125件中 51 - 60件表示
  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たKUSHIDA

    12月、新日本プロレスの後藤の指名で青木をタッグパートナーに従え、後藤・KUSHIDA組と対戦。KUSHIDAをオリンピック予選スラムでフォールを奪い、難無く勝利を収める。試合後、後藤が東京ドームでシングルでの再戦を要求しこれを承諾、東京ドームでの後藤との対戦はタッグ戦を含めて今回で4度目となる。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た力皇猛

    その後、オリンピック出場を逃したため一般自衛隊員への異動を命ぜられるが、もうすでに自衛隊に残ることや一般企業に再就職することは考えておらず、プロレス転身に対する思いを胸に秘めるようになった。しかしプロレス転身の際に29歳であった上に妻と1児を抱えていたため、公務員を辞めるかどうかで悩んでいたが、ある日妻が「これからどうするの?」と食事の席で聞いてきて、口ごもっていたら「プロレスやったら?」と言い出したので、自身の望みを打ち明けた。自衛隊OBの本田多聞を慕って全日本プロレスに入団し田上明の付き人となった。入団直後、デビュー前に同団体が分裂。練習生のままノアに移籍した。2000年に入ってから三沢光晴に声をかけられ、給料については「心配しないでいいよ。オマエは家族がいるんだから」と自衛隊で貰っていた分の給料を貰うなど特別待遇を得ていた。12月23日、東京・有明コロシアムにおける志賀賢太郎、金丸義信、森嶋猛戦で、ノア最初の新人レスラーとしてデビュー(パートナーは井上雅央と力皇猛)した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たクラウディオ・カスタニョーリ

    続いて同月の欧州ツアーにて自ら連続防衛戦を希望、1度防衛するごとに次大会で防衛戦開催を決定するというスタイルで見事に3連続防衛(デイブ・マスティフ、クラウディオ・カスタニョーリ、鈴木鼓太郎)に成功し、小橋の13回の記録を一気に突破し、GHC連続防衛新記録を達成した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たカート・アングル

    鍛えられた肉体を駆使した寝技、投げ技が多い。小細工なしのパワーファイトを展開し、技に移行する際の気合いが他のレスラーを圧倒するのも特徴で新日本プロレスの実況ではそのパワーファイトスタイルから「重戦車」と例えられることが多い。杉浦と同じくアマチュアレスリング出身であるカート・アングルの得意技を取り入れている。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たジャイアント・シルバ

    2004年7月に齋藤彰俊・井上とダーク・エージェント(D.A.)を結成、一方でジュニア戦線では金丸ともタッグを結成、しばしば金丸にD.A.参入を誘うが丁重に断られた。また、団体外の活動として同年7月19日、PRIDE 武士道 -其の四-に参戦し、ジャイアント・シルバにサッカーボールキックでKO勝ちした。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たシャンジ・ヒベイロ

    2008年9月28日の戦極 〜第五陣〜でシャンジ・ヒベイロと対戦し、スタンドの膝蹴りでTKO負けを喫した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たジャイアント・バーナード

    同年1月15日、大阪府立体育会館においてバイソン・スミスを相手に8度目の防衛に成功。防衛回数は単独2位となった。その後3月5日には有明でジャイアント・バーナードを、そして3月21日の福岡国際センターではトレバー・マードックを退けて防衛回数を遂に2桁の10回に乗せた(GHCヘビーを10回以上防衛したのは、絶対王者でもある第6代王者・小橋建太が13回防衛して以来となる)。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た潮崎豪

    12月6日、日本武道館にて潮?豪の保持するGHCヘビー級王座に挑戦し、これを奪取。丸藤以来となるGHC王座グランドスラム(白GHCを除く)を達成、これが認められ、12月10日に2009年プロレス大賞殊勲賞を受賞した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たダーク・エージェント

    2004年7月に齋藤彰俊・井上とダーク・エージェント(D.A.)を結成、一方でジュニア戦線では金丸ともタッグを結成、しばしば金丸にD.A.参入を誘うが丁重に断られた。また、団体外の活動として同年7月19日、PRIDE 武士道 -其の四-に参戦し、ジャイアント・シルバにサッカーボールキックでKO勝ちした。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た佐山聡

    杉浦がプロレスと出会ったのは小学5年生の頃であり、テレビで初代タイガーマスクを見たその時に一瞬でファンになった。金曜午後8時は必ずテレビにへばりつき、ほとんどのプロレス中継を観戦。翌日の朝、学校で友達と前夜の試合について話したり、プロレスごっこで遊んだりしていた。将来はプロレスラーになると決意していたが中学には格闘系の部活がなく、町道場もなかったため、妥協して小学時代からやっていたサッカーを続けることにした。高校生(中京高等学校。現在の中京大学附属中京高等学校)時代は柔道を経験、柔道2段であった。1988年秋、たまたまテレビで見た宮原厚次に心を奪われ、タイガーマスクを始めて目の当たりにしたときよりも強い衝撃を受けた杉浦はプロレスラーよりもアマレスラーになりたいと思うようになった。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

125件中 51 - 60件表示

「杉浦貴」のニューストピックワード