前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示
  • 福田秀平

    福田秀平から見た李ボム浩李ボム浩

    は4月に初めて1軍に昇格し、4月30日の千葉ロッテマリーンズ戦で李ボム浩の代走として出場し、プロ初出場を記録した。5月22日の広島東洋カープ戦には中堅手で初先発。梅津智弘から初安打となるタイムリーツーベースを放った。しかし、守備で転倒してしまうなどのミスを起こしてしまい、途中交代させられ、その後は主に代走要員として一軍に定着したが、わずか3盗塁に留まった。オフに左打ちに専念した。福田秀平 フレッシュアイペディアより)

  • ハンファ・イーグルス

    ハンファ・イーグルスから見た李ボム浩李ボム浩

    2009年は金寅植監督がWBC(ワールドベースボールクラシック)の韓国代表監督を務め準優勝という好成績を残したものの、肝心の自身の率いるチームは投手陣の世代交代失敗や、主砲金泰均の長期離脱もあり、6月から最下位を独走するようになった。そして長年チームを支えた宋津宇、鄭珉哲の2人のベテラン投手も引退を表明し、一軍リーグ参入初年度の1986年以来となる23年ぶりのシーズン最下位を記録するなど、転機の1年となった。また金寅植監督もこの年限りで退任し、新監督には大田出身ながら現役時代や指導者の経歴を通してピングレ・ハンファに在籍したことのない韓大化が就任した。だが11月には金泰均・李ボム浩の2名の主軸打者が日本プロ野球へ、12月には抑え役を務めていたブラッド・トーマスがメジャーリーグへとそれぞれ移籍し、大きな戦力流出となった。ハンファ・イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • 李杋浩

    李杋浩から見た李ボム浩李ボム浩

    李杋浩 フレッシュアイペディアより)

  • イ・ボムホ

    イ・ボムホから見た李ボム浩李ボム浩

    イ・ボムホ フレッシュアイペディアより)

  • 李机浩

    李机浩から見た李ボム浩李ボム浩

    李机浩 フレッシュアイペディアより)

  • 張鍾勲

    張鍾勲から見た李ボム浩李ボム浩

    引退後は2軍打撃コーチとしてチームに残り、若手の育成に力を注いだ。2008年から1軍打撃コーチに昇格。金泰均(キム・テギュン)、李浩(イ・ボムホ、2011年より起亜)など、自身が引退した後のチームを支えた主砲たちを指導した。張鍾勲 フレッシュアイペディアより)

  • 李賢坤

    李賢坤から見た李杋浩李ボム浩

    高校生だった、1998年にドラフトで起亜タイガースから指名されたが、延世大学校進学のため拒否。4年後の2002年に改めて起亜タイガースへ入団。2004年のシーズンオフに兵役を逃れようとした不正が発覚し、翌2005年に入隊したが甲状腺の疾患を患い除隊。2006年に起亜へ復帰。2007年には、好球必打のスタイルで安打を量産。自身初のタイトルである首位打者へ輝く。2010年以降は若手の成長や李?浩の加入により、内野のユーティリティープレイヤーとして起用されたが、2012年はたった6試合の出場にとどまり、オフにFA(フリーエージェント)を行使し新球団NCダイノスへ移籍した。李賢坤 フレッシュアイペディアより)

  • 宋光敏

    宋光敏から見た李杋浩李ボム浩

    2009年は、7番ショートでレギュラーに定着。5月17日は、自身初の1試合2本塁打を放ちシーズン通じてショートのポジションを守り抜き、100試合に出場。2010年は、李?浩の日本放出でサードへの転向が決まった。その矢先、兵役への入隊令状が届き、2年間の兵役に就くことに。宋光敏 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の野球

    2009年の野球から見た李机浩李ボム浩

    ソフトバンクが韓国プロ野球のハンファ・イーグルスからFA宣言した李机浩内野手を獲得したと発表。2009年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 朴基南

    朴基南から見た李ボム浩李ボム浩

    2009年シーズン序盤金相賢と共にトレードで起亜タイガースに移籍。2010年に金相賢がケガにより戦線を離脱すると、代役となり水準以上の活躍を見せるなど、内野の控えとして重宝されてきた。2012年はシーズン後半、李?浩が故障で離脱すると三塁のレギュラーに定着した。朴基南 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示