386件中 41 - 50件表示
  • 日出る国の工場

    日出る国の工場から見た村上春樹村上春樹

    『日出る国の工場』(ひいずるくにのこうじょう)は村上春樹、安西水丸共著のエッセイ集。日出る国の工場 フレッシュアイペディアより)

  • やがて哀しき外国語

    やがて哀しき外国語から見た村上春樹村上春樹

    『やがて哀しき外国語』(やがてかなしきがいこくご)は村上春樹によるエッセイ集。やがて哀しき外国語 フレッシュアイペディアより)

  • 作家の値うち

    作家の値うちから見た村上春樹村上春樹

    小説に点数をつけるという前代未聞の手法から評価が分かれ、安原顯や浅田彰からは批判を受ける一方で、『文学賞メッタ斬り!シリーズ』では、大森望と豊崎由美がこの手法を取り入れ、その年度の代表的な文学賞受賞作を評価している。本作では村上春樹、矢作俊彦、小島信夫、石原慎太郎を高く評価する一方で、大江健三郎、渡辺淳一、日野啓三などの大家も厳しい言葉で批判している。また同じ作家の作品でも高橋源一郎は『さようなら、ギャングたち』を91点と非常に高く評価する一方で、『ゴーストバスターズ 冒険小説』を「恥知らず」の一言で斬り捨てている。作家の値うち フレッシュアイペディアより)

  • 意味がなければスイングはない

    意味がなければスイングはないから見た村上春樹村上春樹

    『意味がなければスイングはない』(いみがなければすいんぐはない)は村上春樹の初めての音楽評論集。季刊オーディオ専門誌『ステレオサウンド』の2003年春号から2005年夏号に掲載され、2005年11月文藝春秋より刊行された。2008年12月文春文庫として文庫化。意味がなければスイングはない フレッシュアイペディアより)

  • 戸田裕一

    戸田裕一から見た村上春樹村上春樹

    静岡県出身。静岡県立静岡高等学校を経て、1972年一橋大学社会学部を卒業して博報堂に入社。文学好きで、大学の卒業論文では梶井基次郎を扱った。村上春樹のファンでもあり、村上の『意味がなければスイングはない』を読みCDを10枚買ったという。戸田裕一 フレッシュアイペディアより)

  • 雨天炎天

    雨天炎天から見た村上春樹村上春樹

    『雨天炎天』(うてんえんてん)は村上春樹による紀行(ロードエッセイ)。雨天炎天 フレッシュアイペディアより)

  • With Time

    With Timeから見た村上春樹村上春樹

    来生えつこによれば、村上春樹の小説『ノルウェイの森』の帯の文句をヒントにしたという。また、歌詞に用いられた“悲しめ”という単語は来生えつこの造語である。With Time フレッシュアイペディアより)

  • 鈴村和成

    鈴村和成から見た村上春樹村上春樹

    名古屋市生まれ。東京大学仏文科卒。詩人として『歴程』同人。アルチュール・ランボーを専門とするが村上春樹論も多数ある。2009年大学を定年退職、執筆に専念。鈴村和成 フレッシュアイペディアより)

  • 横森理香

    横森理香から見た村上春樹村上春樹

    福田和也は『ぼぎちん』を極めて高く評価している。バブル時代と切り結び得た稀有な作品として村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス』、田中康夫『オン・ハッピネス』と共に『ぼぎちん』を挙げており(『皆殺し文芸批評』)、文庫化の際は解説を執筆し「『ぼぎちん』を読むことは、今の日本で、あるいは世界で体験しうる、数少ない、掛け値なしの幸福であり、奇跡だ」と記した。また『作家の値うち』では87点をつけ、「『ぼぎちん』一作で横森理香の名前は文学史に記憶されることだろう。」と評した。文化庁による「現代日本文学の翻訳・普及事業」の選定作品に『ぼぎちん』が選ばれたのも、選定委員であった福田の強力な推挙によるものとみられる。横森理香 フレッシュアイペディアより)

  • 土居義岳

    土居義岳から見た村上春樹村上春樹

    文学は知らないと自称しているが、地元では村上春樹について講演をしているほど興味がある。ブログにも感想を書いている。土居義岳 フレッシュアイペディアより)

386件中 41 - 50件表示

「村上春樹」のニューストピックワード