85件中 61 - 70件表示
  • G・B・H (プロレス)

    G・B・H (プロレス)から見た杉浦貴杉浦貴

    2010年初頭にはノア主催のグローバル・タッグ・リーグ戦へ出場。初戦はかつてのG・B・H殺法でキース・ウォーカー&バイソン・スミス組に勝利するも残り2戦では負け、リーグ戦敗退。しかし、リーグ戦中に真壁が杉浦貴にフォール勝ちしたことから杉浦の持つGHCヘビー級王座に挑戦する事が決定。試合当日に至るまで、真壁は幾度となく杉浦に襲撃を仕掛けるも、GHC戦では杉浦のオリンピック予選スラムに敗れるも、その2カ月後の5月3日に真壁は中邑真輔の持つIWGPヘビー級王座を奪取し、3度防衛に成功する。因みに同年4月4日の大会では真壁対本間による初のG・B・H同士のスペシャルシングルマッチが組まれた。G・B・H (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 高岩竜一

    高岩竜一から見た杉浦貴杉浦貴

    2006年12月23日、NOAH・ディファ有明大会で杉浦貴を破り、5年ぶりにGHCジュニアヘビー級王座を獲得。2007年2月18日、AWA世界ジュニアヘビー級とのダブルタイトル戦で日高郁人を破り2冠王となった。高岩竜一 フレッシュアイペディアより)

  • ALL TOGETHER (プロレス興行)

    ALL TOGETHER (プロレス興行)から見た杉浦貴杉浦貴

    2011年4月18日、第1回開催地である日本武道館にて、江幡幸伸(東京スポーツ社長)、菅林直樹(新日本プロレス社長)、武藤敬司(当時:全日本プロレス社長)、田上明(プロレスリング・ノア社長)、および各団体の代表選手として棚橋弘至、諏訪魔、杉浦貴が出席して開催発表の共同会見が行われた。ALL TOGETHER (プロレス興行) フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・フィッシュ

    ボビー・フィッシュから見た杉浦貴杉浦貴

    米国でのメイン・フィニッシュ・ホールド。オリンピック・スラム(アングル・スラム)と同じ投げ技。捻りを加え角度を付けて落とすバックフリップ。ノアでは杉浦貴が同じ技をオリンピック予選スラムの名称でフィニッシュ・ホールドとしていることを考慮し、ノア参戦時はフィニッシュとしての使用は控えている。ボビー・フィッシュ フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤープロレスリングの登場レスラー

    ファイヤープロレスリングの登場レスラーから見た杉浦貴杉浦貴

    松浦剛(杉浦貴ファイヤープロレスリングの登場レスラー フレッシュアイペディアより)

  • プロレス

    プロレスから見た杉浦貴杉浦貴

    ボクシングや総合格闘技の出身者が着用することが多いが、プロレスでは着用者の絶対数は比較的少ない傾向にある。トニー・ホーム、杉浦貴などが代表例。プロレス フレッシュアイペディアより)

  • CHAOS (プロレス)

    CHAOS (プロレス)から見た杉浦貴杉浦貴

    2013年2月においては矢野と飯塚がNOAHのリングに乱入、石森太二(現:GHCジュニアヘビー級王者)と丸藤正道(現:GHCヘビー級タッグ王者、パートナーは杉浦貴)を襲撃して両名からベルト3冠(この時、杉浦は風疹で欠場し、丸藤はGHCタッグベルト2冠を持参していた)を強奪。同時期にNO MERCYのマイバッハ谷口が、同軍団のリーダーであるKENTAを裏切ってCHAOSに加入した。CHAOS (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 矢野通

    矢野通から見た杉浦貴杉浦貴

    2013年2月、飯塚と共にプロレスリング・ノアに初参戦。NO MERCYのKENTAとBRAVEの杉浦貴、丸藤正道を襲撃し、今度は両者が保持していたGHCヘビー級王座とGHCタッグ王座を強奪した。さらに、NO MERCYに所属していたマイバッハ谷口と共闘を交わし、マイバッハにヘビー級王座を手渡した。3月10日横浜大会で杉浦、丸藤組とタイトルマッチで対戦。孤立した杉浦を鏡割からピンフォールを奪い、第28代王者に君臨した。矢野通 フレッシュアイペディアより)

  • タイガーマスク

    タイガーマスクから見た杉浦貴杉浦貴

    2010年10月から放送されたテレビコマーシャルに登場した覆面レスラーはプロレスリング・ノアに所属する選手が演じた。その内訳は、タイガーマスク(丸藤正道)、ブラックバイソン(杉浦貴)、キングサタン(潮崎豪)、スカルスター(志賀賢太郎)、ゴールデンマスク(佐野巧真)、エジプトミイラ(井上雅央)、ライオンマン(森嶋猛)。タイガーマスク フレッシュアイペディアより)

  • 全日本プロレス

    全日本プロレスから見た杉浦貴杉浦貴

    1999年(平成11年)に馬場が死去、5月7日三沢光晴が社長に就任する。馬場存命中には行わなかったビッグマッチでの大胆なカード編成を試みた。また、三沢、仲田龍らは、新日本プロレスなどで行われていた花道やレーザー光線などを使った華やかな演出を提案し続けた。しかし、伝統の保持を第一優先と主張する、馬場夫人である馬場元子との軋轢が生じ、社長を解任された。その結果、馬場元子とジャイアント馬場の姪・馬場幸子、渕正信を除く全役員が辞任した。社長解任後、三沢を含めた26名のレスラー(練習生・杉浦貴含む)と大半の職員が全日本プロレスを離脱し(経緯については三沢光晴を参照のこと)、三沢らはプロレスリング・ノアを旗揚げした。その後、日本テレビは全日本プロレス中継を終了し、所持していた全日本プロレス株も手放す。放送枠は『コロッセオ』を経て『プロレスリング・ノア中継』に切り替えた。全日本プロレス フレッシュアイペディアより)

85件中 61 - 70件表示

「杉浦貴」のニューストピックワード