85件中 51 - 60件表示
  • 征矢学

    征矢学から見た杉浦貴杉浦貴

    2012年2月19日に開催されたALL TOGETHER第2回仙台大会において、真壁刀義とタッグを組み、杉浦貴・高橋裕二郎組と対戦。征矢が杉浦からフォールを奪われ敗れたものの、試合後に真壁から「コイツ、パワー負けも何もしてねえ。しいて言えば、経験くれえだろ。これから経験つうのは埋まっていくんだよ。1年後が怖ええな!」と、高評価を受けた。征矢学 フレッシュアイペディアより)

  • シャンジ・ヒベイロ

    シャンジ・ヒベイロから見た杉浦貴杉浦貴

    2008年6月、ムンジアルに出場し、ペサード級で4度目の優勝を果たし、アブソルート級でもホジャーを破り2年振りの優勝を果たした。9月28日、総合格闘技デビューとなる戦極 〜第五陣〜で杉浦貴と対戦し、スタンドでの膝蹴りでTKO勝ち。シャンジ・ヒベイロ フレッシュアイペディアより)

  • 齋藤彰俊

    齋藤彰俊から見た杉浦貴杉浦貴

    2000年10月にプロレスリング・ノアから声がかかり、青柳とともに参戦。以降、フリーの立場で継続参戦する。その後秋山準に共鳴しスターネス入り。秋山の正パートナーとして2002年9月23日に力皇猛&森嶋猛組を破り、第5代GHCタッグ王座を獲得した。2004年7月にスターネスを離脱。井上雅央、杉浦貴らとともにダーク・エージェントを結成した。齋藤彰俊 フレッシュアイペディアより)

  • 石森太二

    石森太二から見た杉浦貴杉浦貴

    2012年1月、潮崎豪がANMUに加入するなど同ユニットの勢力が拡大する中、居場所を失ったことを理由にANMUを脱退。丸藤正道・杉浦貴の新ユニット「丸藤軍(BRAVE」に同月29日付けで正式加入する。石森太二 フレッシュアイペディアより)

  • ピート・フィフィタ

    ピート・フィフィタから見た杉浦貴杉浦貴

    2011年5月3日、メキシコ遠征から帰国した後藤とのコンビ「荒トンガ」としてNOAHの杉浦貴、橋誠組と対戦するも、試合中にノータッチ・トペ・コン・ヒーロを行った際、勢いを付けすぎた為に右肩を負傷し長期欠場となる。この負傷が原因で、出場するはずだったアメリカで行われる初代IWGPインターコンチネンタル王者決定トーナメントの欠場を余儀なくされ、彼の代理としてジョシュ・ダニエルズが出場した。ピート・フィフィタ フレッシュアイペディアより)

  • キース・ウォーカー

    キース・ウォーカーから見た杉浦貴杉浦貴

    2010年1月にバイソン・スミスと組んでノアのグローバル・タッグ・リーグ戦に出場。同年4月14日、力皇猛 & モハメド・ヨネ組を破り、GHCタッグ王座を奪取。6月6日、初防衛戦で杉浦貴 & 谷口周平組から王座を防衛。しかし次回防衛戦の直前に父親が他界したため来日中止となり、GHCタッグ王座を返上した。キース・ウォーカー フレッシュアイペディアより)

  • 中邑真輔

    中邑真輔から見た杉浦貴杉浦貴

    2009年1月4日東京ドーム大会で後藤洋央紀と組み、NOAHの三沢光晴、杉浦貴組と対戦。杉浦から腕ひしぎ十字固めでタップを奪い勝利。以降、ホーム・アウェイ問わず両団体での対抗戦で継続されていった。2月15日に王座を奪回した棚橋弘至から指名を受ける形でIWGPに挑戦するもハイフライフローでピンフォール負けを喫する。中邑真輔 フレッシュアイペディアより)

  • 本田多聞

    本田多聞から見た杉浦貴杉浦貴

    現在カヌー講師で東京オリンピックへの出場歴があるカヌー選手であった本田大三郎の子として生まれる。プロサッカー選手の本田圭佑は、いとこの子にあたる。父から「レスリングで優勝できなければ大相撲」へ入門させると脅され、必死にレスリングの練習に励んだ。中学時代から自衛隊の練習に参加するなど、早くからレスリングの素質を見出され、日大在学時にロサンゼルスオリンピックレスリング・フリースタイル100kg級で5位入賞し(高校・大学の同窓に小林孝至がいる)、自衛隊体育学校へ進んだ。当時から異色な人物像で知られており、杉浦貴が後年述べるところによると「兵隊やくざ」と呼ばれていた。3度のオリンピック出場や全日本選手権8度優勝など日本レスリング史上、最高の実績を持つ。当時を知る関係者が「多聞さんが普通に練習をしていたら、オリンピックでメダルぐらい楽に取れていた」というほどで、ある種天才肌である。その技術力の高さから「アマレスの神様」と呼ばれた。本田多聞 フレッシュアイペディアより)

  • バイソン・スミス

    バイソン・スミスから見た杉浦貴杉浦貴

    2007年6月3日、北海道で三沢光晴の持つGHCヘビー級王座に4年ぶりに挑戦。前哨戦では若手相手に2対1のハンディキャップマッチを行い、10分足らずで勝利し観客にアピール。しかし選手権試合での結果は三沢の後頭部への同田貫(倒れ込み式エルボーパット)を喰らい、またも王座奪取に失敗。11月25日には齋藤彰俊とタッグを結成し、丸藤正道・杉浦貴組の持つGHCタッグ王座に挑戦するも、王座奪取ならず。バイソン・スミス フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンダー大塚

    アレクサンダー大塚から見た杉浦貴杉浦貴

    2001年にプロレス団体ZERO-ONE旗揚げ戦にも出場し(相手はNO FEAR{高山善廣、大森隆男組}でパートナーは高岩竜一)、その後真撃シリーズにも参加する。しかし、同団体の旗揚げ第2戦でデビュー半年程度の杉浦貴とのシングルマッチで勝利こそ収めたものの試合内容で圧倒され、評価を落とす結果となった。また、不甲斐ない(業界用語として「しょっぱい」)試合を見せた大塚に対し、橋本真也がマイクで「おいっ。アレク(大塚のこと)なんてこんなもんか。もっとしっかりしろ」と鼓舞激励された。2003年の火祭りにも出場。アレクサンダー大塚 フレッシュアイペディアより)

85件中 51 - 60件表示

「杉浦貴」のニューストピックワード