197件中 81 - 90件表示
  • 杉山愛

    杉山愛から見たジュスティーヌ・エナン・アーデン

    更に、11月には、年間獲得ポイント世界上位8名によるWTAツアー選手権に初めて出場し、グループリーグでアナスタシア・ミスキナに4-6,3-6で、ジェニファー・カプリアティに5-7,6-7(3)のスコアでそれぞれ敗れたが、第2戦の当時世界ランク1位であったジュスティーヌ・エナン・アーデンを6-2,6-4のスコアで破り、大会後の最新ランキングではで自己最高のシングルス世界ランク10位に上昇、伊達公子(自己最高ランキングは1995年の4位)以来2人目のシングルストップ10入りを果たした。翌2004年2月には世界ランキング8位となり、自己最高位を更新している。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見たマグダレナ・マレーバ

    シングルスでは5月の全仏オープン1回戦で大会第15シードのヘレナ・スコバを4-6, 6-3, 9-7の逆転で下し、金星を挙げる形でグランドスラムシングルス本戦初勝利を手にすると、そのまま勢いに乗りチャンダ・ルビンとの4回戦まで進出する好成績を残す。ノーシードで出場した10月のバンク・オブ・ザ・ウェスト・クラシックでは2回戦で第6シードのイリナ・スピールリアを下す活躍で2度目のツアー決勝に進出。決勝では当時世界ランク7位、大会第2シードのマグダレナ・マレーバに3-6, 4-6のストレートで敗れた。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見たキンバリー・ポー

    日本人選手トップとなって臨んだ1997年は、杉山を様々な角度からサポートする「チーム愛」を結成、コーチに丸山淳一、コーディネーターに母親の芙紗子を付けた他、トレーナー、マネージャーも加わるチーム体制でツアーを転戦するようになる。シングルスでは第6シードで出場した年初のゴールドコースト・クラシックで準優勝の好成績を収めると、第4シードで出場した4月のジャパン・オープンでは準決勝で第2シードのキンバリー・ポーを5-7,6-4,6-1で、決勝でエミー・フレージャーを4-6,6-4,6-4の逆転でそれぞれ下し、4度目のツアーシングルス決勝で初優勝を果たす。更にノーシードで出場した10月のクレムリン・カップでは2回戦で第7シードのブレンダ・シュルツ=マッカーシーを6-4,7-5で、準々決勝で第3シードのアランチャ・サンチェス・ビカリオ6-1,7-6(1)のストレートで下す番狂わせを起こし決勝に進出。決勝では第1シード、当時世界ランク2位のヤナ・ノボトナに3?6,4-6のストレートで敗れるも、自身初のティアI大会準優勝を果たした。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見たウィンブルドン選手権

    杉山 愛(すぎやま あい、1975年7月5日 - )は、神奈川県横浜市出身の元女子プロテニス選手、テニス指導者。世界トップレベルのフットワークとバックハンド・ストロークを武器に、日本人選手として初めてWTAダブルス世界ランキング1位になり、シングルス・ダブルスともに世界トップ10に入った数少ない選手のひとりである。キャリア通算でWTAツアーシングルス6勝、ダブルスでグランドスラム3勝を含む38勝を挙げた。WTA自己最高ランキングはシングルス8位、ダブルス1位。4大大会(全豪オープン・全仏オープン・ウィンブルドン・全米オープン)のシングルス成績は、2000年全豪オープン、2004年ウィンブルドンで2度のベスト8進出がある。2000年と2003年、彼女はダブルス世界ランキング1位を記録した。シングルスとダブルスの同時トップ10入りは日本人初であるとともに、世界でも限られたトップレベルのオールラウンド・プレーヤーであることを意味する。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見た全豪オープン

    杉山 愛(すぎやま あい、1975年7月5日 - )は、神奈川県横浜市出身の元女子プロテニス選手、テニス指導者。世界トップレベルのフットワークとバックハンド・ストロークを武器に、日本人選手として初めてWTAダブルス世界ランキング1位になり、シングルス・ダブルスともに世界トップ10に入った数少ない選手のひとりである。キャリア通算でWTAツアーシングルス6勝、ダブルスでグランドスラム3勝を含む38勝を挙げた。WTA自己最高ランキングはシングルス8位、ダブルス1位。4大大会(全豪オープン・全仏オープン・ウィンブルドン・全米オープン)のシングルス成績は、2000年全豪オープン、2004年ウィンブルドンで2度のベスト8進出がある。2000年と2003年、彼女はダブルス世界ランキング1位を記録した。シングルスとダブルスの同時トップ10入りは日本人初であるとともに、世界でも限られたトップレベルのオールラウンド・プレーヤーであることを意味する。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見た横浜市

    杉山 愛(すぎやま あい、1975年7月5日 - )は、神奈川県横浜市出身の元女子プロテニス選手、テニス指導者。世界トップレベルのフットワークとバックハンド・ストロークを武器に、日本人選手として初めてWTAダブルス世界ランキング1位になり、シングルス・ダブルスともに世界トップ10に入った数少ない選手のひとりである。キャリア通算でWTAツアーシングルス6勝、ダブルスでグランドスラム3勝を含む38勝を挙げた。WTA自己最高ランキングはシングルス8位、ダブルス1位。4大大会(全豪オープン・全仏オープン・ウィンブルドン・全米オープン)のシングルス成績は、2000年全豪オープン、2004年ウィンブルドンで2度のベスト8進出がある。2000年と2003年、彼女はダブルス世界ランキング1位を記録した。シングルスとダブルスの同時トップ10入りは日本人初であるとともに、世界でも限られたトップレベルのオールラウンド・プレーヤーであることを意味する。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見た日本テニス協会

    杉山は1994年ウィンブルドン選手権から4大大会シングルス連続出場を続け、2008年ウィンブルドンで杉山の連続出場記録は「57」に到達した。これは男女を通じても、ウェイン・フェレイラの「56大会」連続出場を抜き、最長記録を樹立した。(フェレイラの連続記録:1991年全豪オープンから2004年全米オープンまで)その後も連続出場を続け、翌年の2009年全米オープンまで記録を更新し、シングルス連続出場記録を「62」とした。この連続出場記録は杉山のマネジメント会社によりギネス・ワールド・レコーズへの申請準備がなされ、認定。同年11月の全日本テニス選手権最終日に特別セレモニーが行われ、日本テニス協会特別表彰と合わせて授与された。ニューヨーク・タイムズ紙は、この連続記録に絡み杉山を「カル・リプケンやグレイトフルデッドと同様の驚異的な回復力を持つ選手」と讃え報じた。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見た全米オープン (テニス)

    杉山 愛(すぎやま あい、1975年7月5日 - )は、神奈川県横浜市出身の元女子プロテニス選手、テニス指導者。世界トップレベルのフットワークとバックハンド・ストロークを武器に、日本人選手として初めてWTAダブルス世界ランキング1位になり、シングルス・ダブルスともに世界トップ10に入った数少ない選手のひとりである。キャリア通算でWTAツアーシングルス6勝、ダブルスでグランドスラム3勝を含む38勝を挙げた。WTA自己最高ランキングはシングルス8位、ダブルス1位。4大大会(全豪オープン・全仏オープン・ウィンブルドン・全米オープン)のシングルス成績は、2000年全豪オープン、2004年ウィンブルドンで2度のベスト8進出がある。2000年と2003年、彼女はダブルス世界ランキング1位を記録した。シングルスとダブルスの同時トップ10入りは日本人初であるとともに、世界でも限られたトップレベルのオールラウンド・プレーヤーであることを意味する。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見た国際テニス連盟

    引き続きニック・ボロテリー・テニスアカデミー藤沢校、荏原SSC等で本格的にテニスを学びながら頭角を現していった杉山は、湘南白百合学園中学校入学後の中学1年時に全国選抜ジュニアテニス大会14歳以下で全国大会レベル初優勝を果たすと、1990年には15歳で全日本ジュニア18歳以下シングルス準優勝を果たす。これらの活躍により同年の全日本テニス選手権に主催者推薦で出場すると4回戦まで進出した。その後テニスを優先するためにあらゆる面で支障が多かった湘南白百合学園高等学校への進学を諦め、湘南工科大学附属高等学校体育コースに入学。ここでは1年時に早くも高校総体シングルス決勝で、同じ湘南工科大附属の同級生だった吉田友佳を下し優勝した他、ITFジュニアサーキットも本格的に転戦するようになり、1991年全豪オープン、1991年全米オープン、1992年ウィンブルドン選手権でそれぞれシングルスベスト8進出の成績を収め、1991年5月には日本人選手として男女通じて初のITFジュニア世界ランキング1位を記録する 等、早くから国際的に名の知られたトップジュニアの一人となっていた。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

  • 杉山愛

    杉山愛から見た全仏オープン

    杉山 愛(すぎやま あい、1975年7月5日 - )は、神奈川県横浜市出身の元女子プロテニス選手、テニス指導者。世界トップレベルのフットワークとバックハンド・ストロークを武器に、日本人選手として初めてWTAダブルス世界ランキング1位になり、シングルス・ダブルスともに世界トップ10に入った数少ない選手のひとりである。キャリア通算でWTAツアーシングルス6勝、ダブルスでグランドスラム3勝を含む38勝を挙げた。WTA自己最高ランキングはシングルス8位、ダブルス1位。4大大会(全豪オープン・全仏オープン・ウィンブルドン・全米オープン)のシングルス成績は、2000年全豪オープン、2004年ウィンブルドンで2度のベスト8進出がある。2000年と2003年、彼女はダブルス世界ランキング1位を記録した。シングルスとダブルスの同時トップ10入りは日本人初であるとともに、世界でも限られたトップレベルのオールラウンド・プレーヤーであることを意味する。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。杉山愛 フレッシュアイペディアより)

197件中 81 - 90件表示

「杉山愛」のニューストピックワード