118件中 31 - 40件表示
  • 夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル

    夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャルから見た杉山愛杉山愛

    2010年:テニス&卓球対決の一つとして、とんねるずが有明コロシアムで松岡修造・杉山愛組と対戦。とんねるずは神和住純や「修造チャレンジ」門下のジュニア選手などを助っ人につけるものの、結果は1対1のドローで、決着は卓球対決に持ち込まれた。また木梨曰く、卓球対決同様にネットを動かそうと画策し有明コロシアムに事前交渉したところ、「有明をナメてんのか」と言われて断念したという。夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 青梅マラソン

    青梅マラソンから見た杉山愛杉山愛

    2010年 - 杉山愛(元プロテニスプレーヤー)青梅マラソン フレッシュアイペディアより)

  • THE 料理王

    THE 料理王から見た杉山愛杉山愛

    杉山愛(元プロテニス選手)THE 料理王 フレッシュアイペディアより)

  • 彼らの海

    彼らの海から見た杉山愛杉山愛

    2010年は『幸せの言葉』を放送。司会はモデルの押切もえ、ゲストはフードコーディネーターのSHIORIと元女子プロテニス選手の杉山愛。テレビ熊本とテレビ西日本では2月20日に、東海テレビでは3月7日に、フジテレビでは3月11日に、関西テレビでは3月13日に順次放送された。彼らの海 フレッシュアイペディアより)

  • 手塚一志

    手塚一志から見た杉山愛杉山愛

    杉山愛(フォアハンドの改善を行った)手塚一志 フレッシュアイペディアより)

  • ラリサ・ネーランド

    ラリサ・ネーランドから見た杉山愛杉山愛

    ラリサ・サブチェンコ・ネーランドは1999年、33歳にして最後の1999年全仏オープン混合ダブルス決勝に勝ち進み、リック・リーチ(アメリカ)とペアを組んだ。2人は決勝でピート・ノーバル(南アフリカ)&カタリナ・スレボトニク(スロベニア)組に 3-6, 6-3, 3-6 で敗れて準優勝になる。同年暮れの女子ツアー年間最終戦「チェイス選手権」で、ネーランドはアランチャ・サンチェスとペアを組んで決勝に進出し、マルチナ・ヒンギス&アンナ・クルニコワ組に 4-6, 4-6 で敗れた。それでも、33歳のネーランドは1999年度のダブルス・ランキングを「3位」で終えている。彼女の現役最後の試合は、2000年ウィンブルドンの女子ダブルス1回戦であった。若手のリナ・クラスノルツカヤ(ロシア)とペアを組んだネーランドは、1回戦で杉山愛&ジュリー・アラール=デキュジス組に 4-6, 3-6 で完敗し、杉山とアラール・デキュジスが「17年間」に及んだネーランドの現役最後の相手になった。ラリサ・ネーランド フレッシュアイペディアより)

  • タチアナ・ペレビニス

    タチアナ・ペレビニスから見た杉山愛杉山愛

    1996年にプロ入り。1999年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップのウクライナ代表に選出され、2004年まで6年間代表選手を務めた。ジュニア選手の大会では、2000年ウィンブルドンの女子ジュニア部門でシングルス準優勝・ダブルス優勝がある。2001年全豪オープンから4大大会の予選会に出場し始め、同年の全米オープンで本戦初出場を果たす。2002年6月、ウズベキスタン・タシュケント大会でダブルス初優勝を達成。ペレビニスは2004年にシングルスの好成績を多く出し、全仏オープンとウィンブルドンで2大会連続の3回戦に進み、8月第2週のスウェーデン・ストックホルム大会で初の女子ツアー大会決勝進出があった。その決勝戦ではオーストラリアのアリシア・モリクに 1-6, 1-6 で敗れ、シングルス初優勝のチャンスを逃してしまう。ストックホルム大会準優勝の後、ペレビニスは2004年アテネ五輪にもウクライナ代表選手として出場した。女子シングルス2回戦では、日本の杉山愛と対戦し 7-5, 6-4 で敗れている。タチアナ・ペレビニス フレッシュアイペディアより)

  • エルス・カレンズ

    エルス・カレンズから見た杉山愛杉山愛

    エルス・カレンズは2000年、30歳にして世界的な知名度を得た。この年、彼女はドミニク・ファン・ルーストとのペアで全米オープンの女子ダブルス準決勝に進出し、続いて行われたシドニー五輪で女子ダブルスの銅メダルを獲得した。全米オープンの準決勝では、カレンズとファン・ルーストは杉山愛&ジュリー・アラール=デキュジス組に 5-7, 1-6 で敗れている。シドニー五輪では、2人は準決勝でウィリアムズ姉妹組に 4-6, 1-6 で敗れた後、準決勝敗退の2組による「銅メダル決定戦」でベラルーシ代表のナターシャ・ズベレワ&オルガ・バラバンシコワ組を 4-6, 6-4, 6-1 の逆転で破り、ベルギー代表の2人が銅メダルの表彰台に立った。これはベルギーの選手がオリンピックテニス競技で獲得した最初のメダルである。エルス・カレンズ フレッシュアイペディアより)

  • ビルヒニア・ルアノ・パスクアル

    ビルヒニア・ルアノ・パスクアルから見た杉山愛杉山愛

    ダブルス・ペアにはいろいろなタイプがあるが、ルアノ・パスクアルとスアレスは10年以上ペアを組み、息を合わせてきた親友である。2人のペアが女子テニスツアーで勝つようになったのは、1998年のシーズンからであった。2001年の全仏オープンを契機に、2人のペアは4大大会の女子ダブルスで「8勝」を記録した。2002年は全仏オープンの女子ダブルス2連覇と、全米オープン女子ダブルス初優勝がある。全米女子ダブルスには、2004年まで大会3連覇を達成した。2003年全仏オープンと2003年ウィンブルドンの女子ダブルスでは、杉山愛とキム・クライシュテルスの組が“世界最強ペア”ルアノ・パスクアル&スアレス組の壁を破り、4大大会女子ダブルス2連覇の偉業を成し遂げた。しかし、クライシュテルスがシングルス優先の方針から杉山とのペアを解消する。ルアノ・パスクアルとスアレスの組は、2003年の全米女子ダブルスで2連覇を果たすと、2004年度はダブルスでウィンブルドンを除く年間3冠を獲得した。ビルヒニア・ルアノ・パスクアル フレッシュアイペディアより)

  • パオラ・スアレス

    パオラ・スアレスから見た杉山愛杉山愛

    ダブルス・ペアにはいろいろなタイプがあるが、スアレスとルアノ・パスクアルは10年以上ペアを組み、息を合わせてきた親友である。2人のペアが女子テニスツアーで勝つようになったのは、1998年のシーズンからであった。2001年の全仏オープンを契機に、2人のペアは4大大会の女子ダブルスで「8勝」を記録している。2002年は全仏オープンの女子ダブルス2連覇と、全米オープン女子ダブルス初優勝がある。全米女子ダブルスには、2004年まで大会3連覇を達成した。2003年全仏オープンと2003年ウィンブルドンの女子ダブルスでは、杉山愛とキム・クライシュテルスの組が“世界最強ペア”ルアノ・パスクアル&スアレス組の壁を破り、4大大会女子ダブルス2連覇の偉業を成し遂げた。しかし、クライシュテルスがシングルス優先の方針から杉山とのペアを解消する。スアレスとルアノ・パスクアルの組は、2003年の全米女子ダブルスで2連覇を果たすと、2004年度はダブルスでウィンブルドンを除く年間3冠を獲得した。2005年はスアレスの故障と、新たなライバルの登場もあり、2人のペアの勝利はやや減少したが、全仏オープンの女子ダブルスで2年連続4度目の優勝を飾った。パオラ・スアレス フレッシュアイペディアより)

118件中 31 - 40件表示

「杉山愛」のニューストピックワード