85件中 11 - 20件表示
  • インターナショナル・プロ・レスリング:ユナイテッド・キングダム

    インターナショナル・プロ・レスリング:ユナイテッド・キングダムから見た杉浦貴杉浦貴

    また、日本のプロレスリング・ノアと協力関係にあり、年に数回、ノアの主力選手が遠征を行い参戦する。2010年8月には、金丸義信がザック・セイバー・ジュニアを相手にGHCジュニアヘビー級選手権を行っている。さらに2011年5月、杉浦貴がデイブ・マスティフを相手にGHCヘビー級選手権を行った。他に、IPWの王座に森嶋猛・潮崎豪・石森太二などが挑戦した経験がある。なお、大日本プロレスの一部選手も参戦経験がある。インターナショナル・プロ・レスリング:ユナイテッド・キングダム フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た杉浦貴杉浦貴

    2009年の1月にプロレスリング・ノア対抗戦に出陣。中邑と共に“ノアの象徴”三沢光晴、杉浦貴組と対戦。最後は中邑が杉浦を飛びつき式腕ひしぎ逆十字固めで捕獲しタップを奪った。「文句があるならいつでもやってやる」という中邑の発言に対し、三沢もホームアウェイ問わず団体対抗戦継続の意思を表した。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た杉浦貴杉浦貴

    8月のG1 CLIMAXでは2敗1分と苦戦を強いられるも、その後は勝利を積み重ねていき、勝ち点7点でAブロックを1位で通過。準決勝でプロレスリング・ノアの杉浦貴を破り、決勝で中邑と対戦。キングコングニードロップでピンフォール勝ちを収め初優勝を果たした。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • レッスルキングダム (プロレス興行)

    レッスルキングダム (プロレス興行)から見た杉浦貴杉浦貴

    2009年10月12日、「レッスルキングダムIV in 東京ドーム」の開催を正式発表。今回はプロレスリング・ノアとの対抗戦を中心にカードが組まれた。11月に業務提携を結んだCMLLに海外遠征中の裕次郎、内藤哲也が一時帰国。IWGPタッグ選手権3WAYハードコアルールマッチに王者組チーム3D、挑戦者のバーナード、アンダーソン組に混じって電撃凱旋が決定。さらにSUPER J-CUP5th STAGE覇者丸藤正道が参戦。IWGPジュニアヘビー級王者タイガーマスクが相手となる。また棚橋弘至と潮崎豪の次世代エース対決、後藤洋央紀と杉浦貴とのGHCヘビー級選手権試合が実現。さらに真壁刀義は12月13日に乱入してきたモハメド・ヨネにシングルマッチを要求。以上の四人がノア対抗戦として出陣することになった。また、IWGPヘビー級王者中邑真輔は“帝王”高山善廣との6年ぶり4度目の一騎打ちを行うことが決定。永田裕志は9月に結成した青義軍の助っ人として曙をパートナーに抜擢。さらにTAJIRI、ZERO1の田中将斗、リビングレジェンド、テリー・ファンクとアブドーラ・ザ・ブッチャー、CMLLの刺客としてアベルノ、ウルティモ・ゲレーロが参戦。今回は選手の負傷などはなかったものの、今大会の開催決定日が昨年より遅く、他団体との交渉でカード発表も遅くなり、今年のカード編成も難航したと思われる。しかし、今年は2階スタンドを最初から解放し観客動員数も公式発表では41,500人と昨年の動員数より上回った。社長曰く「頭数的には微増したが昨今の経済事情を考えると大健闘」と発言しており今大会も成功したと思われる。また、毎年フィールズがスポンサーを務めていたが、今大会はユークスがスポンサーを担当した。レッスルキングダム (プロレス興行) フレッシュアイペディアより)

  • 丸藤正道

    丸藤正道から見た杉浦貴杉浦貴

    10月27日、日本武道館大会にてディーロ・ブラウン、ブキャナンの持つGHCタッグ王座に、杉浦貴と組んで挑戦。見事勝利し第16代GHCタッグ王者となった。獲得後、2度防衛をしたが、2008年5月23日新潟市体育館で齋藤彰俊、バイソン・スミス組に破れ王座陥落。丸藤正道 フレッシュアイペディアより)

  • オカダ・カズチカ

    オカダ・カズチカから見た杉浦貴杉浦貴

    同年5月5日、プロレスリング・ノアとの対抗戦に大抜擢され、後藤洋央紀と組み杉浦貴、青木篤志と対戦するも惨敗。さらに翌日5月6日、新日本プロレスでの試合を終えた後天山広吉と共にプロレスリング・ノアへ初参戦。1日2試合というハードスケジュールをこなし小橋建太、伊藤旭彦組と対戦。しかしこの試合も敗れてしまった。6月20日、ノアとの対抗戦で初のシングルマッチ。相手はGHCヘビー級王者の潮崎豪。追い込む場面もいくつか見られたが、最後はゴーフラッシャーで敗北。対ノア戦を3連敗という結果に終わった。オカダ・カズチカ フレッシュアイペディアより)

  • アングル・スラム

    アングル・スラムから見た杉浦貴杉浦貴

    今では多くの選手が同じ技を得意としているが、ほとんどの場合、各選手がオリジナルの技名称を付けている。特にアングルと同じレスリング出身の選手に使用者が多い。例として杉浦貴が「オリンピック予選スラム」として使用しており、日本国内での代表的な使い手である。アングル・スラム フレッシュアイペディアより)

  • PRIDE 武士道 -其の四-

    PRIDE 武士道 -其の四-から見た杉浦貴杉浦貴

    メインは中村和裕とアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラというミドル級の戦い、プロレスリング・ノア所属のプロレスラー杉浦貴が大巨人ジャイアント・シルバと対戦し、ミルコ・クロコップも4連続参戦するなど、非常にバラエティーに富んだ内容となる。PRIDE 武士道 -其の四- フレッシュアイペディアより)

  • 断崖式

    断崖式から見た杉浦貴杉浦貴

    ほかには小島聡が三沢のタイガードライバー、ザ・グレート・サスケがドス・カラスのパワーボム、愚乱・浪花のフランケンシュタイナー(コーナートップから)を受けている。小川良成はマイケル・モデストのリアリティチェックを受け失神KO、杉浦貴も同じ技を受け吐血している。断崖式 フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・グレイシー

    ダニエル・グレイシーから見た杉浦貴杉浦貴

    2002年6月23日、PRIDE初参戦となるPRIDE.21で杉浦貴と対戦し、判定勝ち。ダニエル・グレイシー フレッシュアイペディアより)

85件中 11 - 20件表示

「杉浦貴」のニューストピックワード