前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
109件中 1 - 10件表示
  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た松坂大輔

    にはシドニーオリンピックに韓国代表として出場。3位決定戦の日本戦で松坂大輔から決勝タイムリーを放ち、五輪韓国代表初のメダルに貢献した。予選リーグの日本戦では松坂から本塁打を記録している。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た王貞治

    韓国・大邱広域市出身、1995年に慶北高等学校卒業後、三星ライオンズに投手として入団したが、高校時代に傷めた左肘が完治せず、白仁天の勧めで打者に転向し、王貞治を真似た一本足打法にフォームを改造。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たアレックス・ラミレス

    手術明けであったが、宮崎春季キャンプを2月半ばで早々に切り上げ、3月からの北京オリンピック野球世界最終予選に韓国代表として出場し、打率.478・本塁打2・打点12という成績で韓国代表を2大会ぶりの本戦出場に導いた。しかし、その余波でオープン戦には2試合しか出場できず、調整の遅れが生じて開幕から14試合で打率.135・本塁打0・打点2と低迷し、4月14日には早々に降格した。北京オリンピック派遣直前の7月25日に再昇格したものの成績は振るわず、打率.141のまま北京五輪に参加した。五輪では韓国代表として出場したが、シーズンの不調を引きずった形で打率1割台となり、予選最終戦ではスタメンを外されるほどの不振に陥った。しかし、準決勝の日本戦では勝ち越し本塁打、決勝のキューバ戦でも先制本塁打を放ち、韓国野球初の金メダル獲得に貢献した。チームに復帰後は8月28日に昇格したが、エイドリアン・バーンサイドの登板予定があるほか、外国人枠(ほか3人はアレックス・ラミレス、マーク・クルーン、セス・グライシンガー)の関係で9月4日に再降格。9月14日に再昇格してからは復調して最終戦まで5番で起用された。結局、45試合で打率.248・本塁打8・打点27。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た阿部慎之助

    一塁守備ではセ・リーグの一塁手での連続無失策記録1225を保持しているなど失策は少ないが、悪送球を止めようとしないという悪癖や、ボールに触れない後逸(そのためエラーは記録されない)などの不満もある。反面、守備範囲内に飛ぶ速いライナー性の当たりへの反応はよく、たまに巨体を飛ばしてのダイビングキャッチも試み、ショートバウンドの捕球も上手い。巨人時代の同僚の阿部慎之助は、守備、特にショートバウンドの捕球は「メジャーも含めて世界一じゃないかな?」と答えている。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たマーク・クルーン

    手術明けであったが、宮崎春季キャンプを2月半ばで早々に切り上げ、3月からの北京オリンピック野球世界最終予選に韓国代表として出場し、打率.478・本塁打2・打点12という成績で韓国代表を2大会ぶりの本戦出場に導いた。しかし、その余波でオープン戦には2試合しか出場できず、調整の遅れが生じて開幕から14試合で打率.135・本塁打0・打点2と低迷し、4月14日には早々に降格した。北京オリンピック派遣直前の7月25日に再昇格したものの成績は振るわず、打率.141のまま北京五輪に参加した。五輪では韓国代表として出場したが、シーズンの不調を引きずった形で打率1割台となり、予選最終戦ではスタメンを外されるほどの不振に陥った。しかし、準決勝の日本戦では勝ち越し本塁打、決勝のキューバ戦でも先制本塁打を放ち、韓国野球初の金メダル獲得に貢献した。チームに復帰後は8月28日に昇格したが、エイドリアン・バーンサイドの登板予定があるほか、外国人枠(ほか3人はアレックス・ラミレス、マーク・クルーン、セス・グライシンガー)の関係で9月4日に再降格。9月14日に再昇格してからは復調して最終戦まで5番で起用された。結局、45試合で打率.248・本塁打8・打点27。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たベニー・アグバヤニ

    復帰間もないボビー・バレンタインのもと、開幕を4番で迎える。開幕戦である対西武ライオンズ戦(西武ドーム)で、松坂大輔から初打席初安打初打点を放つなど好調だったものの、縦の変化球に対応できない弱点が露呈。インコース高めで身体を起こされ、外への変化球で空振りするというパターンが確立され、日本野球への適応に苦戦。開幕からわずか1か月で韓国では経験したことのない降格となり、調整を余儀なくされた。9月21日の西武戦(西武ドーム)ではベニー・アグバヤニ、マット・フランコと共に張誌家から史上初となる外国人3者連続本塁打を放った。結局、シーズンは来日前に目標としていた「打率.290、30本塁打、100打点」には遠く届かず、規定打席も満たせずに打率.240・本塁打14・打点50という期待外れの成績に終わった。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た松井秀喜

    2003年にFA権を取得。メジャーリーグベースボール志向を明らかにしていたため、韓国マスコミではメジャーに移籍すること自体は前提となっており、どこに入団するかが語られていたほどで、本人も「希望はDHのあるア・リーグ」「松井秀喜を2年以内にあらゆる面で越えてみせる」とインタビューで語り、さらにシーズン後の松井稼頭央とのテレビ対談などでも「私はすでにメジャー級」と自信のほどを語っていた。しかし、40人ロースターを確約することとなるメジャー契約を希望する球団が現れず、わずかにロサンゼルス・ドジャースがマイナー契約を提示したに過ぎなかった。これは韓国球界そのものへの評価の低さや、李の所属していた三星の本拠地である大邱市民運動場野球場は、韓国でも指折りの狭さの上に、前述の56号本塁打を放った2006年までラッキーゾーンが存在していたことなどからの個人記録に対する認識、メジャーリーグが外部に求める人材(一塁しか守れないため、起用法が限定される選手をリスクを犯してまで獲得しない)も影響していると見られている。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た川越英隆

    初盗塁:2004年5月5日、対オリックス・ブルーウェーブ8回戦(Yahoo!BBスタジアム)、2回表に二盗(投手:川越英隆、捕手:日高剛)李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た今江敏晃

    オープン戦において打率.050の大不振のまま開幕2軍スタート。しかし、昇格と同時にロッテの下位打線に定着し、このシーズンは打率.260・本塁打30・打点82とプレーオフ進出に貢献。プレーオフは7試合で16打数3安打と鳴りを潜めたが、日本シリーズ(対阪神タイガース戦)では井川慶から本塁打を放った。第3戦ではスタメンを外れたものの、第4戦は先制本塁打を放つなどシリーズ計3本塁打を放って日本一に貢献し、優秀選手賞を受賞した(MVPは今江敏晃)。続くアジアシリーズでは古巣・サムスンとの対決となり、第1戦では5番、決勝戦では3番と主軸を任されたものの、2戦で無安打に終わった。「シーズンを通じて調子の波が大きい」「左投手に弱い」との理由で、相手先発が左投手のときはスタメンを外されるなど、ロッテ時代は最後まで固定レギュラーを任せられなかった。守備位置も、李は本来一塁手だが、ロッテの一塁には福浦和也がおり、DHや左翼手でも出場するなど守備機会は安定しなかった。ロッテに残留との合意報道も出ていたが、ロッテでの起用法に不満があったため、自由契約となる。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たボビー・バレンタイン

    復帰間もないボビー・バレンタインのもと、開幕を4番で迎える。開幕戦である対西武ライオンズ戦(西武ドーム)で、松坂大輔から初打席初安打初打点を放つなど好調だったものの、縦の変化球に対応できない弱点が露呈。インコース高めで身体を起こされ、外への変化球で空振りするというパターンが確立され、日本野球への適応に苦戦。開幕からわずか1か月で韓国では経験したことのない降格となり、調整を余儀なくされた。9月21日の西武戦(西武ドーム)ではベニー・アグバヤニ、マット・フランコと共に張誌家から史上初となる外国人3者連続本塁打を放った。結局、シーズンは来日前に目標としていた「打率.290、30本塁打、100打点」には遠く届かず、規定打席も満たせずに打率.240・本塁打14・打点50という期待外れの成績に終わった。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
109件中 1 - 10件表示

「李承ヨプ」のニューストピックワード