671件中 11 - 20件表示
  • Marie claire

    Marie claireから見た村上春樹村上春樹

    1980年代後半の安原顯が副編集長だった時代に、女性ファッション雑誌の枠を逸脱したハイ・カルチャー誌であったことでも知られる。ジョン・アーヴィングの『熊を放つ』第1章(1984年7月号?1985年4月号)、ポール・セローの「コルシカ島の冒険」(1986年12月号)、レイモンド・カーヴァーの「轡」(1989年5月号)、同「使い走り」(1989年12月号)、同「でぶ」(1990年8月号)、村上春樹の「パン屋再襲撃」(1985年8月号)などを掲載した。1985年には三菱・ミラージュのCMに携わった。Marie claire フレッシュアイペディアより)

  • ささやかだけれど、役にたつこと

    ささやかだけれど、役にたつことから見た村上春樹村上春樹

    日本語版は、『文學界』1988年10月号が初出。翻訳は村上春樹。村上が独自に編纂した単行本『ささやかだけれど、役にたつこと』(中央公論社、1989年4月20日)に表題作として収録される。カーヴァーの死後、中央公論社は個人全集の刊行を始めるが、本作品を収録した『大聖堂』は最初に配本された(1990年5月20日刊行)。12編の作品から成る『Carver's Dozen レイモンド・カーヴァー傑作選』(中央公論社、1994年12月7日)にも収録されている。ささやかだけれど、役にたつこと フレッシュアイペディアより)

  • 野間文芸翻訳賞

    野間文芸翻訳賞から見た村上春樹村上春樹

    パトリック・ドゥ・ヴォス 『羊をめぐる冒険』(原作: 村上春樹) スイユ社野間文芸翻訳賞 フレッシュアイペディアより)

  • 大西順子 (ミュージシャン)

    大西順子 (ミュージシャン)から見た村上春樹村上春樹

    『村上朝日堂はいかにして鍛えられたか』著者 村上春樹 出版社 朝日新聞社 (1997年5月) ISBN 978-4101001470大西順子 (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • 夏子の冒険

    夏子の冒険から見た村上春樹村上春樹

    村上春樹の『羊をめぐる冒険』は、『夏子の冒険』のパロディあるいは、書き換えであるという仮説がよくいわれている。夏子の冒険 フレッシュアイペディアより)

  • アルフレッド・バーンバウム

    アルフレッド・バーンバウムから見た村上春樹村上春樹

    アルフレッド・バーンバウム(Alfred Birnbaum, 1955年 - )は、アメリカ人の日本文学翻訳家、メディアアーティスト。特に村上春樹の英訳で知られる。また、アジアの芸術やポップ・カルチャーについての翻訳・執筆なども行っている。アルフレッド・バーンバウム フレッシュアイペディアより)

  • 神山睦美

    神山睦美から見た村上春樹村上春樹

    『1冊でわかる村上春樹』(村上春樹を読み解く会著 神山睦美監修)(KADOKAWA、2015年)神山睦美 フレッシュアイペディアより)

  • 柘植光彦

    柘植光彦から見た村上春樹村上春樹

    大学院博士課程在学中に東大闘争に遭遇し、ノンセクトの思想に共鳴した。以後、学問論や研究者論を展開するとともに、現代日本文学研究者として活動。主な研究対象は、埴谷雄高、安部公房、福永武彦、三島由紀夫、島尾敏雄、吉行淳之介、井上光晴、三枝和子、大江健三郎、筒井康隆、井上ひさし、村上春樹、よしもとばなな、小川洋子など多数。「四畳半襖の下張」模索舎裁判では特別弁護人として活動した。1995年に正式発足した現代文学会の世話人を、栗坪良樹、川村湊とともに務める。柘植光彦 フレッシュアイペディアより)

  • デレク・ハートフィールド

    デレク・ハートフィールドから見た村上春樹村上春樹

    デレク・ハートフィールド(Derek Heartfield 1909年-1938年)は、村上春樹の小説『風の歌を聴け』の中に登場する架空の人物。主人公の「僕」が最も影響を受けた作家として登場する。デレク・ハートフィールド フレッシュアイペディアより)

  • 高橋秀実

    高橋秀実から見た村上春樹村上春樹

    1992年8月、平凡社より『TOKYO外国人裁判』を出版。1995年、アメリカから帰国した村上春樹のもと、地下鉄サリン事件被害者に対する取材のリサーチャーを押川節生と共につとめる。計60人におよぶ証言は、1997年3月刊行の村上春樹著『アンダーグラウンド』(講談社)にまとめられた。高橋秀実 フレッシュアイペディアより)

671件中 11 - 20件表示

「村上春樹」のニューストピックワード