386件中 91 - 100件表示
  • 水牛健太郎

    水牛健太郎から見た村上春樹村上春樹

    2005年、村上春樹を論じた「過去 メタファー 中国 ある『アフターダーク』論」で第48回群像新人文学賞評論部門優秀賞受賞。水牛健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 今枝仁

    今枝仁から見た村上春樹村上春樹

    尊敬する人は吉田松陰、高杉晋作、西郷隆盛。好きな作家は東野圭吾、村上春樹、横山秀夫、太宰治、三島由紀夫、アガサ・クリスティー、ドストエフスキー、トルストイ、トーマス・マン、ニーチェ、マイケル・サンデル、ドラッカー。今枝仁 フレッシュアイペディアより)

  • 野崎孝

    野崎孝から見た村上春樹村上春樹

    1964年、J.D.SalingerのThe Catcher In The Ryeを『ライ麦畑でつかまえて』の題名で邦訳。この作品は既に1952年、"J・D・サリンガー"著『危険な年齢』として橋本福夫による邦訳がダヴィッド社から上梓されていたが、野崎は当時の深夜放送からヒントを得て、若い世代の語法と感覚に迫った訳文で当時の読書界に反響を呼び、庄司薫のような模倣者を生んで、2003年に村上春樹が新訳『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を野崎訳と同じく白水社から出すまで、約40年間にわたって定訳の位置を占め続けた。主人公ホールデン・コールフィールド少年が一方的に語る言葉つきは50年代のアメリカのティーンエイジャーの口調を的確に捕らえたものと激賞されたが、その和訳は至難のわざだった、と訳者自身が述懐している。野崎孝 フレッシュアイペディアより)

  • 野間佐和子

    野間佐和子から見た村上春樹村上春樹

    1987年、5代社長に就任していた夫・惟道の急死を受け、6月20日付で6代社長に就任。専業主婦からの転身となったが、同年9月に刊行した村上春樹著『ノルウェイの森』をはじめ、24年間の在任中に数々のベストセラーを世に送り出した。1990年代後半には年間売上高を2000億円を超えるまでに伸ばしたが、近年はいわゆる「出版不況」により売上高が減少。2002年度には戦後初の赤字決算も経験し、業績改善に努めた。野間佐和子 フレッシュアイペディアより)

  • ファミリー・アフェア

    ファミリー・アフェアから見た村上春樹村上春樹

    「ファミリー・アフェア」は、村上春樹の短編小説。ファミリー・アフェア フレッシュアイペディアより)

  • 施小煒

    施小煒から見た村上春樹村上春樹

    翻訳家としては、原文に忠実で正確、滑らかな文章と評価されている。村上春樹の簡体字翻訳は従来林少華が担当してきたが、施小煒が小説『1Q84』の翻訳者に選ばれた。施小煒の村上春樹訳は『1Q84』が2作目である。教授職の傍らでの翻訳に、激しい腰痛が起きたが、「1ページごとが挑戦だ。満足のいく作品にしたい」と、ベッドで横になって翻訳に努めた。施小煒 フレッシュアイペディアより)

  • 国境の南、太陽の西

    国境の南、太陽の西から見た村上春樹村上春樹

    『国境の南、太陽の西』(こっきょうのみなみ、たいようのにし)は村上春樹の長編小説。国境の南、太陽の西 フレッシュアイペディアより)

  • 物語の類型

    物語の類型から見た村上春樹村上春樹

    1960年代にクロード・レヴィ=ストロースによる神話の分析(構造解析)が注目を集め、それと共に再発見されたのがウラジーミル・プロップによる『昔話の形態学』(1928)である。プロップはこの中で、ロシアの魔法昔話に現れる「物語機能」(今でいうところのモチーフに相当するもの)は31個であり、物語の中でほぼ一定の順番で現れることを示した。つまり、バリエーションによる差異はあるものの、ロシアで伝えられていた魔法昔話はすべて同一構造(同一プロット)を有するとプロップは唱えたのである。この発見は、構造主義の流行の中で民話学の枠を超えた影響を及ぼし、多種多様な作品群も物語構造に注目すれば似たようなものであるという認識をもたらした。たとえば、蓮実重彦『小説から遠く離れて』(1989年)のように、村上春樹、井上ひさし、丸谷才一、村上龍、大江健三郎、中上健次といったまるで異なる傾向の作家の小説を構造分析して、共通するモチーフをあぶり出すといった評論が現れている。物語の類型 フレッシュアイペディアより)

  • 大村彦次郎

    大村彦次郎から見た村上春樹村上春樹

    東京市茅場町生まれ。日本橋区に育つ。1952年、早稲田大学政治経済学部入学。『早稲田学報』編集部で記者を経験。編集部の1年先輩に高井有一、1年後輩に長部日出雄がいた。文学部国文科に学士入学し、1959年に卒業し、学部長谷崎精二の紹介で講談社に入社。『婦人倶楽部』編集部から出発し、『小説現代』『群像』の編集長を経て、同社文芸出版部長、文芸局長、取締役を歴任。この間、野坂昭如、井上ひさし、長部日出雄、村上龍、村上春樹などを文壇デビューさせ、池波正太郎『仕掛人・藤枝梅安』、笹沢左保『木枯し紋次郎』などを企画し成功させた。大村彦次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 東京奇譚集

    東京奇譚集から見た村上春樹村上春樹

    『東京奇譚集』(とうきょうきたんしゅう)は、村上春樹の連作短編小説集。東京奇譚集 フレッシュアイペディアより)

386件中 91 - 100件表示

「村上春樹」のニューストピックワード