101件中 71 - 80件表示
  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た戦極 〜第五陣〜

    2008年9月28日の戦極 〜第五陣〜でシャンジ・ヒベイロと対戦し、スタンドの膝蹴りでTKO負けを喫した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たファイヤーマンズキャリー

    主要フィニッシュ・ホールド。相手をファイヤーマンズキャリーの形に抱え上げ、そのままの勢いで倒れこみマットに叩きつける技。この技の元祖であるカート・アングルは相手の背中・肩口から落とす形で使っているが、杉浦の場合はデスバレー・ボムのように頭部から落とすことが多い。アングルは自身がオリンピック出場経験者であることから、かつて「オリンピック・スラム」の名称でこの技を使用していた。これに対し杉浦はオリンピック予選敗退であったため、技名にも予選が付けられた。大一番ではコーナー最上段から放つ雪崩式を使用することがある。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たグローバル・タッグ・リーグ戦

    また、グローバルタッグリーグで同じくパートナー不在であったディスオベイのモハメド・ヨネとタッグを組み、出場。即席タッグとの下馬評を覆し、3チームタイの第3位の好成績を残す。これ以降、ヨネとのタッグを継続する。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た後楽園ホール

    3月18日の横浜文化体育館大会で森嶋猛の持つGHCヘビー級王座への挑戦が決まっていたが、3月7日の試合後に身体が激痛に襲われ、病院での診察の結果腰椎椎間板ヘルニアであることが判明、17日の試合から欠場。8月25日の後楽園ホール大会で復帰した。欠場期間中に105kgあった体重は89kgまで減少したが、増量しないまま体作りをして復帰している。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たバックブリーカー

    アマチュアレスリングで使われる「俵返し」と同型の技。相手の背中越しに腰に手を回して力任せに裏返してしまう。杉浦はここからカナディアン・バックブリーカーに発展させることもある。名前はアレクサンドル・カレリンのカレリンズ・リフトに引っ掛けたもの。過去に断崖式で放ったことがある。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た国民体育大会レスリング競技

    高校生(中京高等学校。現在の中京大学附属中京高等学校)時代は柔道を経験、柔道2段である。自衛隊に入隊し、体育学校に入校、アマチュアレスリングを始める。アマチュアレスリングの全日本選手権グレコローマン82kg級優勝および国体で3度優勝の実績を持つ。その後、オリンピック出場を逃し、一般自衛隊員への異動を命ぜられるが、それを断り本田多聞を慕って全日本プロレスに入団、田上明の付き人となる。入団直後、デビュー前に同団体が分裂。練習生のままノアに移籍した。2000年12月23日、東京・有明コロシアムにおける志賀賢太郎、金丸義信、森嶋猛戦で、ノア最初の新人レスラーとしてデビュー(パートナーは井上雅央と力皇猛)した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たジャーマン・スープレックス

    通常と違い、鳩尾から胸の辺りをクラッチするジャーマン・スープレックス。投げっぱなし式の場合、投げられた相手は顔面あたりからマットに叩きつけられることになる。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たグローバル・リーグ戦

    座り込んで締め上げる事が多く、2011年のグローバル・リーグ戦ではKENTAを失神KOさせており、佐野巧真との対戦でもタップを奪う等、フィニッシュ技としても十分な威力を持つ。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見たプロレス大賞

    12月6日、日本武道館にて潮?豪の保持するGHCヘビー級王座に挑戦し、これを奪取。丸藤正道以来となるGHC王座グランドスラム(白GHCを除く)を達成。これが認められ、12月10日、2009年プロレス大賞殊勲賞を受賞。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た日本

    杉浦 貴(すぎうら たかし、1970年5月31日 - )は、日本の男性プロレスラーである。愛知県名古屋市出身。プロレスリング・ノア所属。元自衛官。血液型B型。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

101件中 71 - 80件表示

「杉浦貴」のニューストピックワード