101件中 21 - 30件表示
  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たカート・アングル

    鍛えられた肉体を駆使した寝技、投げ、力技が多い。小細工なしのパワーファイトを展開し、技に移行する際の気合いが他のレスラーを圧倒するのも特徴で、新日本プロレスの実況ではそのパワーファイトスタイルから「重戦車」と例えられることが多い。同じくアマチュアレスリング出身であるカート・アングルの得意技を取り入れている。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たすすきの

    自他ともに認める大のキャバクラ好きで、特にすすきののある札幌大会では特に張り切る。札幌大会限定で、GHCジュニアヘビー級ベルトを模した紙製オリジナルベルト「キャバクラベルト」(Global Cabakura CrownまたはGlobal Honored Cabakura)を装着してリングに上がる。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たかみむらしんや

    ROAD TO SUSUKINO〜ススキノへ行こう!〜 / 札幌太郎と北海兄さんずwith五十嵐浩晃(北海道大会限定)杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た鈴木鼓太郎

    続いて、同月の欧州ツアーにて自ら連続防衛戦を希望。1度防衛するごとに次大会で防衛戦開催を決定するというスタイルで、見事に3連続防衛(デイブ・マスティフ、クラウディオ・カスタニョーリ、鈴木鼓太郎)に成功し、小橋建太の13回の記録を一気に突破し、GHC連続防衛新記録を達成した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た五十嵐浩晃

    ROAD TO SUSUKINO〜ススキノへ行こう!〜 / 札幌太郎と北海兄さんずwith五十嵐浩晃(北海道大会限定)杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た佐野巧真

    座り込んで締め上げる事が多く、2011年のグローバル・リーグ戦ではKENTAを失神KOさせており、佐野巧真との対戦でもタップを奪う等、フィニッシュ技としても十分な威力を持つ。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たデイブ・マスティフ

    続いて、同月の欧州ツアーにて自ら連続防衛戦を希望。1度防衛するごとに次大会で防衛戦開催を決定するというスタイルで、見事に3連続防衛(デイブ・マスティフ、クラウディオ・カスタニョーリ、鈴木鼓太郎)に成功し、小橋建太の13回の記録を一気に突破し、GHC連続防衛新記録を達成した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たアレクサンドル・カレリン

    アマチュアレスリングで使われる「俵返し」と同型の技。相手の背中越しに腰に手を回して力任せに裏返してしまう。杉浦はここからカナディアン・バックブリーカーに発展させることもある。名前はアレクサンドル・カレリンのカレリンズ・リフトに引っ掛けたもの。過去に断崖式で放ったことがある。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た志賀賢太郎

    高校生(中京高等学校。現在の中京大学附属中京高等学校)時代は柔道を経験、柔道2段である。自衛隊に入隊し、体育学校に入校、アマチュアレスリングを始める。アマチュアレスリングの全日本選手権グレコローマン82kg級優勝および国体で3度優勝の実績を持つ。その後、オリンピック出場を逃し、一般自衛隊員への異動を命ぜられるが、それを断り本田多聞を慕って全日本プロレスに入団、田上明の付き人となる。入団直後、デビュー前に同団体が分裂。練習生のままノアに移籍した。2000年12月23日、東京・有明コロシアムにおける志賀賢太郎、金丸義信、森嶋猛戦で、ノア最初の新人レスラーとしてデビュー(パートナーは井上雅央と力皇猛)した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た真壁刀義

    2010年は、1月4日のレッスルキングダムで新日本プロレスの後藤洋央紀を相手にGHCベルト初防衛に成功し、2月28日にプロレスリング・ノア「The Second Navig. '10」最終戦で後藤と同じ新日本プロレスの真壁刀義相手に勝利を収めたほか、高山善廣・秋山準・潮崎豪・森嶋猛など強敵を相手に防衛を続け、1年間ベルトを守り通した。この功績が認められてこの年のプロレス大賞最優秀選手賞を受賞した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

101件中 21 - 30件表示

「杉浦貴」のニューストピックワード