118件中 41 - 50件表示
  • 沢松奈生子

    沢松奈生子から見た杉山愛杉山愛

    1995年の全豪オープン選手権の期間中、1月17日に阪神・淡路大震災が発生した。西宮市にある沢松の自宅は全壊の被害に遭ったが、家族は全員無事に助かった。この全豪オープンで沢松は4大大会の自己最高成績を記録し、1回戦は杉山愛に勝ち、3回戦でライバルの伊達公子に5年ぶりの勝利を収める。伊達に 3-6, 6-3, 6-3 で逆転勝ちした後、初進出の準々決勝で第1シードのアランチャ・サンチェスに 1-6, 3-6 で敗れた。1996年の全豪オープンでは、4回戦で刺傷事件からの復帰を果たした同じ年のモニカ・セレシュに 1-6, 3-6 で敗れている。沢松奈生子 フレッシュアイペディアより)

  • エレーナ・リホフツェワ

    エレーナ・リホフツェワから見た杉山愛杉山愛

    リホフツェワはダブルスの名手としてよく知られ、女子テニスツアーでダブルス通算27勝を挙げている。1997年から1999年にかけては、日本の杉山愛とペアを組み、6つのダブルス・タイトルを獲得した。杉山はやがて、リホフツェワよりもフランスのジュリー・アラール=デキュジスとダブルスの息が合うようになる。2000年の全米オープンで、リホフツェワはカーラ・ブラック(ジンバブエ)と組んで初の4大大会女子ダブルス決勝に進出したが、杉山とアラール・デキュジスの組に 1-6, 6-1, 1-6 で敗れて準優勝になった。2004年、彼女はウィンブルドンを除く3大会で4大大会女子ダブルス決勝に進出した。パートナーはすべて同じロシアのスベトラーナ・クズネツォワと組んだが、すべての決勝戦でビルヒニア・ルアノ・パスクアル(スペイン)&パオラ・スアレス(アルゼンチン)組に敗れ、3大会とも準優勝に終わってしまう。2004年度の4大大会女子ダブルス決勝戦は「ルアノ・パスクアル?スアレス組が、リホフツェワ・クズネツォワ組に3戦全勝」の結果になった。その後も、リホフツェワは様々な選手たちとペアを組んで好成績を維持してきた。エレーナ・リホフツェワ フレッシュアイペディアより)

  • エレナ・タタルコワ

    エレナ・タタルコワから見た杉山愛杉山愛

    2002年2月下旬のアメリカ・テネシー州メンフィス大会で、タタルコワは日本の杉山愛とペアを組んで優勝し、3年ぶりのツアー優勝を杉山とのコンビで獲得した。2003年シーズンにダブルスで年間2勝を挙げ、これでタタルコワの女子ツアーダブルス優勝は「4勝」になる。彼女の競技経歴は2004年にほぼ終わっているが、2006年11月にイギリスの下部トーナメントのダブルス戦に出場したことがある。タタルコワは2004年までフェドカップ代表選手を務め、通算勝利数(27勝11敗)・シングルス通算勝利数(17勝7敗)・ダブルス通算勝利数(10勝4敗)の3部門でウクライナ・チームの歴代1位記録保持者になった。オリンピック代表選手としても、2000年シドニー五輪の女子ダブルスに出場した。エレナ・タタルコワ フレッシュアイペディアより)

  • 1995年全仏オープン

    1995年全仏オープンから見た杉山愛杉山愛

    女子シングルスで、伊達公子が日本人選手として初のベスト4進出を成し遂げた。第9シードの伊達は、4回戦で第7シードのリンゼイ・ダベンポート、準々決勝で第12シードのイバ・マヨリを破って勝ち進んだが、初めての準決勝で第1シードのアランチャ・サンチェス・ビカリオに 5-7, 3-6 で敗れた。伊達は1994年全豪オープンに続く2度目の4大大会4強入り。この大会では杉山愛と長塚京子も4回戦進出を果たし、日本女子テニス界はここで最盛期を迎えた。1995年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • 岡村オファーがきましたシリーズ

    岡村オファーがきましたシリーズから見た杉山愛杉山愛

    松岡修造からの「日本のテニス界の救世主になってほしい」というオファーを受け、テニス初心者の岡村が実質2週間の猛特訓の末、トッププロ杉山愛選手と真剣勝負をした。岡村オファーがきましたシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジェニファー・カプリアティ

    ジェニファー・カプリアティから見た杉山愛杉山愛

    1996年テニス界に復帰。3年後の1999年頃からテニス成績も復調し始め、全仏オープンで6年ぶりの4回戦進出を果たす。同年の全米オープンでも4回戦まで勝ち進んだカプリアティは、敗戦後の記者会見で「過去との決別」を宣言し、6年間の歳月を経て燃え尽き症候群から回復した。2000年の全豪オープンでは準々決勝で杉山愛を破り、初のベスト4に進出する。この時期、日本人のテニスコーチである中村豊がカプリアティのトレーナーを担当していた。ジェニファー・カプリアティ フレッシュアイペディアより)

  • コリーナ・モラリュー

    コリーナ・モラリューから見た杉山愛杉山愛

    モラリューの両親はルーマニア出身で、彼女の父親は神経科医の仕事に従事している。1994年にプロ入り。1996年4月にジャパン・オープンで初来日し、予選3試合を勝ち上がった後、本戦の2回戦で当時の日本の2番手だった沢松奈生子を 5-7, 6-3, 7-6 の逆転で破り、雉子牟田直子との準々決勝まで進出した。同大会では2年後の1998年に準優勝があるが、この時は決勝で日本のエース杉山愛に 3-6, 3-6 で敗れている。1999年にモラリューはダブルスで年間6勝を挙げ、ウィンブルドン女子ダブルスでリンゼイ・ダベンポートとペアを組んで4大大会初優勝を飾った。(ダベンポートはシングルス決勝でもシュテフィ・グラフを破って優勝したため、1999年のウィンブルドンは“単複2冠制覇”となった。)モラリューのダブルス6勝は、ウィンブルドンを含む3勝がダベンポートとのペアで、他の3勝の中には日本のジャパン・オープンの女子ダブルス部門もある。ジャパン・オープンの女子ダブルスは1999年と2000年の2年連続制覇を成し遂げた。コリーナ・モラリュー フレッシュアイペディアより)

  • 宮城ナナ

    宮城ナナから見た杉山愛杉山愛

    しかし、雉子牟田が故障のため1998年限りで現役引退を強いられ、宮城はまた様々なパートナーとペアを組んだ。2000年のシドニー五輪では女子ダブルスで杉山愛と組み、タイ代表との2回戦で敗退する。2002年は「ジャパン・オープン」の女子ダブルスで浅越しのぶと組んだ優勝がある。2006年3月のアメリカ・カリフォルニア州レッディング大会を最後に、彼女の試合出場記録は途切れている。宮城ナナ フレッシュアイペディアより)

  • 記録よりも記憶に残るフジテレビの笑う50年 〜めちゃ×2オボえてるッ!〜

    記録よりも記憶に残るフジテレビの笑う50年 〜めちゃ×2オボえてるッ!〜から見た杉山愛杉山愛

    杉山愛 (テニス四大大会連続出場世界記録・62大会)記録よりも記憶に残るフジテレビの笑う50年 〜めちゃ×2オボえてるッ!〜 フレッシュアイペディアより)

  • ビーンズドーム

    ビーンズドームから見た杉山愛杉山愛

    2008年(平成20年)9月10日 - フジテレビ系バラエティー番組めちゃめちゃイケてるッ!『秋スペシャル』の公開収録が行われ、お笑い芸人岡村隆史とテニス選手杉山愛の試合が行われ、テレビでは10月4日にオンエアされた。ビーンズドーム フレッシュアイペディアより)

118件中 41 - 50件表示

「杉山愛」のニューストピックワード