671件中 21 - 30件表示
  • ジェイ・ルービン

    ジェイ・ルービンから見た村上春樹村上春樹

    特に村上春樹の作品を複数英訳したことで広く知られているが、芥川龍之介や夏目漱石の翻訳も行っており、また、日本語の学習書や文学評論も出版している。ジェイ・ルービン フレッシュアイペディアより)

  • 1983年の文学

    1983年の文学から見た村上春樹村上春樹

    村上春樹 『中国行きのスロウ・ボート』(中央公論社)、『カンガルー日和』(平凡社)1983年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • BABEL国際翻訳大賞

    BABEL国際翻訳大賞から見た村上春樹村上春樹

    ノンフィクション部門:村上春樹、マイケル・ギルモア『心臓を貫かれて』文藝春秋BABEL国際翻訳大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の文学

    2013年の文学から見た村上春樹村上春樹

    4月12日 - 村上春樹の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)が発売される。同書はトーハン発表の「2013年年間ベストセラー」総合2位を記録した。2013年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年の文学

    1988年の文学から見た村上春樹村上春樹

    10月13日 - 村上春樹の『ダンス・ダンス・ダンス』が講談社より発売される。同書は1988年年間ベストセラーの総合6位を記録した。1988年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 和田誠

    和田誠から見た村上春樹村上春樹

    退社後はフリーランスとなり、「週刊文春」の表紙、星新一著作の挿絵などを手掛けたり、他にも、星新一・丸谷才一の一連の作品や村上春樹の『アフターダーク』、三谷幸喜、阿川佐和子作品を始め、数多くの装丁を担当する。通常、書籍のバーコードは裏表紙のカバーに直接印刷されるが、これを嫌い、ISBNの数字のみが表示されたデザインを採り入れている。結果、バーコードは帯に印刷されることが多い。和田誠 フレッシュアイペディアより)

  • レイモンド・チャンドラー

    レイモンド・チャンドラーから見た村上春樹村上春樹

    同題、村上春樹訳、早川書房レイモンド・チャンドラー フレッシュアイペディアより)

  • フジモトマサル

    フジモトマサルから見た村上春樹村上春樹

    1993年よりフリーのイラストレーターとして活動を開始。1994年に回文絵物語『キネマへまねき』で作家デビュー。擬人化された動物が人間に混じって都市生活を営んでいる設定の漫画を好んで描く。回文、なぞなぞなど言葉遊びをモチーフとした作品も多い。村上春樹の期間限定サイト「村上さんのところ」(2015年1月15日 - 5月13日公開)の絵を担当した。フジモトマサル フレッシュアイペディアより)

  • 士別市

    士別市から見た村上春樹村上春樹

    作家・村上春樹が「羊をめぐる冒険」を著する際、羊に関する取材のため士別を訪れている。この事は、氏の『村上春樹全作品 1979〜1989〈2〉 羊をめぐる冒険』(講談社)の自身による解説に書かれており、作中にも士別市を思わせる記述が見受けられる。士別市 フレッシュアイペディアより)

  • 小山鉄郎

    小山鉄郎から見た村上春樹村上春樹

    この間、2009年まで文字文化研究所理事を務めたほか、白川静の漢字学や村上春樹についての著作活動も行う。村上春樹に対しての単独インタビューを含む一連の著作活動により、2013年度の日本記者クラブ賞を受賞。小山鉄郎 フレッシュアイペディアより)

671件中 21 - 30件表示

「村上春樹」のニューストピックワード