前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
101件中 1 - 10件表示
  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たKENTA

    2003年9月12日、マイケル・モデストを破りGHCジュニアヘビー級王座に、2005年6月5日、金丸義信と組んで丸藤正道&KENTA組を破りGHCジュニアヘビー級タッグ王座を奪取。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た森嶋猛

    高校生(中京高等学校。現在の中京大学附属中京高等学校)時代は柔道を経験、柔道2段である。自衛隊に入隊し、体育学校に入校、アマチュアレスリングを始める。アマチュアレスリングの全日本選手権グレコローマン82kg級優勝および国体で3度優勝の実績を持つ。その後、オリンピック出場を逃し、一般自衛隊員への異動を命ぜられるが、それを断り本田多聞を慕って全日本プロレスに入団、田上明の付き人となる。入団直後、デビュー前に同団体が分裂。練習生のままノアに移籍した。2000年12月23日、東京・有明コロシアムにおける志賀賢太郎、金丸義信、森嶋猛戦で、ノア最初の新人レスラーとしてデビュー(パートナーは井上雅央と力皇猛)した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た金丸義信

    高校生(中京高等学校。現在の中京大学附属中京高等学校)時代は柔道を経験、柔道2段である。自衛隊に入隊し、体育学校に入校、アマチュアレスリングを始める。アマチュアレスリングの全日本選手権グレコローマン82kg級優勝および国体で3度優勝の実績を持つ。その後、オリンピック出場を逃し、一般自衛隊員への異動を命ぜられるが、それを断り本田多聞を慕って全日本プロレスに入団、田上明の付き人となる。入団直後、デビュー前に同団体が分裂。練習生のままノアに移籍した。2000年12月23日、東京・有明コロシアムにおける志賀賢太郎、金丸義信、森嶋猛戦で、ノア最初の新人レスラーとしてデビュー(パートナーは井上雅央と力皇猛)した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た丸藤正道

    2003年9月12日、マイケル・モデストを破りGHCジュニアヘビー級王座に、2005年6月5日、金丸義信と組んで丸藤正道&KENTA組を破りGHCジュニアヘビー級タッグ王座を奪取。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た後藤洋央紀

    2009年1月4日、三沢光晴とのタッグで新日本プロレスの東京ドーム大会に出場し、中邑真輔・後藤洋央紀組と対戦。中邑の腕ひしぎ逆十字固めに敗れる。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たU2

    When Love Comes To Town / U2(現在)杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た齋藤彰俊

    2004年7月に齋藤彰俊・井上雅央とダーク・エージェント(D.A.)を結成。一方、ジュニア戦線では金丸義信ともタッグを結成。しばしば金丸にD.A.参入を誘うが、丁重に断られた。また、団体外の活動として、同年7月19日、PRIDE 武士道 -其の四-に参戦し、ジャイアント・シルバにサッカーボールキックでKO勝ちした。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た鈴木みのる

    トレバー戦終了後のインタビューで鈴木みのるを挑戦者に指名する。しかしそのインタビューで杉浦が東日本大震災の被災者への「落ち着いてから応援してくれれば…」と解釈出来るコメントに対し鈴木はまったく異なる意見を持っていたため、3月27日の6人タッグマッチ戦で鈴木に敗北した直後、鈴木から「俺は、お前に言いたい事がある」と前置きの上マイクを通して4分近くに渡り「プロレス感の相違」についての怒りをぶつけられ、バックステージインタビューでも「お前が俺と闘いたい?百年早いんだよ!」と鈴木がコメントし、GHC選手権の挑戦者指名を拒否されてしまう。しかし、4月16日の後楽園ホール大会に鈴木が来場。杉浦の試合後にマイクを取り、鈴木が「自ら挑戦」を表明する事により一転してカードが成立。そして5月8日の有明コロシアム大会にて鈴木とベルトを賭けて対戦。オリンピック予選スラムで防衛に成功し、防衛記録は11回となった。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た佐々木健介佐々木 健介

    同月23日、大阪府立体育館での佐々木健介戦は、試合開始直後から両者とも感情的かつ豪快にやり合い、最後はパンチでの殴り合いから両者ともダウン。そのまま両者KOによる引き分けになり、決着がつかなかった。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た小橋建太

    同年1月15日、大阪府立体育会館においてバイソン・スミスを相手に8度目の防衛に成功。防衛回数は単独2位となった。その後3月5日には有明でジャイアント・バーナードを、そして3月21日の福岡国際センターではトレバー・マードックを退けて防衛回数を遂に2桁の10回に乗せた(GHCヘビーを10回以上防衛したのは、絶対王者でもある第6代王者・小橋建太が13回防衛して以来となる)。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
101件中 1 - 10件表示

「杉浦貴」のニューストピックワード