30件中 11 - 20件表示
  • 李ボム浩

    李ボム浩から見た北海道日本ハムファイターズ

    初出場・初先発出場:2010年3月20日、対北海道日本ハムファイターズ1回戦(札幌ドーム)、6番・指名打者として先発出場李ボム浩 フレッシュアイペディアより)

  • 李ボム浩

    李ボム浩から見た遊撃手

    3年目の2002年、遊撃手でIBAFインターコンチネンタルカップに出場。キューバ戦に本塁打を打つなどチームの準優勝を牽引。2004年は打率.308・23本塁打・74打点と自己最高の成績を残し、この年から2007年まで4年連続20本塁打を記録。2005年は遊撃手から三塁手へコンバートされた。自己最高の26本塁打を放ち、投票で金東柱に僅差で勝って三塁でゴールデングラブ賞を初受賞。李ボム浩 フレッシュアイペディアより)

  • 李ボム浩

    李ボム浩から見た起亜タイガース

    李 浩(イ・ボムホ、1981年11月25日 - )は、起亜タイガースに所属するプロ野球選手(内野手)。大韓民国出身。李ボム浩 フレッシュアイペディアより)

  • 李ボム浩

    李ボム浩から見た2009 ワールド・ベースボール・クラシック

    自身初めての国際大会2006WBCは目立った活躍はなかった。2009WBCの韓国代表にも選ばれた。2009年大会、2次ラウンド順位決定戦では田中将大から同点ホームランを放った。また3対2でリードされた決勝戦の9回裏、2死一・二塁の場面でダルビッシュ有から三遊間を抜ける同点適時打を放つなど、韓国の準優勝に大きく貢献。大会通じて打率.400・3本塁打・7打点の好成績を残し、三塁手のベストナインに選ばれた。シーズンも自身最高となる打点79を挙げた。李ボム浩 フレッシュアイペディアより)

  • 李ボム浩

    李ボム浩から見たゴールデングラブ賞 (韓国)

    ゴールデングラブ賞:2回(2005年 - 2006年) - 三塁手李ボム浩 フレッシュアイペディアより)

  • 李ボム浩

    李ボム浩から見た三塁手

    3年目の2002年、遊撃手でIBAFインターコンチネンタルカップに出場。キューバ戦に本塁打を打つなどチームの準優勝を牽引。2004年は打率.308・23本塁打・74打点と自己最高の成績を残し、この年から2007年まで4年連続20本塁打を記録。2005年は遊撃手から三塁手へコンバートされた。自己最高の26本塁打を放ち、投票で金東柱に僅差で勝って三塁でゴールデングラブ賞を初受賞。李ボム浩 フレッシュアイペディアより)

  • 李ボム浩

    李ボム浩から見た長打率

    韓国有数のクラッチヒッター。打率に比べて圧倒的な長打率を記録しており、特に得点圏打率が非常に高い選手として知られている。KBOの歴代プロ野球準プレーオフで最も多いホームラン数(7個)を記録している選手でもある。李ボム浩 フレッシュアイペディアより)

  • 李ボム浩

    李ボム浩から見た指名打者

    初出場・初先発出場:2010年3月20日、対北海道日本ハムファイターズ1回戦(札幌ドーム)、6番・指名打者として先発出場李ボム浩 フレッシュアイペディアより)

  • 李ボム浩

    李ボム浩から見たキューバ

    3年目の2002年、遊撃手でIBAFインターコンチネンタルカップに出場。キューバ戦に本塁打を打つなどチームの準優勝を牽引。2004年は打率.308・23本塁打・74打点と自己最高の成績を残し、この年から2007年まで4年連続20本塁打を記録。2005年は遊撃手から三塁手へコンバートされた。自己最高の26本塁打を放ち、投票で金東柱に僅差で勝って三塁でゴールデングラブ賞を初受賞。李ボム浩 フレッシュアイペディアより)

  • 李ボム浩

    李ボム浩から見たプロ野球選手

    李 浩(イ・ボムホ、1981年11月25日 - )は、起亜タイガースに所属するプロ野球選手(内野手)。大韓民国出身。李ボム浩 フレッシュアイペディアより)

30件中 11 - 20件表示