前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示
  • 長江実業

    長江実業から見た李嘉誠李嘉誠

    現会長の李嘉誠が1950年代に長江工業有限公司として創業し、その後香港の発展と共に主導的地位を築きあげた。長江実業として1972年に香港証券取引所に上場。香港で最大の不動産開発企業のひとつであり、商工業などその他の産業でも重要な地位を占める。現社長兼副会長は、現会長李嘉誠の長男、李澤鉅(Victor Li)。長江実業 フレッシュアイペディアより)

  • 李沢楷

    李沢楷から見た李嘉誠李嘉誠

    李澤楷(英:Richard Li, 1966年11月8日-)は香港の実業家。大富豪李嘉誠の次男で、香港の通信会社PCCWを含むパシフィック・センチュリー・グループ(PCG)の創業者である。李沢楷 フレッシュアイペディアより)

  • ハチソン・ワンポア

    ハチソン・ワンポアから見た李嘉誠李嘉誠

    ハチソン・ワンポア・リミテッド(英文社名:/略称:HWL, 中文社名:、)は、阿片戦争を契機に香港を地政学的な拠点とする英国資本のコングロマリット。現地海運アライアンスのコアとなった。1980年代から長江実業グループ傘下の多国籍企業である。2015年1月、グループの李嘉誠がテレフォニカにO2というプロバイダー事業を買収したいと申し出たが、しかしこのBTグループとセキュリコア(Securicor)の合弁事業がもともと巨大であったことなどが理由となり、2016年に欧州委員会の反トラ委員会が取引をやめさせた。ハチソン・ワンポア フレッシュアイペディアより)

  • 2005年度世界長者番付

    2005年度世界長者番付から見た李嘉誠李嘉誠

    李嘉誠 (1兆8800億) 中国 (香港)2005年度世界長者番付 フレッシュアイペディアより)

  • 香港の対外関係

    香港の対外関係から見た李嘉誠李嘉誠

    なお、犯人引渡し協定は、刑事訴訟手続きや刑罰などの制度が双方で違いすぎ、(特に香港から中国大陸に引き渡す場合)被告の人権に関して問題が多いことから、未だ締結されていない。仮に中国大陸において、香港で犯罪を起こしたものが逮捕された場合は、これまで中国大陸の裁判所で裁かれ、処罰されている。特に張子強事件(香港で李嘉誠の長男である李沢鉅などを身代金目的で誘拐した容疑により、広東省で逮捕・処刑された)では、香港の排他的な刑事管轄権が成立していないのではないかという議論が起こった。香港の対外関係 フレッシュアイペディアより)

  • 香港特別行政区基本法

    香港特別行政区基本法から見た李嘉誠李嘉誠

    司徒華、李柱銘(以上民主派)、劉皇発(郷事派・保守派)、李福善(裁判官)、李嘉誠(長江集団会長)、譚恵珠(女性、保守派)、譚耀宗、霍英東(左派資本家)、鄭正訓、項淳一、柯在鑠、査良鏞(『明報』創始者、作家 金庸)、査濟民、莫應、黄麗松(香港大学学長)、黄保欣、釈覚光、廖瑤珠(女)、鄔維庸(医師、左派)香港特別行政区基本法 フレッシュアイペディアより)

  • 香港移動通訊

    香港移動通訊から見た李嘉誠李嘉誠

    2001年 - 2月、大富豪李嘉誠の次男・李沢楷が社長を務めるパシフィック・センチュリー・サイバーワークス社は香港電訊を買収し、香港電訊CSLの60%の株をオーストラリアの最大の電信業者テルストラに売却した。中国語社名は「香港流動通訊有限公司」に変更されたが、英語社名は変更せずに「CSL」のまま。香港移動通訊 フレッシュアイペディアより)

  • 香港ラマ島船衝突事故

    香港ラマ島船衝突事故から見た李嘉誠李嘉誠

    香港電灯の親会社、長江実業主席李嘉誠及び副主席李沢鉅:クイーン・マリー病院に負傷者を見舞った。事故に悲しく感じ、被害された社員を助け、被害者の家族に20万香港ドルの慰問金を与えることになった。香港ラマ島船衝突事故 フレッシュアイペディアより)

  • ガイラ

    ガイラから見た李嘉誠李嘉誠

    特技監督の円谷英二からの「腐ったコンブやワカメが体中についているように汚くしろ」という要望に基づき、開米は水に強い造花(ホンコンフラワー)を体表に貼り付け、筆で細かく塗装を行った。ガイラ フレッシュアイペディアより)

  • EDFエナジー

    EDFエナジーから見た李嘉誠李嘉誠

    電力送電網部門は一般的にEDFエナジーネットワークとして知られ、2010年11月に李嘉誠が所有する香港の長江実業に売却された。後に、EDFエナジーネットワークはと改名された。EDFエナジー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示

「李嘉誠」のニューストピックワード