前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示
  • 村上 弘明

    村上弘明から見た藤沢周平

    1992年、NHKの金曜時代劇『腕におぼえあり』に主演。この作品は単調な勧善懲悪ではなく、藤沢周平の人気小説『用心棒日月抄』を原作とした複雑な展開を持ち、村上は逆境を前向きに生きる脱藩浪人を演じた。ユニークで力強い立回りも披露し大ヒット、原作の続編をもとにシリーズ化も行われた。村上弘明 フレッシュアイペディアより)

  • 村上 弘明

    村上弘明から見た小和田哲男

    1996年の『秀吉』では明智光秀を演じた。これは時代考証を担当した小和田哲男の「明智光秀はこれまでの時代劇では悪役が多かったが、歴史的に見れば悪役とはいいがたい面もある。明智役は若くて爽やかで清潔感のある人を」という意見に沿って決められた配役であり、小和田自身も満足していたと語っている。村上が演じたことにより光秀の居城である丹波亀山城や首塚(亀岡市宮前町の谷性寺)のあった京都府亀岡市を訪れる観光客が増加したことを地元の京都新聞が報道した。また、1999年『元禄繚乱』でも、準主役級の柳沢吉保役を演じた。『元禄繚乱』の放送終了後、長期にわたって大河ドラマの出演が途切れていたが、2013年放送の『八重の桜』で松平春嶽を演じることが決まり、14年ぶりに大河ドラマへの出演を果たすこととなった。同作が東日本大震災からの復興のために作られる側面を持つことから、出演を決めたとのことである。村上弘明 フレッシュアイペディアより)

  • 村上 弘明

    村上弘明から見た武田薬品工業

    タケダ薬品 アリナミンA25(1987年 - 1998年)村上弘明 フレッシュアイペディアより)

  • 村上 弘明

    村上弘明から見たパナソニック電工

    Panasonic ドルツ(2001年 - 2003年)村上弘明 フレッシュアイペディアより)

  • 村上 弘明

    村上弘明から見た田島都

    岩手県陸前高田市出身。身長185cm、体重73kg、血液型はA型。スリーサイズはB100-W80-H100cm。宮城県気仙沼高等学校卒業、法政大学法学部政治学科中退。妻は元モデルの田島都。4子あり。村上弘明 フレッシュアイペディアより)

  • 村上 弘明

    村上弘明から見たオスカープロモーション

    村上 弘明(むらかみ ひろあき、1956年12月22日 - )は、日本の俳優。本名同じ。オスカープロモーション所属(元オフィス佐々木所属)。村上弘明 フレッシュアイペディアより)

  • 村上 弘明

    村上弘明から見た明智光秀

    1996年の『秀吉』では明智光秀を演じた。これは時代考証を担当した小和田哲男の「明智光秀はこれまでの時代劇では悪役が多かったが、歴史的に見れば悪役とはいいがたい面もある。明智役は若くて爽やかで清潔感のある人を」という意見に沿って決められた配役であり、小和田自身も満足していたと語っている。村上が演じたことにより光秀の居城である丹波亀山城や首塚(亀岡市宮前町の谷性寺)のあった京都府亀岡市を訪れる観光客が増加したことを地元の京都新聞が報道した。また、1999年『元禄繚乱』でも、準主役級の柳沢吉保役を演じた。『元禄繚乱』の放送終了後、長期にわたって大河ドラマの出演が途切れていたが、2013年放送の『八重の桜』で松平春嶽を演じることが決まり、14年ぶりに大河ドラマへの出演を果たすこととなった。同作が東日本大震災からの復興のために作られる側面を持つことから、出演を決めたとのことである。村上弘明 フレッシュアイペディアより)

  • 村上 弘明

    村上弘明から見た藤原清衡

    同1985年には、NHK大河ドラマ『春の波涛』に出演。NHK大河ドラマにはこれ以降も比較的重要な役で出演しており、1988年には『武田信玄』で農民から一城の主となる異色の武将高坂昌信役を、1993年の『炎立つ』では第二部で主演となる藤原清衡を演じた。村上弘明 フレッシュアイペディアより)

  • 村上 弘明

    村上弘明から見た柳沢吉保

    1996年の『秀吉』では明智光秀を演じた。これは時代考証を担当した小和田哲男の「明智光秀はこれまでの時代劇では悪役が多かったが、歴史的に見れば悪役とはいいがたい面もある。明智役は若くて爽やかで清潔感のある人を」という意見に沿って決められた配役であり、小和田自身も満足していたと語っている。村上が演じたことにより光秀の居城である丹波亀山城や首塚(亀岡市宮前町の谷性寺)のあった京都府亀岡市を訪れる観光客が増加したことを地元の京都新聞が報道した。また、1999年『元禄繚乱』でも、準主役級の柳沢吉保役を演じた。『元禄繚乱』の放送終了後、長期にわたって大河ドラマの出演が途切れていたが、2013年放送の『八重の桜』で松平春嶽を演じることが決まり、14年ぶりに大河ドラマへの出演を果たすこととなった。同作が東日本大震災からの復興のために作られる側面を持つことから、出演を決めたとのことである。村上弘明 フレッシュアイペディアより)

  • 村上 弘明

    村上弘明から見た松平慶永

    1996年の『秀吉』では明智光秀を演じた。これは時代考証を担当した小和田哲男の「明智光秀はこれまでの時代劇では悪役が多かったが、歴史的に見れば悪役とはいいがたい面もある。明智役は若くて爽やかで清潔感のある人を」という意見に沿って決められた配役であり、小和田自身も満足していたと語っている。村上が演じたことにより光秀の居城である丹波亀山城や首塚(亀岡市宮前町の谷性寺)のあった京都府亀岡市を訪れる観光客が増加したことを地元の京都新聞が報道した。また、1999年『元禄繚乱』でも、準主役級の柳沢吉保役を演じた。『元禄繚乱』の放送終了後、長期にわたって大河ドラマの出演が途切れていたが、2013年放送の『八重の桜』で松平春嶽を演じることが決まり、14年ぶりに大河ドラマへの出演を果たすこととなった。同作が東日本大震災からの復興のために作られる側面を持つことから、出演を決めたとのことである。村上弘明 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
47件中 1 - 10件表示

「村上弘明」のニューストピックワード