101件中 11 - 20件表示
  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たTHE HIGH-LOWS

    ミサイルマン / ザ・ハイロウズ杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た高山善廣

    2007年からは、高山善廣や丸藤正道とタッグを組むようになり、10月27日には丸藤正道と組んでGHCタッグ王座を獲得した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た棚橋弘至棚橋 弘至(提携)

    それ以後定期的に新日本のリングに上がるようになり、7月には棚橋弘至の保持するIWGPヘビー級王座にNOAH勢で初めて挑戦するも敗退。8月にはG1 CLIMAXにも出場した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た田上明

    高校生(中京高等学校。現在の中京大学附属中京高等学校)時代は柔道を経験、柔道2段である。自衛隊に入隊し、体育学校に入校、アマチュアレスリングを始める。アマチュアレスリングの全日本選手権グレコローマン82kg級優勝および国体で3度優勝の実績を持つ。その後、オリンピック出場を逃し、一般自衛隊員への異動を命ぜられるが、それを断り本田多聞を慕って全日本プロレスに入団、田上明の付き人となる。入団直後、デビュー前に同団体が分裂。練習生のままノアに移籍した。2000年12月23日、東京・有明コロシアムにおける志賀賢太郎、金丸義信、森嶋猛戦で、ノア最初の新人レスラーとしてデビュー(パートナーは井上雅央と力皇猛)した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た三沢光晴

    2009年1月4日、三沢光晴とのタッグで新日本プロレスの東京ドーム大会に出場し、中邑真輔・後藤洋央紀組と対戦。中邑の腕ひしぎ逆十字固めに敗れる。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た中邑真輔

    2009年1月4日、三沢光晴とのタッグで新日本プロレスの東京ドーム大会に出場し、中邑真輔・後藤洋央紀組と対戦。中邑の腕ひしぎ逆十字固めに敗れる。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た新日本プロレス

    2009年1月4日、三沢光晴とのタッグで新日本プロレスの東京ドーム大会に出場し、中邑真輔・後藤洋央紀組と対戦。中邑の腕ひしぎ逆十字固めに敗れる。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たアマチュアレスリング

    高校生(中京高等学校。現在の中京大学附属中京高等学校)時代は柔道を経験、柔道2段である。自衛隊に入隊し、体育学校に入校、アマチュアレスリングを始める。アマチュアレスリングの全日本選手権グレコローマン82kg級優勝および国体で3度優勝の実績を持つ。その後、オリンピック出場を逃し、一般自衛隊員への異動を命ぜられるが、それを断り本田多聞を慕って全日本プロレスに入団、田上明の付き人となる。入団直後、デビュー前に同団体が分裂。練習生のままノアに移籍した。2000年12月23日、東京・有明コロシアムにおける志賀賢太郎、金丸義信、森嶋猛戦で、ノア最初の新人レスラーとしてデビュー(パートナーは井上雅央と力皇猛)した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たモハメド・ヨネ

    また、グローバルタッグリーグで同じくパートナー不在であったディスオベイのモハメド・ヨネとタッグを組み、出場。即席タッグとの下馬評を覆し、3チームタイの第3位の好成績を残す。これ以降、ヨネとのタッグを継続する。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た井上雅央

    高校生(中京高等学校。現在の中京大学附属中京高等学校)時代は柔道を経験、柔道2段である。自衛隊に入隊し、体育学校に入校、アマチュアレスリングを始める。アマチュアレスリングの全日本選手権グレコローマン82kg級優勝および国体で3度優勝の実績を持つ。その後、オリンピック出場を逃し、一般自衛隊員への異動を命ぜられるが、それを断り本田多聞を慕って全日本プロレスに入団、田上明の付き人となる。入団直後、デビュー前に同団体が分裂。練習生のままノアに移籍した。2000年12月23日、東京・有明コロシアムにおける志賀賢太郎、金丸義信、森嶋猛戦で、ノア最初の新人レスラーとしてデビュー(パートナーは井上雅央と力皇猛)した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

101件中 11 - 20件表示

「杉浦貴」のニューストピックワード