前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示
  • マイバッハ谷口

    マイバッハ谷口から見た杉浦貴杉浦貴

    2005年に同じ自衛隊出身の本田多聞・杉浦貴の後を追い、青木篤志とともにプロレスリング・ノアへ入門。入門後は小橋建太の付き人となる。なお後に小橋の長期欠場により、秋山準に付いた。マイバッハ谷口 フレッシュアイペディアより)

  • KENTA

    KENTAから見た杉浦貴杉浦貴

    5月7日・8日に行われた第2回ディファカップに丸藤とのタッグで出場。決勝戦でタッグ歴6年を誇る日高郁人・藤田ミノル組と35分24秒にも及ぶ激闘を繰り広げ、最後にはブサイクへの膝蹴りで藤田を撃破し見事優勝を果たした。6月5日には金丸義信・杉浦貴組に敗れ、約2年に渡り9度の防衛に成功したGHCジュニアヘビー級タッグ王座から陥落。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • BRAVE (プロレス)

    BRAVE (プロレス)から見た杉浦貴杉浦貴

    ユニット名称に関して、元々は正式名は決まっていなかったが、マスコミや公式サイト等で、ユニット結成時のメンバーが丸藤正道・杉浦貴の2名で、ともに影響力のある選手であることから丸藤・杉浦軍(まるふじ・すぎうらぐん)、杉浦・丸藤軍(すぎうら・まるふじぐん)や丸藤軍(まるふじぐん)、あるいは杉浦軍(すぎうらぐん)などと仮称されていた。2012年4月に一般公募によりBRAVEと決定した。BRAVE (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 潮崎豪

    潮崎豪から見た杉浦貴杉浦貴

    なお、デビュー翌日25日の長岡市厚生会館大会の第1試合で行われた初シングル戦の相手は杉浦貴で、原爆固めで敗れている。潮崎豪 フレッシュアイペディアより)

  • ディスオベイ

    ディスオベイから見た杉浦貴杉浦貴

    同年10月の日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦が始まると、ヨネが欠場している力皇が安心してリハビリに専念できるように新メンバー勧誘を示唆。新世代の旗頭として急成長株であることを理由に潮崎豪にチーム加入を要請した。同シリーズ最終戦の同月30日後楽園ホール大会第7試合での杉浦貴、モハメド・ヨネ、潮崎豪組対高山善廣、佐野巧真、井上雅央組において、試合中にヨネと潮崎が見事な連係プレーを見せて勝利。試合後にヨネがチーム加入と握手を求めると、リングサイドに対立する鈴木鼓太郎と小川良成が現れ、加入しないように求める。潮崎はヨネと握手を交わすもののそのままショートレンジ式ラリアットをヨネに見舞い、鈴木・小川と握手し、鈴木側に加入を宣言した。直後のインタビューでヨネは「こんなに哀しいラリアットを喰らったのは初めてだ」と発言。これにより、この一連の事件は日本テレビ中継において『哀しみのラリアット』事件と称されるようになった。ディスオベイ フレッシュアイペディアより)

  • ジャーマン・スープレックス

    ジャーマン・スープレックスから見た杉浦貴杉浦貴

    フォールを取りにいかずに、クラッチを解いて放り投げる。相手は首をひん曲げたまま1回転してしまうことも。投げ捨て式、放り投げ式、ホイップ式とも呼ばれる。リック・スタイナーが公開したのを始まりとして、弟のスコット・スタイナーのほか、ゲーリー・オブライト、三沢光晴、ベイダー、諏訪魔、杉浦貴が主な使い手。本田多聞は空中で1度タメを作って投げっ放す、投げるまでの動きが遅いのが特徴の「デッドエンド」を決め技にしている。なおカール・ゴッチは必ず固めていて、投げっぱなし式は使っていない。また馳浩は「ブリッジの美しさを壊している」として、投げっぱなしジャーマンを否定する旨の発言をしている。ジャーマン・スープレックス フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・リーグ戦

    グローバル・リーグ戦から見た杉浦貴杉浦貴

    杉浦貴、力皇猛、バイソン・スミス、佐野巧真、秋山準、佐々木健介(健介オフィス)グローバル・リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • 高山善廣

    高山善廣から見た杉浦貴杉浦貴

    7月10日、GHCヘビー級王者の杉浦貴のGHCベルトに挑戦、頭から血を出しながら奮戦するもオリンピック予選スラムで轟沈する。高山善廣 フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・ヨネ

    モハメド・ヨネから見た杉浦貴杉浦貴

    2011年2月、KENTAが新たにDisobeyに加入するが、翌月にKENTA・金丸・平柳が試合中に裏切りヨネを暴行。Disobeyから離脱し、新軍団を結成した(『哀しみの椅子攻撃』事件)。力皇は前年半ばから長期欠場中であるため、ヨネは孤立無援となった。裏切った3人とそれぞれ遺恨決着のシングル戦を行ったが、いずれも他メンバー加入・暴行による反則勝ちとなり、ヨネは3人から玩具呼ばわりされる羽目になった。4月に開催のグローバル・タッグ・リーグ戦2011には、互いにパートナー不在である杉浦貴とタッグを結成。第3位となる。モハメド・ヨネ フレッシュアイペディアより)

  • 平田淳嗣

    平田淳嗣から見た杉浦貴杉浦貴

    桜庭のほかにも、プロレスラーでは高野俊二、アンドレ・ザ・ジャイアント、マスクド・スーパースター(ビリー・クラッシャー)、ハルク・ホーガン、安生洋二、後藤達俊、石澤常光、高木功、杉浦貴、高山善廣、青木篤志などが次々とマシンマスクを被るため、マシン軍団は現在も増殖し続ける。嘗てのマネージャー若松市政(将軍KYワカマツ)は現在芦別市議会議員であり、マシン軍団と疎遠となってしまったが、プロレス誌のインタビューで記者からこのことを聞き、「マシンは今も増えてるんですか? 嬉しいなあ」と、自ら考案したマシン軍団の増殖ギミックを喜んでいる。平田淳嗣 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
85件中 1 - 10件表示

「杉浦貴」のニューストピックワード