118件中 71 - 80件表示
  • エミー・フレージャー

    エミー・フレージャーから見た杉山愛杉山愛

    フレージャーの選手生活は1986年から始まり、1987年の全米オープンで4大大会本戦に初出場している。1990年9月、この年に創設された東京・東京体育館の「ニチレイ・レディース」大会で初来日する。この時は準々決勝でモニカ・セレシュ、準決勝でカテリナ・マレーバを破って勝ち上がったが、決勝でメアリー・ジョー・フェルナンデスに敗れて準優勝に終わった。1991年に「ジャパン・オープン」にも初出場し、以来フレージャーは日本でプレーする常連の選手となった。同大会では1992年の準決勝で日本の伊達公子と初対戦し、1994年から1996年までの3年連続で、フレージャーと伊達が決勝対決をした。1995年の決勝戦ではフレージャーが優勝したが、後の3回は伊達が勝っている。(伊達とフレージャーは、ジャパン・オープンでの4回の対戦を除き、他のトーナメントでは全く対戦がない。)1997年は4年連続の決勝進出で杉山愛に敗れたが、1999年の決勝では杉山を破って4年ぶり2度目の優勝を果たす。2000年の決勝ではフランスのジュリー・アラール=デキュジスに敗れた。総計で、フレージャーはジャパン・オープン決勝に「2勝4敗」の戦績を残したことになる。エミー・フレージャー フレッシュアイペディアより)

  • メガン・ショーネシー

    メガン・ショーネシーから見た杉山愛杉山愛

    2003年1月、ショーネシーはオーストラリア・キャンベラの大会でツアー3勝目を挙げ、直後の全豪オープンで4大大会の自己最高成績を出し、ベスト8に進出した。その準々決勝では第1シードのセリーナ・ウィリアムズに 2-6, 2-6 で敗れた。この年は全仏オープン3回戦で杉山愛(日本に敗れ、全米オープン4回戦ではキム・クライシュテルス(ベルギー)に敗れている。メガン・ショーネシー フレッシュアイペディアより)

  • マルチナ・ヒンギス

    マルチナ・ヒンギスから見た杉山愛杉山愛

    3ヶ月後の5月21日、イタリア・ローマで行われた「イタリア国際選手権」決勝でディナラ・サフィナ(マラト・サフィンの妹)を 6-2, 7-5 で破り、復帰5ヶ月目で復活優勝を飾った。5年ぶりの復帰となった全仏オープンでは第12シードを得たが、準々決勝でクライシュテルスに 6-7, 1-6 で連敗した。その後はウィンブルドン3回戦で杉山愛に敗れ、全米オープンは2回戦で止まったが、8月下旬の「カナダ・マスターズ」準優勝で世界ランキングトップ10にも復帰した。年末のWTAツアー選手権にも6年ぶりの出場を果たし、ヒンギスは世界ランキング「7位」の位置で2006年のシーズンを終えた(注:WTAツアー選手権は2003年から競技方式が大幅に変更されている。詳しくはこちらを参照)。同年11月に、幼なじみであるチェコの男子プロテニス選手、ラデク・ステパネクと婚約した。マルチナ・ヒンギス フレッシュアイペディアより)

  • 吉田 友佳

    吉田友佳から見た杉山愛杉山愛

    7歳からテニスを始める。ジュニア選手時代、1993年のウィンブルドン女子ダブルス部門で望月寛子とのペアで準優勝し(決勝でベルギーのペアに敗退)、全米オープン女子ジュニアでもシングルス・ダブルスの両部門で準優勝を記録した。湘南工科大学附属高等学校を卒業後、1994年4月にプロ入り。1995年のジャパン・オープン女子ダブルスで佐伯美穂とペアを組み、杉山愛と長塚京子の組を 6-7, 6-4, 7-6 で破って初優勝を飾る。1996年11月にタイ・パタヤ市の大会で、佐伯とのペアでダブルス2勝目を達成。吉田と佐伯の組は1997年の全日本テニス選手権でも優勝した。日本女子テニスの第一人者、伊達公子の世界的な活躍に刺激されて、1990年代半ばに日本女子テニス界は空前絶後の選手層の厚さを誇っていたが、1996年11月に伊達が世界ランキング8位で突然の現役引退をしたため、吉田にも高い期待が寄せられた。しかし、数多くの故障との闘いに悩まされてきた。吉田友佳 フレッシュアイペディアより)

  • キム・クライシュテルス

    キム・クライシュテルスから見た杉山愛杉山愛

    ダブルスでは日本の杉山愛とペアを組んで活躍し、2001年のウィンブルドン選手権で女子ダブルス準優勝。しかしその後クライシュテルスが故障を理由に全米オープンと翌年の全豪オープン女子ダブルスを棄権し、いったんペアを解消した。2003年の全豪オープンでコンビを復活させ、ベスト8に進出する。全仏オープンとウィンブルドンで、当時の世界最強ペアであったビルヒニア・ルアノ・パスクアル(スペイン)とパオラ・スアレス(アルゼンチン)組に連勝し、4大大会のダブルスで2連続優勝を果たした。しかし続く全米オープンで再びクライシュテルスが棄権し、2人はペアを解消する。キム・クライシュテルス フレッシュアイペディアより)

  • パワースマッシュ

    パワースマッシュから見た杉山愛杉山愛

    プレイステーション2版ではエレナ・ドキッチ選手の代わりに杉山愛選手が追加されている。パワースマッシュ フレッシュアイペディアより)

  • ヒセラ・ドゥルコ

    ヒセラ・ドゥルコから見た杉山愛杉山愛

    2006年の全豪オープン女子ダブルスで、ドゥルコはマリア・キリレンコと組んでベスト8に入った。この後全仏オープンで4回戦に進み、アンナ=レナ・グローネフェルド(ドイツ)に 3-6, 4-6 で敗れた。2007年4月、彼女はハンガリー・ブダペスト大会の決勝でソラナ・チルステア(ルーマニア)を 6-7, 6-2, 6-2 で破り、ここで女子ツアー大会のシングルス初優勝を達成した。それから全仏オープン女子ダブルスでマリア・エレナ・カメリン(イタリア)と組み、杉山愛&カタリナ・スレボトニク(スロベニア)組との準々決勝まで勝ち進む。8月末にアメリカ・フォレストヒルズ大会でシングルス2勝目を挙げた。2008年は北京五輪で2度目のオリンピック出場を果たし、シングルス1回戦・ダブルス2回戦敗退の成績に終わっている。ヒセラ・ドゥルコ フレッシュアイペディアより)

  • pluspo

    pluspoから見た杉山愛杉山愛

    開始当初は元プロテニス選手の杉山愛とタレントの磯山さやかによる「ダブルMC」とし(杉山は初のレギュラー番組)、プロ野球・中日ドラゴンズやサッカー・名古屋グランパスの情報を中心に「女性にも楽しめるような番組」を目指すという。また、番組リポーターとして地元名古屋のモデル事務所に所属するスポーツ好きの女子で構成された「pluspoクラブ」を結成している。pluspo フレッシュアイペディアより)

  • リサ・レイモンド

    リサ・レイモンドから見た杉山愛杉山愛

    2005年から2008年まで、レイモンドは大半のトーナメントでオーストラリアのサマンサ・ストーサーとペアを組んだ。レイモンドとストーサーの組は同年の全米オープン女子ダブルスで初優勝を飾り、2006年の全豪オープン女子ダブルスでは中国ペアの鄭潔&晏紫組に敗れて準優勝になったが、全仏オープン女子ダブルス決勝で杉山愛とダニエラ・ハンチュコワの組を 6-3, 6-2 で破って優勝した。レイモンドにとっては、これで女子ダブルスの「キャリア・グランドスラム」が完成したことになる。2009年から、彼女のダブルス・パートナーはクベタ・ペシュケ(チェコ)に変わった。リサ・レイモンド フレッシュアイペディアより)

  • 辻佳奈美

    辻佳奈美から見た杉山愛杉山愛

    杉山愛や伊達公子も所属した荏原SSCに通うため週末に夜行バスで神奈川県まで練習に行っている。辻佳奈美 フレッシュアイペディアより)

118件中 71 - 80件表示

「杉山愛」のニューストピックワード