118件中 81 - 90件表示
  • マリオン・バルトリ

    マリオン・バルトリから見た杉山愛杉山愛

    医師である父親の手ほどきで6歳からテニスを始め、2000年2月にプロ入り。2001年の全米オープンジュニア女子シングルス部門でスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)を破って優勝した。翌2002年の全米オープンで予選3試合を勝ち上がったバルトリは、本戦1回戦でアランチャ・サンチェス・ビカリオを 6-3, 6-1 で破り、第4シードのリンゼイ・ダベンポートとの3回戦まで進出した。2004年4月、バルトリはモロッコ・カサブランカ大会の女子ダブルスでフランスの同僚選手エミリー・ロワとペアを組み、女子ツアーでダブルス初優勝を果たす。この年のバルトリは、全仏オープン1回戦とウィンブルドン3回戦で日本の杉山愛に連敗した。マリオン・バルトリ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年全仏オープン

    2007年全仏オープンから見た杉山愛杉山愛

    アリシア・モリク / マラ・サンタンジェロ def. 杉山愛 / カタリナ・スレボトニク, 7?6(5), 6?42007年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • 2007年ウィンブルドン選手権

    2007年ウィンブルドン選手権から見た杉山愛杉山愛

    カーラ・ブラック / リーゼル・フーバー def. 杉山愛 / カタリナ・スレボトニク, 3-6, 6-3, 6-22007年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 貴城 けい

    貴城けいから見た杉山愛杉山愛

    テニスでは幼い頃から本格的なテニスクラブに所属、国内・海外合宿に参加し、ジュニア都大会4位の成績。ビヨルン・ボルグのレッスンを受けるジュニアに選ばれる、中学時代の杉山愛選手と大会を通じて顔見知り等、かなり本式にテニスに取組んでいたエピソードが残っている。貴城けい フレッシュアイペディアより)

  • 三木市

    三木市から見た杉山愛杉山愛

    2008年(平成20年)9月10日 - フジテレビ系バラエティー番組「めちゃめちゃイケてるッ!『秋スペシャル』」の公開収録が行われ、岡村隆史(お笑い芸人)と杉山愛(テニス選手)の試合が三木総合防災公園内のビーンズドームで行われた(なお、収録した試合は10月4日に放送された)。三木市 フレッシュアイペディアより)

  • アランチャ・サンチェス・ビカリオ

    アランチャ・サンチェス・ビカリオから見た杉山愛杉山愛

    1995年2月、シングルスとダブルスの両方で世界ランキング1位になる。ところが、この年から4大大会準優勝の不運が続く。全豪オープン決勝ではマリー・ピエルスに敗れて2年連続の準優勝になり、大会連覇を目指した全仏オープンでも決勝でシュテフィ・グラフに敗れてしまう。この1995年全仏オープンの準決勝で、サンチェスは日本人女子選手として初の全仏ベスト4進出を達成した伊達公子を 7-5, 6-3 のストレートで退けている。(この大会は日本女子テニスが最盛期を迎えた出来事となり、4回戦には伊達も含めて杉山愛と長塚京子の3人の日本人女子選手が勝ち残った。)同年にウィンブルドンで初の決勝進出を果たす。大会前年優勝者であった同僚のコンチタ・マルチネスを準決勝で破ったが、初めての決勝でまたもやグラフとの大接戦に散る。とりわけ第3セット・第11ゲームはデュースを13回繰り返し、実に20分を要した長いゲームとなった。これをグラフに取られたサンチェスは、最後の第12ゲームであっさりと自滅してウィンブルドン初優勝を逃した。アランチャ・サンチェス・ビカリオ フレッシュアイペディアより)

  • ユニバーシアード

    ユニバーシアードから見た杉山愛杉山愛

    以前プロテニス選手の杉山愛が出場するなど、プロや元プロの学生選手の参加例は各国とも多い。ユニバーシアード フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスカ・スキアボーネ

    フランチェスカ・スキアボーネから見た杉山愛杉山愛

    1998年に18歳でプロ入り。2000年の全米オープンで4大大会にデビューする。予選3試合を勝ち上がり、本戦でもエレナ・ドキッチとの3回戦まで勝ち進んだ。2001年の全仏オープンでは、第1シードのマルチナ・ヒンギスとの準々決勝に進出した。この大会ではイタリアのテニス史上初めて、3人の女子選手がシングルス4回戦に勝ち残り、シルビア・ファリナ・エリアとリタ・グランデがベスト16に進み、スキアボーネがベスト8を記録している。こうして、イタリアの女子テニス界の発展が始まった。スキアボーネが強烈な印象を残した試合は、2003年の全米オープン4回戦である。この時スキアボーネは日本の杉山愛と対戦したが、試合は度重なる雨の中断で「4日間」を要する苦闘となった。杉山は、7-6, 5-7, 2-6 の逆転負けでベスト8進出を逃した。スキアボーネは準々決勝でジェニファー・カプリアティに敗れている。フランチェスカ・スキアボーネ フレッシュアイペディアより)

  • ヤニナ・ウィックマイヤー

    ヤニナ・ウィックマイヤーから見た杉山愛杉山愛

    ウィックマイヤーは9歳の時から、友達と一緒に地元のテニスコートで練習を始めた。2004年にプロ入りし、2007年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップのベルギー代表選手に選ばれる。2008年の全豪オープンから4大大会の予選会に挑戦し始め、同年の全仏オープンで初の本戦に出場する。同年6月の「エイゴン・クラシック」(イギリス・バーミンガム開催)で初の女子ツアーシングルス決勝に勝ち進んだが、この時はカテリナ・ボンダレンコ(ウクライナ)に6-7(7-9), 6-3, 6-7(4-7) で敗れて準優勝になった。続くウィンブルドンの1回戦で、ウィックマイヤーは日本の杉山愛に 4-6, 2-6 で敗れた。ヤニナ・ウィックマイヤー フレッシュアイペディアより)

  • 2006年全仏オープン

    2006年全仏オープンから見た杉山愛杉山愛

    リサ・レイモンド / サマンサ・ストーサー def. 杉山愛 / ダニエラ・ハンチュコバ, 6?3, 6?22006年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

118件中 81 - 90件表示

「杉山愛」のニューストピックワード