671件中 31 - 40件表示
  • 鵠沼

    鵠沼から見た村上春樹村上春樹

    村上春樹 小説家 1984 - 1985鵠沼 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のユダヤ人

    日本のユダヤ人から見た村上春樹村上春樹

    アルフレッド・バーンバウム Alfred Birnbaum - 日本文学翻訳家。アメリカ国籍。5歳から日本で育ち、早稲田大学に学ぶ。村上春樹、宮部みゆき、池澤夏樹の英訳者。日本のユダヤ人 フレッシュアイペディアより)

  • ジャズ喫茶

    ジャズ喫茶から見た村上春樹村上春樹

    水道橋スウィング(村上春樹、宇崎竜童など輩出)(東京都千代田区)ジャズ喫茶 フレッシュアイペディアより)

  • 村上龍

    村上龍から見た村上春樹村上春樹

    村上 龍(むらかみ りゅう、1952年2月19日 - )は、日本の小説家、映画監督、脚本家。長崎県佐世保市出身。血液型はO型。武蔵野美術大学在学中の1976年、麻薬とセックスに溺れる自堕落な若者たちを描いた『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。ヒッピー文化の影響を強く受けた作家として、村上春樹と共に時代を代表する作家と目される。代表作に、『コインロッカー・ベイビーズ』『愛と幻想のファシズム』『五分後の世界』『希望の国のエクソダス』『半島を出よ』など。芥川賞選考委員も務める。村上龍 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の文学

    2007年の文学から見た村上春樹村上春樹

    レイモンド・チャンドラー、村上春樹訳 『ロング・グッドバイ』(早川書房)2007年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の文学

    2012年の文学から見た村上春樹村上春樹

    小林秀雄賞(第11回) - 小澤征爾・村上春樹 『小澤征爾さんと、音楽について話をする』2012年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • レディオヘッド

    レディオヘッドから見た村上春樹村上春樹

    トム・ヨークは、日本の作家では村上春樹のファンであり、過去に『Hail to the Thief』をリリースした時のSNOOZER誌のインタビューにおいて、同アルバムの世界観は小説『ねじまき鳥クロニクル』や『アンダーグラウンド』からも一部インスパイアされたと語った。村上春樹もレディオヘッドを愛好しており、小説『海辺のカフカ』の中でアルバム『Kid A』を登場させている。レディオヘッド フレッシュアイペディアより)

  • 安西水丸

    安西水丸から見た村上春樹村上春樹

    村上春樹とは彼がジャズ喫茶の経営者時代からの付き合いで、親交が深い。共著として『象工場のハッピーエンド』、『村上朝日堂』、『ランゲルハンス島の午後』、『夜のくもざる』などがある。村上のホームページをCD-ROMにした『夢のサーフシティー』(1998年)と『スメルジャコフ対織田信長家臣団』(2001年)では、二人の対談を聴くことができる。安西水丸 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の文学

    2015年の文学から見た村上春樹村上春樹

    1月15日 - 村上春樹、期間限定サイト「村上さんのところ」を開設。運営母体は新潮社。2015年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • フランツ・カフカ

    フランツ・カフカから見た村上春樹村上春樹

    このほかにも広い地域に渡り、カフカの影響を受けた多くの作家が現れている。主な作家としてはドイツのマルティン・ヴァルザーやペーター・ヴァイス、イギリスのアラスター・グレイ、チェコのミラン・クンデラや ボフミル・フラバル、アメリカのジョゼフ・ヘラー、日本の安部公房、小島信夫、倉橋由美子、アルバニアのイスマイル・カダレ、南アフリカのJ.M.クッツェー、メキシコのカルロス・フエンテス、イタリアのトンマーゾ・ランドルフィ、ポルトガルのジョゼ・サラマーゴ、イスラエルのアハロン・アッペルフェルドなどがおり、またSF作家のアンナ・カヴァンやフィリップ・K・ディックなどにもカフカの影響が及んでいる。これらの流れはより新しい世代の作家であるオースターやゼーバルト、村上春樹、トゥーサン、残雪などを経て、今も絶えることなく続いている。フランツ・カフカ フレッシュアイペディアより)

671件中 31 - 40件表示

「村上春樹」のニューストピックワード