125件中 41 - 50件表示
  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たマイケル・モデスト

    2003年9月12日、マイケル・モデストを破りGHCジュニアヘビー級王座に、2005年6月5日、金丸と組んで丸藤正道&KENTA組を破りGHCジュニアヘビー級タッグ王座を奪取。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たザ・ホワイト・ストライプス

    FELL IN LOVE WITH A GIRL / ザ・ホワイト・ストライプス杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た青木篤志

    8月17・18日ディファ有明大会で開催された2デイズ・タッグ・トーナメントでは、ANMUの青木篤志と組んで出場。1回戦で秋山・小川良成組と対戦し勝利する。決勝戦で高山とKENTAのNO MERCYと対戦したが敗北を喫し、準優勝となった。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た井上雅央

    その後、オリンピック出場を逃したため一般自衛隊員への異動を命ぜられるが、もうすでに自衛隊に残ることや一般企業に再就職することは考えておらず、プロレス転身に対する思いを胸に秘めるようになった。しかしプロレス転身の際に29歳であった上に妻と1児を抱えていたため、公務員を辞めるかどうかで悩んでいたが、ある日妻が「これからどうするの?」と食事の席で聞いてきて、口ごもっていたら「プロレスやったら?」と言い出したので、自身の望みを打ち明けた。自衛隊OBの本田多聞を慕って全日本プロレスに入団し田上明の付き人となった。入団直後、デビュー前に同団体が分裂。練習生のままノアに移籍した。2000年に入ってから三沢光晴に声をかけられ、給料については「心配しないでいいよ。オマエは家族がいるんだから」と自衛隊で貰っていた分の給料を貰うなど特別待遇を得ていた。12月23日、東京・有明コロシアムにおける志賀賢太郎、金丸義信、森嶋猛戦で、ノア最初の新人レスラーとしてデビュー(パートナーは井上雅央と力皇猛)した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たThe Mighty Don't Kneel

    1月10日、The Mighty Don't Kneelに敗れ、GHCタッグ王座から陥落する。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たダニエル・グレイシー

    2002年6月23日、総合格闘技PRIDE.21に初参戦し、ダニエル・グレイシーに判定負け。総合格闘技に挑戦したのはアマレスラーとしての忘れ物を探しに行くという感覚であり、本人もこれについて「アマチュア時代の気持ちがよみがえって刺激になりますからね」と話していた。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た飯塚高史

    9月19日、鈴木の持つGHCヘビーに挑戦したが敗れた。その後は飯塚高史と抗争を繰り広げる。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た野地竜太

    2006年4月のパンクラスの「ヘビー級王座決定トーナメント」に出場。約3か月間練習期間を設けたものの、初戦で野地竜太にKO負けを喫した。同年6月に、GHCジュニアヘビー級王座に再度君臨、さらに8月に金丸と組んでGHCジュニアヘビー級タッグ王座を獲得し、ジュニア2冠を達成する。しかし12月から翌年1月に、GHCジュニア2冠を相次いで手放し、以降は「中堅で終わりたくない」という気持ちからヘビー級へと転向。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たFUNKIST

    FUNKIST「ALL TOGETHER」(2011年8月24日、ポニーキャニオン)杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たプロレスラー

    杉浦 貴(すぎうら たかし、1970年5月31日 - )は、日本のプロレスラー、総合格闘家。愛知県名古屋市出身。プロレスリング・ノア所属。元自衛官。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

125件中 41 - 50件表示

「杉浦貴」のニューストピックワード