前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示
  • 福田秀平

    福田秀平から見た李ボム浩李ボム浩

    ''、1月は田中浩康に弟子入りして海外自主トレを行い、春季キャンプはA組スタートとなったが、練習試合の守備でミスを連発してB組降格となった。同年の二軍公式戦では3月から一塁手、5月7日から外野手として出場した。4月29日に、4年目にして初めて出場選手登録され、4月30日の対千葉ロッテマリーンズ戦(福岡 Yahoo! JAPANドーム)で8回1点リード一死満塁の場面で李ボム浩の代走として出場し、プロ初出場を記録した。その後は代走で出場し、5月12日の対中日ドラゴンズ戦の6回にプロ初打席を代打で迎えたが吉見一起の前に空振り三振に倒れた。5月22日の対広島戦では8番中堅手でプロ初の先発出場を果たし、4点リードの3回第2打席・一死満塁の場面で梅津智弘からレフト線へ2点エンタイトルツーベースで初安打・初打点を記録した。中堅手としては二軍で2試合しか守った事が無かったため、7回5点リード一死二三塁の守備では石原慶幸の打球を追う際に転倒し、これが2点タイムリー打となって直後に先発・和田毅は降板、自身も城所龍磨と交代した。6月6日に長谷川勇也に代わり二軍降格となったが、6月22日再昇格し、7月19日の対埼玉西武ライオンズ戦の5回2点リード一死一塁の場面で許銘傑?上本達之バッテリーからプロ初盗塁を記録して得点も挙げた。その後は代走要員としてシーズン終了まで一軍に残り、最終的に44試合で15得点を挙げたが、盗塁は3つにとどまった。一軍では先発出場はわずか4試合、守備時は外野の全ポジションと一塁で起用された。福田秀平 フレッシュアイペディアより)

  • ハンファ・イーグルス

    ハンファ・イーグルスから見た李ボム浩李ボム浩

    2009年は金寅植監督がWBC(ワールドベースボールクラシック)の韓国代表監督を務め準優勝という好成績を残したものの、肝心の自身の率いるチームは投手陣の世代交代失敗や、主砲金泰均の長期離脱もあり、6月から最下位を独走するようになった。そして長年チームを支えた宋津宇、鄭珉哲の2人のベテラン投手も引退を表明し、一軍リーグ参入初年度の1986年以来となる23年ぶりの年間最下位を記録するなど、転機の1年となった。また金寅植監督もこの年限りで退任し、新監督には大田出身ながら現役時代や指導者の経歴を通してピングレ・ハンファに在籍したことのない韓大化が就任した。だが11月には金泰均・李ボム浩の2名の主軸打者が日本プロ野球へ、12月には抑え役を務めていたブラッド・トーマスがメジャーリーグへとそれぞれ移籍し、大きな戦力流出となった。ハンファ・イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • 李杋浩

    李杋浩から見た李ボム浩李ボム浩

    李杋浩 フレッシュアイペディアより)

  • イ・ボムホ

    イ・ボムホから見た李ボム浩李ボム浩

    イ・ボムホ フレッシュアイペディアより)

  • 李机浩

    李机浩から見た李ボム浩李ボム浩

    李机浩 フレッシュアイペディアより)

  • 朴基南

    朴基南から見た李ボム浩李ボム浩

    2009年シーズン序盤金相賢と共にトレードで起亜タイガースに移籍。2010年に金相賢がケガにより戦線を離脱すると、代役となり水準以上の活躍を見せるなど、内野の控えとして重宝されてきた。2012年はシーズン後半、李?浩が故障で離脱すると三塁のレギュラーに定着した。2015年で現役を引退し、起亜の球団職員となった。朴基南 フレッシュアイペディアより)

  • 宋光敏

    宋光敏から見た李杋浩李ボム浩

    2009年は、7番ショートでレギュラーに定着。5月17日は、自身初の1試合2本塁打を放ちシーズン通じてショートのポジションを守り抜き、100試合に出場。2010年は、李?浩の日本放出でサードへの転向が決まった。しかしシーズン中の同年6月、兵役への入隊令状が届き訓練所へ入所したが、怪我により一旦退所し手術を受けた。翌2011年から兵役に就き、2013年6月除隊されハンファに復帰した。宋光敏 フレッシュアイペディアより)

  • 李賢坤

    李賢坤から見た李杋浩李ボム浩

    高校生だった、1998年にドラフトで起亜タイガースから指名されたが、延世大学校進学のため拒否。4年後の2002年に改めて起亜タイガースへ入団。2004年のシーズンオフに兵役を逃れようとした不正が発覚し、翌2005年に入隊したが甲状腺の疾患を患い除隊。2006年に起亜へ復帰。2007年には、好球必打のスタイルで安打を量産。自身初のタイトルである首位打者へ輝く。2010年以降は若手の成長や李?浩の加入により、内野のユーティリティープレイヤーとして起用されたが、2012年はたった6試合の出場にとどまり、オフにFA(フリーエージェント)を行使し新球団NCダイノスへ移籍した。2014年限りで引退し2015年からNCのコーチとなった。李賢坤 フレッシュアイペディアより)

  • 羅志完

    羅志完から見た李杋浩李ボム浩

    即戦力として、球団初の新人が開幕4番を果たす。2009年シーズンは、李容圭の離脱によりレギュラーに定着。打率は高くないが、パンチ力と確かな選球眼を武器に5番ないし7番の打順を任されることが多かった。韓国シリーズでは第7戦にサヨナラホームランを放ち、起亜の12年ぶり10回目の優勝に貢献し、シリーズMVPに輝く。尚、韓国シリーズでのサヨナラホームランは史上3人目で、優勝を決定づけるサヨナラホームランは史上2人目(第7戦では史上初、2002年の馬海泳は第6戦で記録)。2010年は故障もあって、前年より出場試合数や本塁打数が減少した。2011年は故障で序盤を棒に振ったが、シーズン後半は戦線離脱した李?浩の代役で4番を任され活躍した。2012年は主力打者が相次いで離脱する中、2年ぶりに100試合以上に出場した。2013年は離脱者続出の打線においてチーム最多の96打点を記録した。2014年9月、仁川アジア大会の韓国代表に選ばれ、韓国の優勝で兵役免除の恩恵を受けることになった。2015年は7年ぶりに本塁打数が1ケタに終わるなど成績が低下した。2016年は自己最多の25本塁打と復活した。羅志完 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本プロ野球

    2009年の日本プロ野球から見た李机浩李ボム浩

    11月19日 - ソフトバンクが韓国プロ野球のハンファ・イーグルスの李机浩を獲得を発表。2009年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示

「李机浩」のニューストピックワード

  • 菅義偉内閣に対するあなたのご意見を自由にお書きください