1 2 次へ
19件中 11 - 19件表示
  • 羅志完

    羅志完から見た李杋浩李ボム浩

    即戦力として、球団初の新人が開幕4番を果たす。2009年シーズンは、李容圭の離脱によりレギュラーに定着。打率は高くないが、パンチ力と確かな選球眼を武器に5番ないし7番の打順を任されることが多かった。韓国シリーズでは第7戦にサヨナラホームランを放ち、起亜の12年ぶり10回目の優勝に貢献し、シリーズMVPに輝く。尚、韓国シリーズでのサヨナラホームランは史上3人目で、優勝を決定づけるサヨナラホームランは史上2人目(第7戦では史上初、2002年の馬海泳は第6戦で記録)。2010年は故障もあって、前年より出場試合数や本塁打数が減少した。2011年は故障で序盤を棒に振ったが、シーズン後半は戦線離脱した李?浩の代役で4番を任され活躍した。2012年は主力打者が相次いで離脱する中、2年ぶりに100試合以上に出場した。羅志完 フレッシュアイペディアより)

  • 李杜軒

    李杜軒から見た李ボム浩李ボム浩

    2009年12月14日、同姓の李机浩が入団したことにより、背ネームをT.LEEに変更。(それまではLEE)李杜軒 フレッシュアイペディアより)

  • 金泰完

    金泰完から見た李机浩李ボム浩

    2010年、金泰均と李机浩の日本進出でチェ・ジンヘンと共に打線の中軸になり3番ファーストとして起用されることに。李宅根が持つプロ野球最多出塁記録のタイ記録を、4月10日ロッテ戦(社稷野球場)で達成。4月18日、ネクセン戦で強襲打球を受け負傷退場。4月21日1軍登録抹消。5月11日1軍に再び登録される。6月以降SKワイバーンズを苦にし、6月8日に起亜タイガースから移籍した張盛好の加入により、指名打者として出場する起用方針へ変わる。2010年アジア競技大会の野球代表として候補の一人になったが結局選出されず、シーズンオフから2年間の兵役に服することに。2013年よりハンファに復帰。金泰完 フレッシュアイペディアより)

  • 安永命

    安永命から見た李ボム浩李ボム浩

    2011年2月、李ボム浩が起亜と契約した際の人的補償としてハンファが指名し、古巣への復帰が決まった。同年シーズン終了後、軍へ入隊した。安永命 フレッシュアイペディアより)

  • 11月25日

    11月25日から見た李ボム浩李ボム浩

    1981年 - 李?浩、野球選手11月25日 フレッシュアイペディアより)

  • 2009 ワールド・ベースボール・クラシック A組

    2009 ワールド・ベースボール・クラシック A組から見た李ボム浩李ボム浩

    韓国代表が前日のコールド負けから立ち直り、中国代表をコールドで破った。先発尹錫珉が6回無失点の好投。打線も李ボム浩 の2ランホームランなど奮起した。2009 ワールド・ベースボール・クラシック A組 フレッシュアイペディアより)

  • 大邱広域市

    大邱広域市から見た李杋浩李ボム浩

    李?浩=イ・ボムホ、プロ野球選手。起亜タイガース所属大邱広域市 フレッシュアイペディアより)

  • 起亜タイガース

    起亜タイガースから見た李杋浩李ボム浩

    25 李?浩(イ・ボムホ)起亜タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 1981年

    1981年から見た李ボム浩李ボム浩

    11月25日 - 李ボム浩、野球選手1981年 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
19件中 11 - 19件表示