前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
671件中 1 - 10件表示
  • 日本の近現代文学史

    日本の近現代文学史から見た村上春樹村上春樹

    村上龍が『限りなく透明に近いブルー』(1976年)でヘロインと乱交にあけくれる若者を描き芥川賞を受賞し、大いに注目された。以後、『コインロッカー・ベイビーズ』(1980年)などを発表した。村上龍とともに語られるのが、1979年に『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞してデビューした村上春樹である。『羊をめぐる冒険』(1982年)などのアメリカ文学の影響を受けた作風が支持された。『泥の河』(1977年)で宮本輝が登場し、『蛍川』(1977年)『道頓堀川』(1978年)を合わせた川三部作により戦後大阪の庶民の姿を描いた。日本の近現代文学史 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木マキ

    佐々木マキから見た村上春樹村上春樹

    佐々木 マキ(ささき マキ、男性、1946年10月18日 - )は、日本の漫画家、絵本作家、イラストレーター。神戸市出身。京都市在住。1966年、『ガロ』掲載の「よくあるはなし」で漫画家としてデビュー、同誌を中心に実験的な漫画家として活躍。1973年からは絵本の分野に活動の場を移し、『やっぱりおおかみ』や、『ムッシュ・ムニエル』シリーズ、『ぶたのたね』シリーズ、『ねむいねむいねずみ』シリーズなど、ナンセンスな味わいのある絵本を多数発表している。また村上春樹の著作をはじめとして、イラストレーターとして多数の装画や挿絵を手がけている。佐々木マキ フレッシュアイペディアより)

  • 1979年の文学

    1979年の文学から見た村上春樹村上春樹

    4月 - 第22回群像新人文学賞が発表される。村上春樹の『風の歌を聴け』が受賞。1979年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の文学

    2009年の文学から見た村上春樹村上春樹

    1月21日 - イスラエルの文学賞であるエルサレム賞に、村上春樹が選ばれる。授賞式は、2月15日の予定 。2009年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋歩

    大橋歩から見た村上春樹村上春樹

    1998年、愛媛県松山市で銅版画の個展「君だけ好き」を開く。「君だけ好き」は翌1999年、東京都青山の画廊スペースユイでも開かれ、『イラストレーション』(玄光社)11月号に特集記事が組まれた。作品の評判は小説家の村上春樹の耳に届き、『anan』の編集長から「玄光社の『イラストレーション』に出ていた版画を見せてもらいたい」という電話が入る。実際の版画を見た村上は大橋にイラストレーションを依頼し、『anan』連載コラム「村上ラヂオ」の挿絵に使われることが決まった。2000年3月17日号から連載開始。同コラムはのちに大橋の挿絵と共に、『村上ラヂオ』、『おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2』、『サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3』の3冊の書籍にまとめられた。大橋歩 フレッシュアイペディアより)

  • グレート・ギャツビー

    グレート・ギャツビーから見た村上春樹村上春樹

    自ら翻訳している村上春樹は自著『ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック』(中公文庫)で「高貴さ・喜劇性・悲劇性をたっぷりともつ作劇術「アメリカン・ドラマツルギー」を20世紀の初頭に出現した巨大な大衆社会にすっぽりと適合させ、アメリカ文学の新しい方向性を切り開く先駆となった」といい、「過不足のない要を得た人物描写、ところどころに現れる深い内省、ヴィジュアルで生々しい動感、良質なセンチメンタリズムと、どれをとっても古典と呼ぶにふさわしい優れた作品となっている」という。グレート・ギャツビー フレッシュアイペディアより)

  • トニー滝谷

    トニー滝谷から見た村上春樹村上春樹

    「トニー滝谷」(トニーたきたに)は、村上春樹の短編小説。2005年、市川準監督により映画化された。トニー滝谷 フレッシュアイペディアより)

  • 川村湊

    川村湊から見た村上春樹村上春樹

    村上春樹については、初期・中期の作品に高い評価を与えつつも、『ダンス・ダンス・ダンス』以降の作品に対しては進歩が見られないとして批判的である。なお、Wikipedia川村湊 フレッシュアイペディアより)

  • 挨拶はむづかしい

    挨拶はむづかしいから見た村上春樹村上春樹

    村上春樹『風の歌を聴け』群像新人賞贈呈式での祝辞挨拶はむづかしい フレッシュアイペディアより)

  • 1987年の文学

    1987年の文学から見た村上春樹村上春樹

    9月4日 - 村上春樹の『ノルウェイの森』が講談社より発売される。同書は1987年年間ベストセラーの総合9位、1988年年間ベストセラーの総合2位、1989年年間ベストセラーの総合9位を記録した。1987年の文学 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
671件中 1 - 10件表示

「村上春樹」のニューストピックワード