121件中 51 - 60件表示
  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たジョーン・ジェット

    巨人に移籍後、打席に入る際のBGMは2008年まではジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツの『I Love Rock n'Roll』を使用していたが、2009年はユン・ドヒョンの『ママの歌』になっている。オリックスではDrunken Tigerの『Monster』を使用していた。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た日韓クラブチャンピオンシップ

    WBC出場を辞退。体調を整え、オープン戦では打率.302・本塁打8本・17打点と好調を維持したが、開幕と同時に絶不調となり、エドガルド・アルフォンゾとの併用で右投手登板時を中心の起用となった。本塁打は出るもチャンスに結果が残せず、一時打率が.300を超えるも、そこから無安打が続いて打率を大幅に落としたほか、一塁守備もミスが目立ったため、一軍と二軍を往復する。最後には腰痛を発症して出場選手登録を抹消されたままシーズンを終えた。しかし、日本シリーズでは好調で適時打や本塁打を放つなどして巨人の優勝に貢献し、更に日韓クラブチャンピオンシップでも活躍して巨人の日韓クラブチャンピオンシップ制覇に貢献した。一軍成績は出場77試合、打率.229・本塁打16本・打点36。前年と同様、不振の続いたシーズンとなった。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たロサンゼルス・ドジャース

    2003年にFA権を取得。メジャーリーグ志向を明らかにしていたため、韓国マスコミではメジャーに移籍すること自体は前提となっており、どこに入団するかが語られていたほどで、本人も「希望はDHのあるア・リーグ」「松井秀喜を2年以内にあらゆる面で越えてみせる」とインタビューで語り、さらにシーズン後の松井稼頭央とのテレビ対談などでも「私はすでにメジャー級」と自信のほどを語っていた。しかし、40人ロースターを確約することとなるメジャー契約を希望する球団が現れず、わずかにロサンゼルス・ドジャースがマイナー契約を提示したに過ぎなかった。これは韓国球界そのものへの評価の低さや、56本塁打を放ったものの、李の所属していたサムスンの本拠地である大邱市民運動場野球場は、韓国でも指折りの狭さの上にラッキーゾーンも存在していたことなどから、個人記録に対する認識、メジャーリーグが外部に求める人材(一塁しか守れないため、起用法が限定される選手をリスクを犯してまで獲得しない)も影響していたと見られている。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た日本選手権シリーズ

    日本シリーズ優秀選手賞:1回 (2005年)李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た広島市民球場 (初代)

    100本塁打:2007年7月1日、対広島東洋カープ9回戦(広島市民球場)、2回表に青木高広から右越2ラン ※史上250人目李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た日本プロ野球

    、6月22日の対SKワイバーンズ(大邱市民運動場野球場)戦において、8回裏に金圓衡から通算300号本塁打を放つ。26歳10か月での到達は日本プロ野球の王貞治(27歳3カ月)やMLBのアレックス・ロドリゲス(27歳8カ月)を抜く世界最年少記録とされる、なおこの試合では同点で迎えた9回裏二死満塁の場面に打席が回り、自身初となるサヨナラ満塁本塁打を放っている。序盤から本塁打を量産し、56本塁打を放った。56本目の本塁打は「2億ウォンの価値がある」とされたほか、「(ファンが55号を虫取り網で取ったことから)本拠地の大邱市民運動場野球場では虫取り網が飛ぶように売れる」「李が敬遠されるとグラウンドにゴミが投げ入れられる」など熱狂が拡がった。しかし、55号を放ってから最終戦になるまで本塁打が出ず、李も「(56本は)難しいかもしれない」と弱音を吐いていたが、最終戦に56号本塁打を放った。このボールは満員のスタンドに入らず、当時設置されていたラッキーゾーンに落ち、そこで記念イベントの準備をしていた関係者に拾われて球団に寄贈された。アテネオリンピック野球予選を兼ねたアジア選手権大会では来日して日本戦で4打数1安打を記録している。なお、このとき韓国代表は台湾に敗れて予選敗退に終わっている。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たズームイン!!サタデー

    非常に日本語に堪能で、流暢に話す事ができ、リスニングもほぼ完璧である。北京五輪の日本戦での勝利インタビューでも、日本のメディアに対しては日本語で答えていた。試合中はベンチで他の選手と談笑している事も多く、ズームイン!!サタデー(ズムサタ)のコーナー「プロ野球熱ケツ情報」やビールかけでのインタビューの際にも披露しているが、メディアやヒーローインタビュー等の正式な場を設けたインタビューの際は韓国語のみを使う。公の場で韓国語のみを使用する理由は「外国人選手は通訳を介してコメントする事」という球団の方針も関わっていると思われる。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たビールかけ

    非常に日本語に堪能で、流暢に話す事ができ、リスニングもほぼ完璧である。北京五輪の日本戦での勝利インタビューでも、日本のメディアに対しては日本語で答えていた。試合中はベンチで他の選手と談笑している事も多く、ズームイン!!サタデー(ズムサタ)のコーナー「プロ野球熱ケツ情報」やビールかけでのインタビューの際にも披露しているが、メディアやヒーローインタビュー等の正式な場を設けたインタビューの際は韓国語のみを使う。公の場で韓国語のみを使用する理由は「外国人選手は通訳を介してコメントする事」という球団の方針も関わっていると思われる。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た阪神タイガース

    オープン戦において打率.050の大不振のまま開幕2軍スタート。しかし、昇格と同時にロッテの下位打線に定着し、このシーズンは打率.260・本塁打30・打点82とプレーオフ進出に貢献。プレーオフは7試合で16打数3安打と鳴りを潜めたが、阪神タイガースとの日本シリーズでは井川慶から本塁打を放った。第3戦ではスタメンを外れたものの、第4戦は先制本塁打を放つなどシリーズ計3本塁打を放って日本一に貢献し、優秀選手賞を受賞した(MVPは今江敏晃)。続くアジアシリーズでは古巣・サムスンとの対決となり、第1戦では5番、決勝戦では3番と主軸を任されたものの、2戦で無安打に終わった。「シーズンを通じて調子の波が大きい」「左投手に弱い」との理由で、相手先発が左投手のときはスタメンを外されるなど、ロッテ時代は最後まで固定レギュラーを任せられなかった。ボビー・バレンタインがプラトーン・システムを採用する監督だったためでもある。守備位置も、李は本来一塁手だが、ロッテの一塁には福浦和也がいたため、DHや左翼手でも出場するなど守備機会は安定しなかった。ロッテに残留との合意報道も出ていたが、ロッテでの起用法に不満があったため、自由契約となる。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た広島東洋カープ

    100本塁打:2007年7月1日、対広島東洋カープ9回戦(広島市民球場)、2回表に青木高広から右越2ラン ※史上250人目李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

121件中 51 - 60件表示