105件中 51 - 60件表示
  • 外道 (プロレスラー)

    外道 (プロレスラー)から見た杉浦貴杉浦貴

    2003年11月1日、プロレスリング・ノアの日本武道館大会で杉浦貴が保持するGHCジュニアヘビー級王座に挑戦するも敗退。同月29日、金本が負傷のため、返上したIWGPジュニアタッグ王座をかけて宮城県スポーツセンター大会で田口隆祐&後藤洋央紀組と対戦。邪道と共に同王座2度目の獲得を果たした。外道 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 佐野巧真

    佐野巧真から見た杉浦貴杉浦貴

    2001年1月31日に「もっとプロレスを学びたい」と高田道場を退団し、2月11日に佐野 巧真に改名してプロレスリング・ノアに初参戦。その後、ノアに入団し、WAVEで三沢光晴、小川良成らと共闘。WAVE解散後は主に田上明、高山善廣、杉浦貴らとタッグを組むことが多い。佐野巧真 フレッシュアイペディアより)

  • ピート・フィフィタ

    ピート・フィフィタから見た杉浦貴杉浦貴

    以降、定期的に新日本に参戦し、2010年後半からは後藤洋央紀とタッグチーム、荒トンガを結成。その後はG1 TAG LEAGUEなどヘビー級戦線での活動が多くなり、2011年からは本格的にヘビー級転向を宣言。5月3日、レスリングどんたく 2011にて、メキシコ遠征から帰国した後藤のパートナーとして、プロレスリング・ノアの杉浦貴 & 橋誠と対戦。試合中にノータッチ・プランチャ・スイシーダを放った際、右肩から場外の床に落下してしまい、後日右肩脱臼と診断され、長期欠場。また、この負傷が原因で出場予定とされていた初代IWGPインターコンチネンタル王者決定トーナメントも欠場となった。ピート・フィフィタ フレッシュアイペディアより)

  • 旭志織

    旭志織から見た杉浦貴杉浦貴

    7月、プロレスリング・ノアで開催された、日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦に昨年と同じくヒロ・トウナイとタッグを組み参戦。その後も限定参戦しつつ継続参戦をアピール。単発ではあるが、トウナイとのタッグでTMDK(マイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト)やNO MERCY(KENTA&杉浦貴)と対戦。シングルマッチにおいても小川良成と対戦している。旭志織 フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・ブルーム

    マシュー・ブルームから見た杉浦貴杉浦貴

    また他団体の試合にも参加、NOAHのGHCヘビー級王者杉浦貴が8度目の防衛に成功した時のインタビューで「デカイ外人と闘いたい」とコメント。それに反応する形で挑戦を表明し、2月19日の調印式で杉浦をパワーボムで机に叩きつけ腰を負傷させ、先制攻撃を行った。3月5日、ディファ有明でのGHCヘビー級選手権試合は、終始杉浦の負傷個所の腰を徹底して攻撃するが、杉浦の連続でのオリンピック予選スラムに敗れる。マシュー・ブルーム フレッシュアイペディアより)

  • モハメド・ヨネ

    モハメド・ヨネから見た杉浦貴杉浦貴

    2011年2月、KENTAが新たにDisobeyに加入するが、翌月にKENTA・金丸・平柳が試合中に裏切りヨネを暴行。Disobeyから離脱し、新軍団を結成した(哀しみの椅子攻撃事件)。力皇は前年半ばから長期欠場中であるため、ヨネは孤立無援となった。裏切った3人とそれぞれ遺恨決着のシングル戦を行ったが、いずれも他メンバー加入・暴行による反則勝ちとなり、ヨネは3人から玩具呼ばわりされる羽目になった。4月に開催のグローバル・タッグ・リーグ戦2011には、互いにパートナー不在である杉浦貴とタッグを結成。第3位となる。モハメド・ヨネ フレッシュアイペディアより)

  • KENSO (プロレスラー)

    KENSO (プロレスラー)から見た杉浦貴杉浦貴

    同年8月26日、日本武道館で行われたALL TOGETHER 東日本大震災復興支援チャリティープロレスに出場し、KENSOはメインイベントの6人タッグで中邑真輔、杉浦貴と組み棚橋、諏訪魔、潮崎豪組と対戦した。試合後半の仲間割れでKENSOが孤立、杉浦、中邑両者と相手方2人(潮崎、諏訪魔)の得意技を立て続けに受け、最後に棚橋のハイフライ・フローを喰らいフォール負けを喫した。KENSO (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 岡林裕二

    岡林裕二から見た杉浦貴杉浦貴

    高校卒業前に陸上自衛隊の勧誘が来て「自衛隊には体育学校があって、お金をもらいながらオリンピックを目指せますよ。岡林さん、こないだいい成績を取られたじゃないですか。それを三宅(義行)さんが見られて、どうしてもアイツに来てほしいって言っているんですよ」と言われた。自衛隊の試験に際して、1ヶ月で中3から高3までの基礎を叩き込み、おかげでかつて経験したことがないほどの問題もスラスラ解けて合格。教育学校を経て体育学校に配属されたが、この時面接で体育学校志望の書類が用意されていないことが発覚、結局最終的に体育学校に配属はされたものの三宅の推薦があったというのは勧誘のための口実であった。そのため最初は姫路駐屯地に配属された。自衛隊での生活は、それまで朝まで酒を飲んで学校には6時限目に行って部活だけやって帰ったこともあるなど怠惰な生活をしていた岡林にはきつく、ゴールデンウィークの5日間の休暇で帰省したきり戻ってこない隊員もいたという。自衛隊でもウエイトリフティングの選手を行っており、朝霞駐屯地内にある自衛隊体育学校に所属しオリンピック出場を目指していた。体育学校1年目で全日本選手権の標準記録を突破し、期待の選手として首位の注目を集めた。だが本番に弱く、いざ試合となると怪我が多く中々結果が出せなかった。通常3、4年で結果を出せなければ体育学校を除隊とされるが、岡林の場合は期待の大きさから鳴かず飛ばずの中で7年もの在籍を許された。しかしオリンピック出場はかなわず、体育学校を除隊となった。これについて本人は「やめる1年前に、全日本の前の年の優勝記録を練習で出したんですよ。『次は絶対いける!』と思って。もう6年もやってるから試合までの調整の仕方も知ってるし。それで全日本に臨んだら、その年に急に強い大学生が5人くらい出てきて、ダメでした。6位には入ったんですけど、記録も良くなくて、監督に怒られたんですよ、『辞めろ』と。試合前からヤル気がなくて、『そりゃ上にいっぱい出てきたけど、最後までしっかりやれよ』って」と振り返っている。体育学校を除隊されて部隊に異動することが決まったときは残念に思う気持ちは全くなく、やり切ったという気持ちがあるのでむしろプレッシャーから解放されて毎日が楽しくなったという。部隊に異動してから、当時テレ玉で放送されていた大日大戦を見て、関本大介に衝撃を受ける(岡林は高知明徳義塾高校野球部からプロレス界に進むという当時の地元新聞の記事を見て関本の事を知っていた)。この頃プロレス入りを決したが、その背景には杉浦貴や谷口周平といった自衛隊出身のプロレスラーがいたことや体育学校の頃から自衛隊のレスリング選手に「プロレスラーになれよ」と言われたこと、そして関本が自身と大して変わらない体格であるにもかかわらず頑張っているということがあった。岡林裕二 フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・フィッシュ

    ボビー・フィッシュから見た杉浦貴杉浦貴

    米国でのメイン・フィニッシュ・ホールド。オリンピック・スラム(アングル・スラム)と同じ投げ技。捻りを加え角度を付けて落とすバックフリップ。ノアでは杉浦貴が同じ技をオリンピック予選スラムの名称でフィニッシュ・ホールドとしていることを考慮し、ノア参戦時はフィニッシュとしての使用は控えている。ボビー・フィッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 征矢学

    征矢学から見た杉浦貴杉浦貴

    2012年2月19日に開催されたALL TOGETHER第2回仙台大会において、真壁刀義とタッグを組み、杉浦貴&高橋裕二郎組と対戦。試合は征矢が杉浦からフォールを奪われ敗れたものの、試合後に真壁から「コイツ、パワー負けも何もしてねえ。しいて言えば、経験くれえだろ。これから経験つうのは埋まっていくんだよ。1年後が怖ええな!」と、高評価を受けた。征矢学 フレッシュアイペディアより)

105件中 51 - 60件表示

「杉浦貴」のニューストピックワード