197件中 21 - 30件表示
  • 杉山愛

    杉山愛から見たマルチナ・ナブラチロワ

    プロ転向後最初の年となった1993年は箕輪宇明をツアー帯同コーチに付け転戦を開始。宮内美澄と組んで出場した全豪オープンダブルスでは予選繰り上がりとしてグランドスラム本戦に初出場したが、1回戦でジェシカ・エモンズ(アメリカ)&ジンジャー・ニールセン(アメリカ)組に3-6,6-7(5)のストレートで敗れた。シングルスでは2月の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント予選を勝ち上がり、本戦1回戦で当時シングルス世界ランク5位、大会第3シードのマルチナ・ナブラチロワと対戦。当時175位の杉山は初のトップ10選手との対戦でフルセットに持ち込む健闘を見せるも、3-6,6-3,3-6のスコアで敗れている。7月にはウィンブルドン選手権で予選を勝ち上がりグランドスラムシングルス本戦初出場。1回戦ではジジ・フェルナンデスと対戦し、6-3,3-6,3-6のフルセットで惜敗した。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見た森上亜希子

    先輩の伊達公子が引退した後(2008年から現役復帰)、日本テニス界全体は杉山ひとりの活躍に頼りきりの状態が長期間続いていた。杉山と同年代の遅咲き選手だった浅越しのぶも、2006年全米オープンを最後に現役を引退する。日本女子テニスの後輩選手としては、森上亜希子や中村藍子、また杉山の引退時にはシングルスランキングで杉山より上位となった森田あゆみなどが著しい成長を見せた。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見たサマンサ・ストーサー

    その後ダニエラ・ハンチュコバと組み、2006年の全仏オープンで決勝に進出したが、リサ・レイモンド&サマンサ・ストーサー組に敗れて準優勝になった。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見た全日本テニス選手権

    引き続きニック・ボロテリー・テニスアカデミー藤沢校、荏原SSC等で本格的にテニスを学びながら頭角を現していった杉山は、湘南白百合学園中学校入学後の中学1年時に全国選抜ジュニアテニス大会14歳以下で全国大会レベル初優勝を果たすと、1990年には15歳で全日本ジュニア18歳以下シングルス準優勝を果たす。これらの活躍により同年の全日本テニス選手権に主催者推薦で出場すると4回戦まで進出した。その後テニスを優先するためにあらゆる面で支障が多かった湘南白百合学園高等学校への進学を諦め、湘南工科大学附属高等学校体育コースに入学。ここでは1年時に早くも高校総体シングルス決勝で、同じ湘南工科大附属の同級生だった吉田友佳を下し優勝した他、ITFジュニアサーキットも本格的に転戦するようになり、1991年全豪オープン、1991年全米オープン、1992年ウィンブルドン選手権でそれぞれシングルスベスト8進出の成績を収め、1991年5月には日本人選手として男女通じて初のITFジュニア世界ランキング1位を記録する 等、早くから国際的に名の知られたトップジュニアの一人となっていた。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見たハウス食品

    ハウス食品 ニュートリシステムJ?ダイエット(2010年)杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見た集英社

    コラボレーション―母と娘の世界挑戦 (杉山芙紗子共著,2004年6月, 集英社)ISBN 978-4083330285杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見たアサヒビール

    アサヒビール アサヒ本生(2003年)杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見たテレビ東京

    地球VOCE(2010年4月 - 、テレビ東京杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見たビルヒニア・ルアノ・パスクアル

    その後ダブルスではキム・クライシュテルスと名コンビぶりを発揮し、全仏オープンとウィンブルドンでは共に第1シードのビルヒニア・ルアノ・パスクアル・パオラ・スアレス組を破り、4大大会2連勝を達成し、ダブルスランキング1位に返り咲く。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見た長塚京子

    この年は杉山にとって躍進の年となり、シングルスではノーシードで出場した2月のミズノ・ワールド・レディース準々決勝で大会第8シードのクリスティ・ボーグルトを6-3,6-3のストレーで破り自身初のツアーベスト4に進出すると、4月のジャパン・オープンでは道城まみと組み主催者推薦で出場したダブルスで初のツアー優勝を果たす。更に大会第8シードで出場した11月のウィスミラク国際では初のツアーシングルス決勝に進出。決勝ではエレナ・ワーグナー(ドイツ)と対戦したが、6?2,0-6のスコアとしたところで途中棄権した。この大会では長塚京子と組んで第2シーで出場したダブルスでも決勝まで勝ち上がったが、シングルスの棄権によりこちらも試合前に棄権した。この年は他にも9月のニチレイ・レディースでシングルスベスト8、ダブルスベスト4に進出した他、11月の台湾オープンダブルスでもベスト4に進出。これらの活躍で年度末ランクもシングルスで前年の145位 から72位へ、ダブルスでも同212位 から53位 へ急上昇し、単複共初めて年間ランキングトップ100でシーズンを終えた。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

197件中 21 - 30件表示

「杉山愛」のニューストピックワード