386件中 21 - 30件表示
  • 麻枝准

    麻枝准から見た村上春樹村上春樹

    麻枝に影響を与えた人物の一人に村上春樹がいる。高校生の頃に読んだ村上春樹作品、特に『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』からは人生観が変わるほどの衝撃を受けた。その影響から「別の世界にいるもうひとりの自分」を想定し、それを作品に昇華させるようになったと語っている。。麻枝の作品には村上作品の影響からか、幻想的、形而上的な世界がしばしば登場する。また麻枝本人が度々言及しているように、『ONE 〜輝く季節へ〜』『Kanon』で同僚のライターであった久弥直樹の影響も大きい。両作品発表当時は久弥は麻枝よりも評価が高かったため、麻枝は久弥のシナリオを徹底的に研究して自分の作風へと取り入れた。『Kanon』の沢渡真琴に「肉まん好き」などの特徴を与えたのは、その一例である。麻枝准 フレッシュアイペディアより)

  • 純文学

    純文学から見た村上春樹村上春樹

    団塊の世代の主要な純文学作家としては、中上健次、津島佑子、村上春樹、村上龍、高橋源一郎らの名前が挙げられる。ポスト団塊の世代の純文学作家では、島田雅彦、山田詠美、小川洋子、川上弘美らが高い評価を得ている。純文学 フレッシュアイペディアより)

  • 小林信彦

    小林信彦から見た村上春樹村上春樹

    スティーブン・キングについても初期から評価していた。また彼の小説は、村上春樹や吉本ばななにも影響を与えていると指摘している。小林信彦 フレッシュアイペディアより)

  • グレート・ギャツビー

    グレート・ギャツビーから見た村上春樹村上春樹

    『グレート・ギャツビー』 村上春樹訳 新書版:中央公論新社 2006年 ISBN 4124035047グレート・ギャツビー フレッシュアイペディアより)

  • 夏子の冒険

    夏子の冒険から見た村上春樹村上春樹

    村上春樹の『羊をめぐる冒険』は、本作のパロディあるいは、書き換えであるという仮説がよくいわれている。夏子の冒険 フレッシュアイペディアより)

  • アルフレッド・バーンバウム

    アルフレッド・バーンバウムから見た村上春樹村上春樹

    アルフレッド・バーンバウム(Alfred Birnbaum, 1955年 - )は、アメリカ人の日本文学翻訳家、メディアアーティスト。特に村上春樹の英訳で知られる。また、アジアの芸術やポップ・カルチャーについての翻訳・執筆なども行っている。アルフレッド・バーンバウム フレッシュアイペディアより)

  • 河合隼雄

    河合隼雄から見た村上春樹村上春樹

    対談・座談の名手であり、対談集や共著が多い。また上記の山口昌男や中村雄二郎をはじめ、梅原猛、鶴見俊輔、森毅、安野光雅、山折哲雄、谷川俊太郎、柳田邦男、養老孟司、安藤忠雄、村上春樹、中沢新一など交友関係は多岐に渡った。河合隼雄 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のユダヤ人

    日本のユダヤ人から見た村上春樹村上春樹

    アルフレッド・バーンバウム Alfred Birnbaum - 日本文学翻訳家。アメリカ国籍。5歳から日本で育ち、早稲田大学に学ぶ。村上春樹、宮部みゆき、池澤夏樹の英訳者。日本のユダヤ人 フレッシュアイペディアより)

  • 中島一夫

    中島一夫から見た村上春樹村上春樹

    「出口のない真夜中に倫理はあるか──村上春樹『アフターダーク』書評」(『週刊読書人』2004年9月17日号)中島一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 風丸良彦

    風丸良彦から見た村上春樹村上春樹

    上智大学外国語学部英語学科卒業。東京都新宿区出身。1990年「カーヴァーが死んだことなんてだあれも知らなかった?極小主義者たちの午後」で第33回群像新人文学賞(評論部門)優秀賞を受賞。現代アメリカ文学を専門とするが、村上春樹の研究も行っている。風丸良彦 フレッシュアイペディアより)

386件中 21 - 30件表示

「村上春樹」のニューストピックワード