118件中 61 - 70件表示
  • イブニングワイド (TBS)

    イブニングワイド (TBS)から見た杉山愛杉山愛

    杉山愛(元プロテニスプレーヤー)イブニングワイド (TBS) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年全米オープン (テニス)

    2004年全米オープン (テニス)から見た杉山愛杉山愛

    日本の浅越しのぶ選手が、28歳にして初の女子シングルス8強進出を果たす。女子第12シードの杉山愛も2年連続の4回戦に進出し、日本人女子選手が2人ベスト16に食い込んだ。2004年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年全米オープン (テニス)

    2003年全米オープン (テニス)から見た杉山愛杉山愛

    女子シングルスで、杉山愛・浅越しのぶ・小畑沙織の3選手が3回戦に進出。全米オープンの同一部門で日本人選手3名が3回戦に進出したのは、1995年の伊達公子・沢松奈生子・神尾米以来8年ぶりだった。浅越と小畑は3回戦で敗退。杉山は4回戦で、イタリアのフランチェスカ・スキアボーネと4日がかりの長い試合の末に 7-6, 5-7, 2-6 で逆転負けした。2003年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ボロテリー・テニスアカデミー

    ニック・ボロテリー・テニスアカデミーから見た杉山愛杉山愛

    同アカデミーはかつて日本に進出したことがあり、1982年に神奈川県藤沢市で日本校を開校したものの後に撤退している。この日本校では杉山愛・吉田友佳・岩渕聡等の後の日本トップ選手がジュニア時代に在籍し指導を受けていた。ニック・ボロテリー・テニスアカデミー フレッシュアイペディアより)

  • チャンダ・ルビン

    チャンダ・ルビンから見た杉山愛杉山愛

    1991年8月に15歳でプロ入り。1995年の全仏オープンでベスト8に進出した時、4回戦で日本の杉山愛を 6-2, 1-6, 6-2 で破ったが、準々決勝でアランチャ・サンチェス・ビカリオに 3-6, 1-6 で敗れた。この年、19歳のルビンはWTAアワードの「最も進歩した選手賞」(Most Improved Player of the Year)に選出された。1996年の全豪オープンでルビンは4大大会の自己最高成績を挙げ、モニカ・セレシュとの準決勝まで進出した。この大会でルビンは驚異的な粘り強さを披露し、アランチャ・サンチェス・ビカリオとの準々決勝では 6-4, 2-6, 16-14 で競り勝ち、準決勝では刺傷事件から復帰したばかりのセレシュに 7-6, 1-6, 5-7 のスコアで惜敗した。サンチェス・ビカリオとの準々決勝は、試合時間:3時間33分で当時の全豪オープン女子シングルス史上最長試合であった。(現在の最長試合は2011年のフランチェスカ・スキアボーネが 6-4, 1-6, 16-14 でスベトラーナ・クズネツォワに勝利した試合の4時間44分である。)ルビンとサンチェスは、この大会で女子ダブルスのコンビを組み、決勝でリンゼイ・ダベンポート&メアリー・ジョー・フェルナンデス組を 7-5, 2-6, 6-4 で破って優勝した。ところが、テニス経歴が軌道に乗ったばかりの時にルビンは右手首を骨折し、同年の6月から11月まで試合欠場を余儀なくされた。チャンダ・ルビン フレッシュアイペディアより)

  • アラバン・レザイ

    アラバン・レザイから見た杉山愛杉山愛

    それからは2007年ウィンブルドンと2008年全豪オープンで3回戦進出があったが、なかなか目立った結果を出せない時期が続いた。ようやく2009年5月、全仏オープン最後の前哨戦であるフランス・ストラスブール大会の決勝戦で、レザイはルーシー・ハラデツカ(チェコ)を 7-6, 6-1 で破ってツアー初優勝を決めた。全仏オープン1回戦の相手は、前人未到の4大大会シングルス「60大会」連続出場に到達した日本の杉山愛に決まり、レザイは杉山を 6-3, 6-2 のストレートで圧倒した。3回戦では予選から勝ち上がったポルトガルの16歳、ミシェル・ラシェ・デ・ブリトを 7-6, 6-2 で退け、初の4回戦進出を決める。地元フランス人の女子シード選手だったアメリ・モレスモ、マリオン・バルトリ、アリーゼ・コルネが次々と早期敗退してゆく中で、レザイとビルジニ・ラザノの2人が4回戦まで勝ち残った。レザイは4回戦で第1シードのディナラ・サフィナ(ロシア)に 1-6, 0-6 で完敗したが、この大会で2006年全米オープン以来のベスト16入りを果たした。11月に新設されたコモンウェルス・バンク・トーナメント・オブ・チャンピオンズでレザイは決勝でマリオン・バルトリの途中棄権により2勝目を挙げ、大会初代優勝者になった。アラバン・レザイ フレッシュアイペディアより)

  • エレニ・ダニリドゥ

    エレニ・ダニリドゥから見た杉山愛杉山愛

    その後しばらく体調不良の時期が続いたが、2006年夏に4大大会女子ダブルスで好成績を出した。全仏オープンとウィンブルドン女子ダブルスで、ダニリドゥはアナベル・メディナ・ガリゲス(スペイン)とペアを組み、全仏ベスト4・ウィンブルドンベスト8を記録した。それから、10月に韓国・ソウル大会の決勝で日本の杉山愛を 6-3, 2-6, 7-6 で破り、2年9ヶ月ぶりの女子ツアー4勝目を挙げる。2008年1月にオーストラリア・ホバート大会で優勝し、ダニリドゥの女子ツアーシングルス優勝は5つになった。エレニ・ダニリドゥ フレッシュアイペディアより)

  • スポーツドミンゴ

    スポーツドミンゴから見た杉山愛杉山愛

    杉山愛(元プロテニスプレイヤー)スポーツドミンゴ フレッシュアイペディアより)

  • カタリナ・スレボトニク

    カタリナ・スレボトニクから見た杉山愛杉山愛

    浅越の引退後、スレボトニクはディナラ・サフィナとペアを組み、全米オープンで初めての4大大会女子ダブルス決勝進出を果たした。サフィナとスレボトニクは、決勝でベラ・ズボナレワ(ロシア)&ナタリー・ドシー(フランス)組に 6-7, 5-7 で敗れて準優勝になった。しかし、スレボトニクは短期間でサフィナとのペアを解消し、2007年春から日本の杉山愛と組むようになる。2007年全仏オープンとウィンブルドンで、スレボトニクと杉山は2大会連続で決勝に進出したが、全仏はアリシア・モリク(オーストラリア)&マラ・サンタンジェロ(イタリア)組に 6-7, 4-6 で敗れ、ウィンブルドンはリーゼル・フーバー(南アフリカ)&カーラ・ブラック(ジンバブエ)組に 6-3, 3-6, 2-6 で敗れ、ともに準優勝となった。このペアは2007年度の女子ツアー年間最終戦・WTAツアー選手権のダブルスでも、フーバー&ブラック組に敗れた準優勝がある。カタリナ・スレボトニク フレッシュアイペディアより)

  • 2009年全豪オープン

    2009年全豪オープンから見た杉山愛杉山愛

    セリーナ・ウィリアムズ / ビーナス・ウィリアムズ def. 杉山愛 / ダニエラ・ハンチュコバ, 6?3, 6?32009年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

118件中 61 - 70件表示

「杉山愛」のニューストピックワード