121件中 71 - 80件表示
  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た千葉マリンスタジアム

    復帰間もないボビー・バレンタイン監督のもと、開幕を4番で迎える。開幕戦の対西武ライオンズ戦(西武ドーム)で、松坂から初打席初安打初打点を記録、4月4日の福岡ダイエーホークス戦では新垣渚から来日初本塁打を千葉マリンスタジアムのライト後方の場外まで飛ばすなど好調だったものの、縦の変化球に対応できない弱点が露呈。インコース高めで身体を起こされ、外への変化球で空振りするというパターンが確立され、日本野球への適応に苦戦。開幕からわずか1か月で韓国では経験したことのない降格となり、調整を余儀なくされた。9月21日の西武戦(西武ドーム)ではベニー・アグバヤニ、マット・フランコと共に張誌家から史上初となる外国人3者連続本塁打を放った。結局、シーズンは来日前に目標としていた「打率.290、30本塁打、100打点」には遠く届かず、規定打席も満たせずに打率.240・本塁打14・打点50という期待外れの成績に終わった。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たロッテ・ジャイアンツ

    4月7日、本拠地・大邱での開幕戦に3番指名打者で先発出場。4月15日のネクセン戦で、サムスン復帰後の初本塁打を記録した。5月8日のロッテ戦で日韓通算2000本安打を、更に7月29日のネクセン戦で日韓通算500本塁打を達成した。同年は3割21本塁打を記録し、韓国シリーズMVP(最優秀選手)に選ばれ優勝に貢献した。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表

    第1回WBC韓国代表に選出され、一次リーグの日本戦では石井弘寿から逆転2点本塁打、二次リーグのメキシコ戦、アメリカ戦でも先制本塁打を放つなど、4試合連発を含む大会最多の5本塁打・10打点を記録する大活躍で韓国代表を4強に導き、記者投票による優秀選手(ベストナイン)に一塁手として選出された。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た2005年の日本シリーズ

    オープン戦において打率.050の大不振のまま開幕2軍スタート。しかし、昇格と同時にロッテの下位打線に定着し、このシーズンは打率.260・本塁打30・打点82とプレーオフ進出に貢献。プレーオフは7試合で16打数3安打と鳴りを潜めたが、阪神タイガースとの日本シリーズでは井川慶から本塁打を放った。第3戦ではスタメンを外れたものの、第4戦は先制本塁打を放つなどシリーズ計3本塁打を放って日本一に貢献し、優秀選手賞を受賞した(MVPは今江敏晃)。続くアジアシリーズでは古巣・サムスンとの対決となり、第1戦では5番、決勝戦では3番と主軸を任されたものの、2戦で無安打に終わった。「シーズンを通じて調子の波が大きい」「左投手に弱い」との理由で、相手先発が左投手のときはスタメンを外されるなど、ロッテ時代は最後まで固定レギュラーを任せられなかった。ボビー・バレンタインがプラトーン・システムを採用する監督だったためでもある。守備位置も、李は本来一塁手だが、ロッテの一塁には福浦和也がいたため、DHや左翼手でも出場するなど守備機会は安定しなかった。ロッテに残留との合意報道も出ていたが、ロッテでの起用法に不満があったため、自由契約となる。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム優秀選手賞:1回 (2005年第2戦)李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たキア・オピラス

    この年から背番号を25に変更する。前年に手術した左膝のほかに左肩や左手親指にも炎症を起こすなど故障が多く、2軍降格や7番打者での出場も経験するなど苦しいシーズンとなった。7月には日本通算100本塁打を達成したことを記念して、起亜自動車からニューオピラスが贈呈された。終盤に4番に復帰したものの成績は打率.274・本塁打30・打点74に終わる。クライマックスシリーズ第2ステージでは、3試合で3安打を放つも0打点だった。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見たフォークボール

    落ちる変化球、特にフォークボールに弱く、オリックス所属時代の2011年に中央日報に「フォークボール恐怖症」「フォークボールはつり球で、待てばほとんどボールになる。しかし李承ヨプは気が短いためか悪い球に手を出している。スイングを修正しなければ1軍に復帰しても難しい」と報じられた。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た中央日報

    落ちる変化球、特にフォークボールに弱く、オリックス所属時代の2011年に中央日報に「フォークボール恐怖症」「フォークボールはつり球で、待てばほとんどボールになる。しかし李承ヨプは気が短いためか悪い球に手を出している。スイングを修正しなければ1軍に復帰しても難しい」と報じられた。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た内野手

    李 承燁(イ・スンヨプ、韓国語:???、1976年10月11日 - )は、大韓民国の大邱広域市出身の元プロ野球選手(内野手)。左投げ左打ち。現役時代は韓国プロ野球のサムスン・ライオンズで活躍し、日本の千葉ロッテマリーンズ・読売ジャイアンツ・オリックス・バファローズにも所属した。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た太極旗

    2018年2月9日、平昌オリンピック開会式にて、韓国の国旗である太極旗が入場する際の旗手の1人を務めた。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

121件中 71 - 80件表示