118件中 21 - 30件表示
  • アテネオリンピック (2004年) におけるテニス競技

    アテネオリンピック (2004年) におけるテニス競技から見た杉山愛杉山愛

    コンチタ・マルティネス&ビルヒニア・ルアノ・パスクアル vs. 杉山愛&浅越しのぶ 6-3, 6-0アテネオリンピック (2004年) におけるテニス競技 フレッシュアイペディアより)

  • 長塚京子

    長塚京子から見た杉山愛杉山愛

    長塚はジュニア時代、1986年に「全日本ジュニアテニス選手権」の12歳以下の部門で優勝し、1989年には同選手権の16歳以下の部門を制したことがある。1991年にプロ入りし、1992年の全米オープンで4大大会にデビューする。1994年に「広島アジア大会」でダブルスの金メダルを獲得。彼女の最盛期は1995年に訪れ、全豪オープンと全仏オープンの2大会連続で4大大会の4回戦進出を果たした。全豪オープンでは、4大大会初出場だった14歳のマルチナ・ヒンギスを2回戦で破る活躍があり(スコア:6-3, 6-4)、4回戦でナターシャ・ズベレワに 3-6, 6-3, 6-1 の逆転で敗れている。全仏オープンでは4回戦でガブリエラ・サバティーニに 3-6, 0-6 で敗れた。1995年の全仏オープンは日本女子テニス界が頂点を極めた大会となり、長塚と杉山愛が4回戦まで進出し、エースの伊達公子が日本人女子選手初の準決勝進出を果たしている。長塚京子 フレッシュアイペディアより)

  • 茅ヶ崎市

    茅ヶ崎市から見た杉山愛杉山愛

    杉山愛(プロテニス選手。実家が茅ヶ崎市に在る)茅ヶ崎市 フレッシュアイペディアより)

  • ダニエラ・ハンチュコバ

    ダニエラ・ハンチュコバから見た杉山愛杉山愛

    ダニエラ・ハンチュコバは2005年の全仏オープンとウィンブルドン、2006年の全豪オープンと全仏オープン女子ダブルスで、日本の杉山愛とペアを組んだ。2006年全仏オープンの女子ダブルス決勝で、ハンチュコバと杉山は第1シードのリサ・レイモンド(アメリカ)&サマンサ・ストーサー(オーストラリア)組に 3-6, 2-6 で敗れて準優勝した。ダニエラ・ハンチュコバ フレッシュアイペディアより)

  • ニコル・アレント

    ニコル・アレントから見た杉山愛杉山愛

    ボーラグラフの引退後、アレントは2001年1月-3月まで日本の杉山愛とペアを組み、全豪オープン女子ダブルスで5年ぶり2度目の準決勝に進出した。アレントは杉山とのコンビで2勝を挙げた後、4月からカロリネ・ビス(オランダ)と組んだが、このコンビはあまり成功しなかった。2002年、アレントはすべての大会でリーゼル・フーバー(当時南アフリカ国籍)とペアを組み、年頭のニュージーランド・オークランド大会で優勝した後、全仏オープンで7年ぶりの準決勝に進んだ。1月のオークランド大会が、アレントの現役最後の優勝になった(16勝目)。ニコル・アレントは2003年6月、ウィンブルドン女子ダブルス1回戦敗退を最後に33歳で現役を引退した。ニコル・アレント フレッシュアイペディアより)

  • 1995年全豪オープン

    1995年全豪オープンから見た杉山愛杉山愛

    この大会では、沢松奈生子が日本人女子選手の最高成績を出した。全豪オープンの開幕直前、沢松の故郷である兵庫県西宮市の自宅が阪神・淡路大震災で被災した。その知らせに接した沢松は、1回戦で杉山愛に勝ち、3回戦では第7シードの伊達公子を 3-6, 6-3, 6-3 で破り、大きな注目を集めた。続く4回戦でも第11シードのメアリー・ジョー・フェルナンデスを 6-4, 7-6 で破ったが、準々決勝で第1シードのアランチャ・サンチェス・ビカリオに 1-6, 3-6 で完敗した。これが沢松の4大大会自己最高成績である。1995年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • 大瀬国隆

    大瀬国隆から見た杉山愛杉山愛

    2010年(平成22年)10月25日 - 『鶴瓶の家族に乾杯』「杉山愛 富山県南砺市(後編)」 (NHK総合テレビジョン)大瀬国隆 フレッシュアイペディアより)

  • グラスコート佐賀テニスクラブ

    グラスコート佐賀テニスクラブから見た杉山愛杉山愛

    かつては「全日本ローンコートテニス選手権国際女子テニス」が開催されており、まだ無名のエレナ・ドキッチがプレーしたほか、杉山愛はプロ入り初戦、伊達公子は2戦目がこの大会だった。また、浅越しのぶなどここで初めて天然芝コートの大会を経験したという選手も多い。グラスコート佐賀テニスクラブ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティ・ボーグルト

    クリスティ・ボーグルトから見た杉山愛杉山愛

    全仏混合ダブルスで優勝した後、ボーグルトはウィンブルドンで1994年-1996年の3年連続で3回戦に進出した。全豪オープンでも1995年-1997年まで3年連続の3回戦進出がある。1996年ウィンブルドンの3回戦では、第12シードの伊達公子に 6-2, 4-6, 2-6 の逆転で敗れたこともあった。(この大会でベスト4に進出した伊達は、2回戦から準決勝まですべて第1セットを落としながら勝ち進んだ。)1997年全豪オープン3回戦でサビーネ・アペルマンス(ベルギー)に敗れた後、ボーグルトはしばらく好成績がなかった。それから3年後、2000年の全米オープンで久々の3回戦に進出する。この大会では、ボーグルトは1回戦でミリヤナ・ルチッチ(クロアチア)に競り勝ち、2回戦では杉山愛に 6-3, 6-4 で快勝したが、3回戦でサンドリーヌ・テスチュ(フランス)に 0-6, 1-6 で完敗した。結局、ボーグルトは4大大会の女子シングルスでは4回戦以上に進出できなかった。クリスティ・ボーグルト フレッシュアイペディアより)

  • リタ・グランデ

    リタ・グランデから見た杉山愛杉山愛

    グランデは1994年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップのイタリア代表選手になり、1995年の全米オープンで4大大会本戦に初出場した。初めて予選3試合を勝ち抜いたグランデは、1回戦でイスラエルのアンナ・スマシュノワを破り、2回戦で第1シードのシュテフィ・グラフに挑戦した。1996年は全米オープンで初めての4回戦進出がある。全米オープン4回戦進出の後、グランデは日本の「ニチレイ・レディース」のダブルスでキンバリー・ポー(アメリカ)と組んでベスト4入りしたが、その準々決勝で伊達公子&杉山愛組を 7-5, 0-6, 6-2 で破っている。伊達は日本国内での最後の舞台で、ダブルス戦最後の相手がこのグランデだった。グランデは1998年の「東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント」でもシングルスのベスト8がある。その後も、グランデは日本のトーナメントに数多く出場した。リタ・グランデ フレッシュアイペディアより)

118件中 21 - 30件表示

「杉山愛」のニューストピックワード