105件中 71 - 80件表示
  • 齋藤彰俊

    齋藤彰俊から見た杉浦貴杉浦貴

    2000年10月にプロレスリング・ノアから声がかかり、青柳とともに参戦、以降はフリーの立場で継続参戦する。その後秋山準に共鳴しスターネス入り。秋山の正パートナーとして2002年9月23日に力皇猛&森嶋猛組を破り、第5代GHCタッグ王座を獲得した。2004年7月にスターネスを離脱。井上雅央、杉浦貴らとともにダーク・エージェントを結成した。齋藤彰俊 フレッシュアイペディアより)

  • ブランドン・シルベストリー

    ブランドン・シルベストリーから見た杉浦貴杉浦貴

    2004年、プロレスリング・ノア初参戦。最終戦で、金丸義信が所持していたGHCジュニアヘビー級王座に挑戦した。以降、同団体に継続参戦する。リチャード・スリンガーと組んで、金丸義信・杉浦貴の保持するGHCジュニアヘビー級タッグ王座にも挑戦した。ブランドン・シルベストリー フレッシュアイペディアより)

  • ヒロ・トウナイ

    ヒロ・トウナイから見た杉浦貴杉浦貴

    2013年7月14日よりプロレスリング・ノアで開催された、日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦に昨年と同じく旭志織とタッグを組み参戦。その後も限定参戦しつつ継続参戦をアピール。単発ではあるが、旭とのタッグでTMDK(マイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト)やNO MERCY(KENTA&杉浦貴)と対戦する。ヒロ・トウナイ フレッシュアイペディアより)

  • ALL TOGETHER (プロレス興行)

    ALL TOGETHER (プロレス興行)から見た杉浦貴杉浦貴

    2011年4月18日、第1回開催地である日本武道館にて、江幡幸伸(東京スポーツ社長)、菅林直樹(新日本プロレス社長)、武藤敬司(全日本プロレス社長)、田上明(プロレスリング・ノア社長)、及び各団体の代表選手として棚橋弘至、諏訪魔、杉浦貴が出席して開催発表の共同会見が行われた。ALL TOGETHER (プロレス興行) フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た杉浦貴杉浦貴

    2005年6月5日には杉浦貴と組んでGHCジュニアヘビー級タッグ選手権に臨み、丸藤正道&KENTA組を破って第2代王者となった。この時、金丸は第9代GHCジュニアヘビー級王者でありノア史上初のジュニア2冠の同時保持を成し遂げた(相方の杉浦も後に同時保持を成し遂げた)。だが、同年7月18日の東京ドーム大会のジュニアヘビー級選手権試合でKENTAに敗れ、王座から陥落した。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見た杉浦貴杉浦貴

    2013年2月、タッグマッチで怪我のために欠場していた健介の復帰戦の相手を務めた(健介のパートナーは杉浦貴、中嶋のパートナーは大谷晋二郎)。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • マサ北宮

    マサ北宮から見た杉浦貴杉浦貴

    9月23日、杉浦貴の保持するGHCヘビー級王座に初挑戦するも敗れた。マサ北宮 フレッシュアイペディアより)

  • キャバクラ

    キャバクラから見た杉浦貴杉浦貴

    杉浦貴 - 「ミスターキャバクラ」の異名を持つプロレスリング・ノア所属のプロレスラー。キャバクラ フレッシュアイペディアより)

  • 複数階級制覇

    複数階級制覇から見た杉浦貴杉浦貴

    プロレスではダニー・ホッジ・藤波辰爾など多くのレスラーがヘビー級とジュニアヘビー級など複数の階級で王座を獲得しているが、同じ団体の同じ認定組織の王座の例ではプロレスリング・ノアで丸藤正道・杉浦貴などがGHCジュニアヘビー級王座とGHCヘビー級王座の二階級制覇を達成している。なお、ノア創立者の三沢光晴も全日本プロレス時代にNWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座・三冠ヘビー級王座の二階級制覇を達成している(ただしジュニア王座は二代目タイガーマスクとしての獲得)。複数階級制覇 フレッシュアイペディアより)

  • 小橋建太

    小橋建太から見た杉浦貴杉浦貴

    2004年9月23日、ディファ有明で行われた東西対抗戦の第二部、西軍「ブサイクの祭典(1人を除く)」にて小橋軍と秋山軍の対抗戦が行われた。これに際し負けたチームのリーダーが罰ゲームとして「自腹でファン5名に夕食をご馳走する」ことと、「ペ・ヨンジュンのコスプレ」が秋山の提案により課されていた。最後には小橋対秋山という大将戦までもつれ込むが、場外乱闘の後秋山は橋誠を投げつけて小橋のリングインを阻み、場外カウント勝ちを収めた。憮然とした表情で小橋は控え室に引き上げる中、リング上で秋山は秋山らしく女性が出るまで何度もくじを引き直して5名を選出、場つなぎで橋にマツケンサンバIIを躍らせると遂に準備が完了する。冬のソナタの挿入歌が鳴り響く中、かつらにメガネ、セーター、マフラーとフル装備のケン様が笑顔で登場する。「アニョハセヨ」と韓国語で挨拶しポーズをとり、「もう一人ゲストが居ます! ユジン!」と紹介すると、花道からユジンとは似ても似つかぬ杉浦貴扮するスギンが登場。二人がリング上で寄り添うと、空から粉雪のような紙ふぶきが舞い落ちてきた。すると突然スギンが暴走しケン様の唇を奪おうと強引に迫って来る。貞操の危機を感じたケン様は渾身の袈裟斬りチョップを叩き込み、力でスギンをなだめ、二人は幸せそうに花道を引き上げていった。なお、これを見た秋山は「思ったとおりだね。感無量ですよ」、「ドーム以上の借りを返せた。次はクリスマスでコバケンサンバだ」と発言している。小橋建太 フレッシュアイペディアより)

105件中 71 - 80件表示

「杉浦貴」のニューストピックワード