85件中 71 - 80件表示
  • キャバクラ

    キャバクラから見た杉浦貴杉浦貴

    杉浦貴 - 「ミスターキャバクラ」の異名を持つプロレスリング・ノア所属のプロレスラー。キャバクラ フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋 弘至(提携)

    棚橋弘至から見た杉浦貴杉浦貴

    2009年1月4日、レッスルキングダムIIIのメインイベントで武藤を下し、長らく流出していたIWGP王座を奪還。第50代王者となり武藤越えを果たした。その後、中邑、カート・アングル、後藤洋央紀と対戦し3度の防衛に成功。4度目の防衛戦で対峙した中西学に敗れ一時は王座から陥落するも、6月20日のリターンマッチを制して再び返り咲く。7月にはプロレスリング・ノアの杉浦貴を相手に防衛成功するが、試合を観戦していたTAJIRIが試合後に乱入。グリーンミストを浴びられたことから遺恨が生まれる。8月13日、G1公式戦でTAJIRIと対戦するも最後はグリーンミストからのバズソーキックで轟沈。それでも、決勝トーナメント進出に食らいつき準決勝で中邑と対戦するも敗北を喫する。さらに試合中に中邑が放ったハイキックが原因で欠場。IWGPヘビー級王座も返上した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・ブルーム

    マシュー・ブルームから見た杉浦貴杉浦貴

    また他団体の試合にも参加、NOAHのGHCヘビー級王者杉浦貴が8度目の防衛に成功した時のインタビューで「デカイ外人と闘いたい」とコメント。それに反応する形で挑戦を表明し、2月19日の調印式で杉浦をパワーボムで机に叩きつけ腰を負傷させ、先制攻撃を行った。3月5日、ディファ有明でのGHCヘビー級選手権試合は、終始杉浦の負傷個所の腰を徹底して攻撃するが、杉浦の連続でのオリンピック予選スラムに敗れる。マシュー・ブルーム フレッシュアイペディアより)

  • 天白区

    天白区から見た杉浦貴杉浦貴

    杉浦貴(プロレスラー)天白区 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た杉浦貴杉浦貴

    2005年6月5日には杉浦貴と組んでGHCジュニアヘビー級タッグ選手権に臨み、丸藤正道&KENTA組を破って第2代王者となった。この時金丸は第9代GHCジュニアヘビー級王者でありノア史上初のジュニア2冠の同時保持を成し遂げた(相方の杉浦も後に同時保持を成し遂げた)。だが同年7月18日の東京ドーム大会のジュニアヘビー級選手権試合でKENTAに破れ王座から陥落した。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング・ノア

    プロレスリング・ノアから見た杉浦貴杉浦貴

    全日本プロレス時代からの慣習(馬場の指導)で、入門順に関わらず年長のレスラーは「?さん」を付けて名前を呼び、年齢に関わらず入門順の早いレスラーを同様に「?さん」付けで呼ぶ。このため先輩後輩がお互いを「さん」付けで呼び合うケースがよく見られる。例を挙げると、力皇猛は森嶋猛や丸藤正道らよりプロレス界では後輩になるが、森嶋や丸藤らは「リキさん」と「さん付け」し、敬語を使っている。杉浦貴も自衛隊でレスリングの実績を積んでいた関係上、入門が遅れているが、金丸義信らは「杉浦さん」と呼び、敬語を使う。その他、レスリング界で随一の実績を持つ本田多聞も入門が遅れているが、小橋建太はプライベートでは「本田」とは呼ばず、「本田選手」「多聞ちゃん」などと呼んでいるほか、秋山準も「本田さん」「多聞さん」などと呼ぶ。ただし齋藤彰俊は、自身より年下でデビューも遅い秋山に対して「秋山選手」と呼んで敬語を使うのだが、その秋山より先輩である井上雅央に対しては「マサオ」と怒鳴ったような口調で呼んでいる。プロレスリング・ノア フレッシュアイペディアより)

  • 小橋建太

    小橋建太から見た杉浦貴杉浦貴

    2004年9月23日、ディファ有明で行われた東西対抗戦の第二部、西軍「ブサイクの祭典(1人を除く)」にて小橋軍と秋山軍の対抗戦が行われた。これに際し負けたチームのリーダーが罰ゲームとして「自腹でファン5名に夕食をご馳走する」ことと、「ペ・ヨンジュンのコスプレ」が秋山の提案により課されていた。最後には小橋対秋山という大将戦までもつれ込むが、場外乱闘の後秋山は橋誠を投げつけて小橋のリングインを阻み、場外カウント勝ちを収めた。憮然とした表情で小橋は控え室に引き上げる中、リング上で秋山は秋山らしく女性が出るまで何度もくじを引き直して5名を選出、場つなぎで橋にマツケンサンバ IIを躍らせると遂に準備が完了する。あの曲が鳴り響く中、かつらにメガネ、セーター、マフラーとフル装備のケン様が笑顔で登場する。「アニョハセヨ」と韓国語で挨拶しポーズをとり、「もう一人ゲストが居ます! ユジン!」と似ても似つかぬ杉浦貴を招き入れた。再び二人でポーズをとると、空から粉雪のような紙ふぶきが舞い落ちてきた。すると突然スギンが暴走しケン様の唇を奪おうと強引に迫って来る。貞操の危機を感じたケン様は渾身のチョップを叩き込み、力でスギンをなだめ、二人は幸せそうに花道を引き上げていった。なお、これを見た秋山は「思ったとおりだね。感無量ですよ」、「ドーム以上の借りを返せた。次はクリスマスでコバケンサンバだ」と発言している。小橋建太 フレッシュアイペディアより)

  • 1970年

    1970年から見た杉浦貴杉浦貴

    5月31日 - 杉浦貴、プロレスラー1970年 フレッシュアイペディアより)

  • 外道 (プロレスラー)

    外道 (プロレスラー)から見た杉浦貴杉浦貴

    2003年11月1日、プロレスリング・ノアの日本武道館大会で杉浦貴が保持するGHCジュニアヘビー級王座に挑戦するも敗退。同月29日、金本が負傷のため、返上したIWGPジュニアタッグ王座をかけて宮城県スポーツセンター大会で田口隆祐&後藤洋央紀組と対戦。邪道と共に同王座2度目の獲得を果たした。外道 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • ANTI NO MERCY UNION

    ANTI NO MERCY UNIONから見た杉浦貴杉浦貴

    そして迎えた8月17・18日ディファ有明大会の2DAYSタッグ・トーナメントでは、高山・KENTA組に敗北し、1回戦敗退で優勝はならなかった。一方、青木は杉浦貴とANMUの枠を超えたコンビで出場し、1回戦を突破。決勝戦で高山組に敗れて準優勝となった。ANTI NO MERCY UNION フレッシュアイペディアより)

85件中 71 - 80件表示

「杉浦貴」のニューストピックワード