118件中 51 - 60件表示
  • ペトラ・マンデュラ

    ペトラ・マンデュラから見た杉山愛杉山愛

    1993年にプロ入りし、1994年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップのハンガリー代表選手になる。マンデュラは女子テニスツアー下部組織の大会での下積み生活が長く、1998年全米オープンで4大大会の予選会に初挑戦したが、しばらく予選敗退が続いた。2000年全豪オープンで4大大会本戦にデビュー。同年のシドニー五輪で、オリンピックのハンガリー代表選手として初出場を果たす。女子シングルスでは1回戦でスペイン代表のコンチタ・マルチネスに完敗したが、カタリン・マロシとのダブルスで準々決勝に進出した。2001年の全仏オープンで、マンデュラは4大大会シングルスの自己最高成績を出し、ベスト8まで勝ち進んだ。予選から勝ち上がったマンデュラは、本戦1回戦で日本の杉山愛を破り、3回戦で第15シードのエレナ・ドキッチ(当時セルビア・モンテネグロ国籍)を破って勝ち進み、準々決勝でベルギーのキム・クライシュテルスに 1-6, 3-6 で完敗した。ペトラ・マンデュラ フレッシュアイペディアより)

  • サニーサイドアップ (PR/マネジメント会社)

    サニーサイドアップ (PR/マネジメント会社)から見た杉山愛杉山愛

    杉山愛(テニス選手)サニーサイドアップ (PR/マネジメント会社) フレッシュアイペディアより)

  • 1995年全米オープン (テニス)

    1995年全米オープン (テニス)から見た杉山愛杉山愛

    日本人女子選手は、伊達公子、沢松奈生子、神尾米、長塚京子、遠藤愛、杉山愛、宮城ナナ、雉子牟田直子の8名が本戦出場を果たし、国別の出場人数で1位アメリカ、2位ドイツに続く3位を記録した。長塚と宮城は1回戦で敗退したが、遠藤・杉山・雉子牟田が2回戦に進み、神尾と沢松が3回戦、女子第7シードの伊達が4回戦に進出した。神尾の3回戦の相手は、復帰した第2シードのモニカ・セレシュであった。1995年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • 素敵な宇宙船地球号

    素敵な宇宙船地球号から見た杉山愛杉山愛

    杉山愛 (2004年12月12日 - 12月26日)素敵な宇宙船地球号 フレッシュアイペディアより)

  • ヤネッテ・フサロバ

    ヤネッテ・フサロバから見た杉山愛杉山愛

    ヤネッテ・フサロバは2002年、シングルス・ダブルスともに最も充実したシーズンを送った。年頭の全豪オープンで、フサロワは3回戦で日本の杉山愛を破り、第4シードのキム・クライシュテルスとの4回戦まで進出した。この年はダブルスで年間6勝を挙げたが、そのうち4つがエレーナ・デメンチェワとペアを組んで獲得したものである。フサロバとデメンチェワは、全米オープンで初めての4大大会女子ダブルス決勝に進み、ビルヒニア・ルアノ・パスクアル(スペイン)&パオラ・スアレス(アルゼンチン)組に 2-6, 1-6 で敗れて準優勝になった。同年11月、フサロバは女子テニス国別対抗戦・フェドカップでスロバキア・チームの初優勝に貢献した。フェド杯初優勝の翌週には、デメンチェワとのペアで女子ツアー年間最終戦・WTAツアー選手権のダブルスにも初優勝を飾った。ヤネッテ・フサロバ フレッシュアイペディアより)

  • マグダレナ・マレーバ

    マグダレナ・マレーバから見た杉山愛杉山愛

    2003年6月、マグダレナはイギリス・バーミンガムで行われた「DFSクラシック」(芝生コート、ウィンブルドン前哨戦の1つ)にて、決勝戦で日本の浅越しのぶを 6-1, 6-4 で破って優勝した。彼女はキャリアを通して日本人選手との対戦も多く、同じ年の杉山愛とは通算11度対戦し、杉山が7勝4敗と勝ち越した。オリンピックのブルガリア代表選手としても、1992年・1996年・2004年の3度出場しているが、1996年アトランタ五輪の女子シングルス3回戦で伊達公子に敗れたこともある。マグダレナ・マレーバ フレッシュアイペディアより)

  • 1997年全豪オープン

    1997年全豪オープンから見た杉山愛杉山愛

    日本人女子選手は、伊達公子の引退後最初の4大大会となった。9名が女子シングルスの本戦に出場したが、沢松奈生子、長塚京子、雉子牟田直子、佐伯美穂、宮城ナナの5人が1回戦敗退で、杉山愛、遠藤愛、吉田友佳の3人が2回戦敗退。平木理化1人だけの3回戦進出が日本人選手の最高成績で、伊達の引退後は直ちに衰退し始めた。1997年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • 1995年ウィンブルドン選手権

    1995年ウィンブルドン選手権から見た杉山愛杉山愛

    女子シングルスでは、日本人選手として伊達公子、沢松奈生子、神尾米、長塚京子、遠藤愛、杉山愛、宮城ナナの7名が本戦出場を果たし、伊達と沢松の2名がシード選手に選ばれた。第6シードの伊達は、日本人女子選手として初のベスト8に進出したが、準々決勝で第4シードのヤナ・ノボトナに 2-6, 3-6 で敗れた。1995年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • シュテフィ・グラフ

    シュテフィ・グラフから見た杉山愛杉山愛

    女子国別対抗戦・フェドカップ(旧名称「フェデレーション・カップ」)の西ドイツ代表(東西ドイツ再統一が実現した1990年以後は、統一ドイツ代表)としても、1987年と1992年の2度優勝を飾っている。しかしフェドカップのグラフには意外な敗戦も多く、1993年の1回戦ではオーストラリア代表のニコル・プロビスに敗れたことがあり、1996年4月28日に日本の東京・有明コロシアムで行われた「ワールドグループ」1回戦では伊達公子に 6-7, 6-3, 10-12 で敗れている。この試合ではグラフが第1セットを 5-0 でリードしていたが、ここから伊達が大逆転で先取し、第2セットはグラフが奪い返したが、第3セットは22ゲーム目までもつれ、伊達が7度目の対戦でグラフから初勝利を奪った。2勝2敗で迎えた最後のダブルス戦で、グラフとアンケ・フーバーのペアは杉山愛&長塚京子組に 6-4, 3-6, 3-6 の逆転負けを喫し、ドイツは日本に敗退した(フェド杯対戦表)。シュテフィ・グラフ フレッシュアイペディアより)

  • さんタク

    さんタクから見た杉山愛杉山愛

    対決はさんまの「テニスしようか?」から2人でテニス対決の予定だったが、その後話が進み「2対1だったら杉山愛に勝てるわ。」とさんまが言ったことで、さんま・木村vs杉山愛の2対1で対決を行うことに。結果は杉山愛の圧勝。さんタク フレッシュアイペディアより)

118件中 51 - 60件表示

「杉山愛」のニューストピックワード