2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
109件中 91 - 100件表示
  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たカツ丼

    カツ丼が好物で、来日当初は毎日のように食べていた。その他、肉類が好きで韓国では「肉王」という渾名で呼ばれたこともあった。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たシドニーオリンピックにおける野球競技

    に初の本塁打王、にシーズン54本塁打の韓国記録をマークし、日韓プロ野球スーパーゲームにも出場。また、シドニーオリンピック予選を兼ねたアジア野球選手権にも出場し、日本戦で本塁打を放った。この年から「ライオンキング」や「国民的打者」の愛称が定着し始めた。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た第24回アジア野球選手権大会

    この年、メジャーからの誘いが依然として無いことと、成績不振、左手親指付け根の手術を理由に翌年のメジャー挑戦を諦めることを決意したとされている。またこの手術(10月に実施)を理由に北京オリンピック野球アジア地区予選韓国代表入りを辞退した。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た左翼手

    韓国時代から外野守備の経験はなかった(学生時代は投手、プロ入り後はファースト)が、ロッテ時代には左翼手も守った。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た2005年の日本シリーズ

    日本シリーズ優秀選手賞:1回 (2005年李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た四球

    大きな弧を描く本塁打を放つ技術を持つ他、ライト方向、レフト方向へと広角に打てる技術を持ち味とする。一方で、選球眼とコンタクトツール、打席内でのバッティングアプローチに難があり、中軸打者としては四球が少なく三振が多い。敬遠も少なく、巨人時代は小笠原やラミレスら前打者を敬遠され、李との勝負を選ばれることもあった。チャンス時に犠牲フライや内野ゴロで打点を稼ぐ器用さに欠ける。だが、韓国では本塁打王を何回も取ったことがあり、韓国・日本プロ野球の通算では現在483本の本塁打を放っている。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たズームイン!!サタデー

    非常に日本語に堪能で、流暢に話す事ができ、リスニングもほぼ完璧である。試合中はベンチで他の選手と談笑している事も多く、ズームイン!!サタデー(ズムサタ)のコーナー「プロ野球熱ケツ情報」やビールかけでのインタビューの際にも披露しているが、メディアやヒーローインタビュー等の正式な場を設けたインタビューの際は韓国語のみを使う。公の場で韓国語のみを使用する理由は「外国人選手は通訳を介してコメントする事」という球団の方針も関わっていると思われる。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たライオン・キング

    韓国プロ野球在籍時代のニックネームは当時の所属チームが三星ライオンズのため、映画『ライオン・キング』にちなんで「ライオンキング」。韓国のスポーツ紙の一つである「スポーツソウル」は、勝手に「スナイパー」という別名をつけて、それを推そうと事あるたびに「スナイパー」を強調したが、他紙ではあまり使用されなかった。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た犠飛

    大きな弧を描く本塁打を放つ技術を持つ他、ライト方向、レフト方向へと広角に打てる技術を持ち味とする。一方で、選球眼とコンタクトツール、打席内でのバッティングアプローチに難があり、中軸打者としては四球が少なく三振が多い。敬遠も少なく、巨人時代は小笠原やラミレスら前打者を敬遠され、李との勝負を選ばれることもあった。チャンス時に犠牲フライや内野ゴロで打点を稼ぐ器用さに欠ける。だが、韓国では本塁打王を何回も取ったことがあり、韓国・日本プロ野球の通算では現在483本の本塁打を放っている。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たメークドラマ

    阪神との最大13ゲーム差を逆転してリーグ連覇(メークレジェンド)し、クライマックスシリーズでは16打数・4安打・2本塁打・4打点の活躍を見せた。しかし、日本シリーズでは18打数・2安打・12三振の大不振に陥り、チームも日本一を逃した。12三振はジャック・ハウエルが1992年に記録した16三振に次ぐ記録で、巨人選手としてはチーム新記録であった。その後、来日以来最低の成績に終わった今季を「野球人生で最悪の1年だった」と振り返り、翌年に集中するとして2009 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表を辞退することを表明した。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
109件中 91 - 100件表示

「李承ヨプ」のニューストピックワード