101件中 31 - 40件表示
  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たマイケル・モデスト

    2003年9月12日、マイケル・モデストを破りGHCジュニアヘビー級王座に、2005年6月5日、金丸義信と組んで丸藤正道&KENTA組を破りGHCジュニアヘビー級タッグ王座を奪取。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たザ・ホワイト・ストライプス

    FELL IN LOVE WITH A GIRL / ザ・ホワイト・ストライプス杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た青木篤志

    8月17・18日ディファ有明大会で開催された2デイズ・タッグ・トーナメントでは、ANMUの青木篤志と組んで出場。1回戦で秋山準・小川良成組対戦し勝利。決勝戦で、高山善廣とKENTAのNO MERCYと対戦し、敗北。準優勝となった。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たダニエル・グレイシー

    2002年6月23日、総合格闘技PRIDE.21に初参戦し、ダニエル・グレイシーに判定負け。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た野地竜太

    2006年4月のパンクラスの「ヘビー級王座決定トーナメント」に出場。約3か月間練習期間を設けたものの、初戦で野地竜太にKO負けを喫した。同年6月に、GHCジュニアヘビー級王座に再度君臨、さらに8月に金丸と組んでGHCジュニアヘビー級タッグ王座を獲得し、ジュニア2冠を達成する。しかし12月から翌年1月に、GHCジュニア2冠を相次いで手放し、以降はヘビー級へと転向。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たプロレスラー

    杉浦 貴(すぎうら たかし、1970年5月31日 - )は、日本の男性プロレスラーである。愛知県名古屋市出身。プロレスリング・ノア所属。元自衛官。血液型B型。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た石澤常光

    2004年9月15日、新日本プロレスDEVILOCK NIGHT PRO-WRESTLING大会に出現した"ケンドーカ・シン"(ケンドー・カシンとは別人)という覆面レスラーが杉浦に酷似しているという指摘がある。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たKUSHIDA

    12月、新日本プロレスの後藤洋央紀の指名で青木をタッグパートナーに従え、後藤・KUSHIDA組と対戦。KUSHIDAをオリンピック予選スラムでフォールを奪い、難無く勝利を収める。試合後、後藤が東京ドームでシングルでの再戦を要求しこれを承諾、東京ドームでの後藤との対戦はタッグ戦を含めて今回で4度目となる。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た力皇猛

    高校生(中京高等学校。現在の中京大学附属中京高等学校)時代は柔道を経験、柔道2段である。自衛隊に入隊し、体育学校に入校、アマチュアレスリングを始める。アマチュアレスリングの全日本選手権グレコローマン82kg級優勝および国体で3度優勝の実績を持つ。その後、オリンピック出場を逃し、一般自衛隊員への異動を命ぜられるが、それを断り本田多聞を慕って全日本プロレスに入団、田上明の付き人となる。入団直後、デビュー前に同団体が分裂。練習生のままノアに移籍した。2000年12月23日、東京・有明コロシアムにおける志賀賢太郎、金丸義信、森嶋猛戦で、ノア最初の新人レスラーとしてデビュー(パートナーは井上雅央と力皇猛)した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たクラウディオ・カスタニョーリ

    続いて、同月の欧州ツアーにて自ら連続防衛戦を希望。1度防衛するごとに次大会で防衛戦開催を決定するというスタイルで、見事に3連続防衛(デイブ・マスティフ、クラウディオ・カスタニョーリ、鈴木鼓太郎)に成功し、小橋建太の13回の記録を一気に突破し、GHC連続防衛新記録を達成した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

101件中 31 - 40件表示

「杉浦貴」のニューストピックワード