105件中 81 - 90件表示
  • 石森太二

    石森太二から見た杉浦貴杉浦貴

    2012年1月、潮崎豪がANMUに加入するなど同ユニットの勢力が拡大する中、居場所を失ったことを理由にANMUを脱退。丸藤正道と杉浦貴の新ユニット「丸藤軍(BRAVE)」に同月29日付けで正式加入する。石森太二 フレッシュアイペディアより)

  • 丸藤正道

    丸藤正道から見た杉浦貴杉浦貴

    10月27日、日本武道館大会にてディーロ・ブラウン、ブキャナンの持つGHCタッグ王座に杉浦貴と組んで挑戦、見事勝利し第16代GHCタッグ王者となった。獲得後、2度防衛をしたが、2008年5月23日新潟市体育館で齋藤、バイソン・スミス組に破れ王座から陥落した。丸藤正道 フレッシュアイペディアより)

  • 本田多聞

    本田多聞から見た杉浦貴杉浦貴

    当時から異色な人物像で知られており、杉浦貴が後年述べるところによると「兵隊やくざ」と呼ばれていた。3度のオリンピック出場や全日本選手権8度優勝など日本レスリング史上、最高の実績を持つ。当時を知る関係者が「多聞さんが普通に練習をしていたら、オリンピックでメダルぐらい楽に取れていた」というほどで、ある種天才肌である。その技術力の高さから「アマレスの神様」と呼ばれた。本田多聞 フレッシュアイペディアより)

  • 関本大介

    関本大介から見た杉浦貴杉浦貴

    11月8日、プロレスリング・ノアのグローバル・リーグ戦が10月18日より開催され、昨年を上回る5勝2敗の好成績で、この日行われた優勝決定戦に進出したものの、杉浦貴に敗れ準優勝にとどまった。関本大介 フレッシュアイペディアより)

  • 熊野準

    熊野準から見た杉浦貴杉浦貴

    2016年5月4日、後楽園大会にて大先輩である小川からクマ固めで勝利を挙げた。その勢いでGHCJrヘビー級王者である金丸義信に挑戦を表明するも、金丸から「顔じゃねえ!」と一蹴された。同月20日の後楽園ホール大会にてメインで潮崎豪とタッグを組み、杉浦貴&金丸組と対戦した。金丸から新技であるフラッシュパッケージにて3カウントを奪った後に改めて挑戦表明を行い、これが認められて同月27日にエディオンアリーナ大阪大会において金丸に挑戦するも敗北した。なお、熊野にとってはこれが初のシングルのタイトルマッチであった。熊野準 フレッシュアイペディアより)

  • 柴田勝頼

    柴田勝頼から見た杉浦貴杉浦貴

    これも後藤との合体技。後藤がファイヤーマンズキャリーの要領で相手を持ち上げ前方に投げ、柴田が膝蹴りで追撃をかける、2人でかけるgo 2 sleepのような技。杉浦貴&高山善廣も同型の合体技を使用している。技名の由来はIWGPタッグ王座挑戦の際に対戦相手のドク・ギャローズのフェイスペイントをスイカに例えて「ギャローズを叩き潰す→スイカみたいな物を蹴り飛ばす→なら技名はスイカ割りでいいか。」という理由から名付けられた。柴田勝頼 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野通

    矢野通から見た杉浦貴杉浦貴

    2013年2月9日、飯塚と共にプロレスリング・ノアに初参戦し、矢野はこの日のセミファイナルでマイバッハ谷口&マイバッハ谷口Jrと対戦したが、試合は無効試合に終わった。この後、矢野は飯塚とともにメインイベント終了後、NO MERCYのKENTAとBRAVEの杉浦貴、丸藤正道を襲撃し、今度は両者が保持していたGHCヘビー級王座とGHCタッグ王座を強奪した。さらにNO MERCYに所属していた谷口と共闘を交わし、谷口にヘビー級王座を手渡した。3月10日横浜大会で杉浦、丸藤組とタイトルマッチで対戦、孤立した杉浦を鏡割からピンフォールで奪い、第28代王者に君臨した。また、ノアのチャンピオンになったことからグローバル・オナード・クラウン(GHC、地球規模の崇高なる王位)から「崇高なる大泥棒」のキャッチフレーズがつき、新日本プロレスでも使用されるようになった。矢野通 フレッシュアイペディアより)

  • シェイン・ヘイスト

    シェイン・ヘイストから見た杉浦貴杉浦貴

    2013年の杉浦貴 & 高山善廣とのGHCタッグ戦で初披露し、杉浦を沈めた。シェイン・ヘイスト フレッシュアイペディアより)

  • 中西学

    中西学から見た杉浦貴杉浦貴

    2015年8月19日、プロレスリング・ノア主催のアルカス杯争奪6人タッグトーナメントに出場。マイバッハ谷口、マイバッハ・ブルージャスティスと組み、自身もマイバッハ・ドンなる覆面レスラーに転身してマイバッハトリオを結成する。一回戦でキャプテン・ノア & マイキー・ニコルス & スペル・クレイジー組、二回戦で杉浦貴 & 斎藤彰俊 & クワイエット・ストーム組を退け、決勝戦で鈴木軍(鈴木みのる & 飯塚 & エル・デスペラード組)と対戦、最後は谷口がマイバッハプレスでデスペラードからピンフォール勝ちを収め同大会を優勝した。中西学 フレッシュアイペディアより)

  • アレハンドロ・サエス

    アレハンドロ・サエスから見た杉浦貴杉浦貴

    12月2日に鈴木軍を離脱し翌3日に鈴木みのるとの遺恨対決を制した杉浦貴が、一人でノアで反体制として闘っていく旨を示した。これを受けて、アレハンドロ・サエスがいち早く反応し、杉浦との共闘を内田ノア会長へ申し出る。これにより12月シリーズで杉浦とのタッグを多く組むこととなり、杉浦とタッグを組んだ試合は全て勝利となった。アレハンドロ・サエス フレッシュアイペディアより)

105件中 81 - 90件表示

「杉浦貴」のニューストピックワード