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • レネ・スタブス

    レネ・スタブスから見た杉山愛杉山愛

    1996年から、スタブスはほとんどの大会でリサ・レイモンドと組むようになる。2000年の全豪オープンで、スタブスはレイモンドとの女子ダブルスと、ジャレッド・パーマーと組んだ混合ダブルスの2部門で優勝し、両部門で4大大会初優勝を飾った。女子ダブルス決勝では、スタブスとレイモンドはマルチナ・ヒンギスとマリー・ピエルスの組を 6-4, 5-7, 6-4 で破り、ヒンギスの全豪ダブルス4連覇を阻止している。2001年、スタブスとレイモンドの組はウィンブルドンと全米オープンで4大大会女子ダブルス2連勝を達成した。ウィンブルドン決勝では杉山愛とキム・クライシュテルスの組を 6-4, 6-3 で破り、全米オープンでスタブスは2度目の女子ダブルス・混合ダブルス2部門制覇を果たしている。レネ・スタブス フレッシュアイペディアより)

  • 2000年ウィンブルドン選手権

    2000年ウィンブルドン選手権から見た杉山愛杉山愛

    ビーナス・ウィリアムズ& セリーナ・ウィリアムズ vs. 杉山愛& ジュリー・アラール=デキュジス 6-3, 6-22000年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • マヘシュ・ブパシ

    マヘシュ・ブパシから見た杉山愛杉山愛

    マヘシュ・ブパシ(Mahesh Bhupathi, , 1974年6月7日 - )は、インド・マドラス(現チェンナイ)出身の男子プロテニス選手。長年にわたり、ダブルスの名手として活躍してきた。ATPツアーでシングルスの優勝はないが、ダブルスで47勝を挙げ、4大大会でも男子ダブルス4勝、混合ダブルス7勝を挙げている。そのうち、1997年の全仏オープン混合ダブルスでは平木理化とペアを組み、1999年の全米オープンでは杉山愛と組んで優勝したことから、日本でもよく知られた選手である。身長185cm、体重88kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。マヘシュ・ブパシ フレッシュアイペディアより)

  • 浅越しのぶ

    浅越しのぶから見た杉山愛杉山愛

    2004年度はオリンピック直前のTier I(ティア・ワン、準グランドスラム級の規模)の大会である「カナディアン・オープン」で杉山愛とのペアでダブルス優勝し、ビッグタイトルを獲得する。その後の2004年アテネ五輪では、ダブルスベスト4と大活躍した。4大大会では全仏オープン1回戦で再びハンチュコワを破り、2回戦で第16シードのパティ・シュナイダーと強豪選手を連破した後、セリーナ・ウィリアムズとの4回戦(ベスト16)まで進出した。特に2004年全米オープンでは、世界ランキング60位から勝ち進み、1回戦で第24シード、3回戦で第13シードのパオラ・スアレス(アルゼンチン)、さらに4回戦で第29シードを撃破する。初めての準々決勝ではリンゼイ・ダベンポートに完敗したが、この大会で浅越は自身初の4大大会ベスト8進出を果たし、世界的に知られるようになる。2005年度は全豪オープンの前哨戦であるニュージーランド・オークランドの大会でシングルス準優勝・ダブルス優勝を果たした。浅越しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 2003年ウィンブルドン選手権

    2003年ウィンブルドン選手権から見た杉山愛杉山愛

    杉山愛& キム・クライシュテルス vs. ビルヒニア・ルアノ・パスクアル& パオラ・スアレス 6-4, 6-42003年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
118件中 1 - 10件表示

「杉山愛」のニューストピックワード