前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
111件中 1 - 10件表示
  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表から見た李承ヨプ (野球)李承ヨプ (野球)

    個人では李承燁が大会本塁打王、朴賛浩が大会最多セーブをマークし、この2人と李鍾範が大会ベストナインに選出された。しかしその一方で、朴明桓がドーピング検査に引っかかって出場停止処分を受けたり、準決勝の日本戦で金炳賢が小笠原道大(北海道日本ハムファイターズ)への死球で警告を受けるなどのトラブルも発生している。2006 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表 フレッシュアイペディアより)

  • サムスン・ライオンズ

    サムスン・ライオンズから見た李承ヨプ (野球)李承ヨプ (野球)

    1990年代後半から2003年までは李承燁が中心選手として活躍していた。サムスン・ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ゴンザレス (内野手)

    ルイス・ゴンザレス (内野手)から見た李承ヨプ (野球)李承ヨプ (野球)

    はアレックス・ラミレスの加入によって背番号49に変更。オープン戦で絶好調だったものの、外国人枠がセス・グライシンガー・マーク・クルーン・李承燁・アレックス・ラミレスで埋まったために二軍で迎える。しかし、李承燁の不振による抹消と入れ替わりに昇格すると、一塁や二塁で堅実な守備を見せ、4月29日の対広島東洋カープ戦では勝ち越し本塁打を放ち、来日初のお立ち台にも上った。その後、セ・パ交流戦初戦で4安打を放つなど、本領を発揮してチームに貢献していたが、同年5月23日、死球による脇腹の打撲を理由に降格。その後、ドーピング違反が発覚したため、5月26日に解雇。6月6日に自由契約公示された(詳細は後述を参照)。ルイス・ゴンザレス (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 金泰均 (1982年生の内野手)

    金泰均 (1982年生の内野手)から見た李承ヨプ (野球)李承ヨプ (野球)

    には自身初めての国際大会である第1回WBC韓国代表にも選出されたが、同じ一塁手である李承燁の控えに甘んじた。同大会では3打席で2四球無安打に終わる。金泰均 (1982年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た李承ヨプ (野球)李承ヨプ (野球)

    「オリックス・バファローズ改造計画」と称し、球団旗・ユニフォーム・ペットマーク・ロゴマークを全部一新、新マスコット(バファローブル、バファローベル)を導入した。交流戦は2位。チーム防御率リーグワーストと投手陣が低迷していたため8月3日付で一軍投手チーフコーチの福間納を育成担当へ降格、育成担当の赤堀元之は一軍投手コーチ(ブルペン)に昇格し、ブルペン担当だった小林宏はベンチへ昇格した。4年連続でシーズン中に投手コーチが交代することになった。その後、8月28日の対ロッテ戦から9月7日の対楽天戦まで1997年以来14年ぶりの9連勝を達成した。9月は18勝5敗1分という好成績で3位となり、調子を落とした2位の北海道と一時は1.5ゲーム差にまで縮めるが、10月は3勝9敗1分と調子を落とし、最後は西武との3位争いの末、18日のシーズン最終戦においてオリックスがソフトバンクに敗れ、同じくこの日最終戦だった西武が勝ったため、わずか勝率1毛差(.0001差)で4位となり3年ぶりのAクラス入りとクライマックスシリーズ出場を逃した。オフには李承燁、朴賛浩、加藤大輔が退団。一方で、西武から許銘傑を、韓国のロッテ・ジャイアンツから李大浩を獲得した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の韓国シリーズ

    2012年の韓国シリーズから見た李承ヨプ (野球)李承ヨプ (野球)

    の韓国シリーズは、公式戦1位の三星ライオンズとプレーオフ勝者の2位SKワイバーンズ間で10月24日から11月1日まで開催され、三星が4勝2敗で2連覇を達成した。韓国シリーズ史上初めて3年連続で同じカードの対決が繰り広げられた。韓国シリーズMVPは打率.348・1本塁打・7打点を記録した李承燁が受賞した。2012年の韓国シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 金翰秀

    金翰秀から見た李承ヨプ (野球)李承ヨプ (野球)

    2009年3月1日、読売ジャイアンツ二軍打撃コーチ研修に就任。一軍のベンチに時々入り、ベンチコーチを務めたり、李承燁の悩み相談役としても活動し、同年9月に帰国した。金翰秀 フレッシュアイペディアより)

  • ペ英洙

    ペ英洙から見た李承ヨプ (野球)李承ヨプ (野球)

    2005年、アジアシリーズの決勝戦の千葉ロッテマリーンズ戦に先発、これが日本での初登板となった。敗戦投手になったものの、高校の先輩である李承燁から2三振を奪った。ペ英洙 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た李承ヨプ (野球)李承ヨプ (野球)

    では、一軍で自身2年振りの開幕投手を務めた。5月20日の対千葉ロッテマリーンズ戦(交流戦)では、8回途中まで完全試合のペースで好投。8回に李承燁に本塁打を打たれたが、被安打はこの本塁打のみで、スタメン全員から三振を奪って無四球完投勝利を達成した。シーズン途中までは10勝3敗と好調だったが、シーズン後半は1勝5敗と不振。阪神タイガースの主砲・金本知憲には、15打数で被安打8、被本塁打4と打ち込まれた。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 李スンヨプ

    李スンヨプから見た李承ヨプ (野球)李承ヨプ (野球)

    李スンヨプ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
111件中 1 - 10件表示