671件中 41 - 50件表示
  • 純文学

    純文学から見た村上春樹村上春樹

    団塊の世代の主要な純文学作家としては、中上健次、津島佑子、村上春樹、村上龍、高橋源一郎らの名前が挙げられる。ポスト団塊の世代の純文学作家では、島田雅彦、山田詠美、小川洋子、川上弘美らが高い評価を得ている。純文学 フレッシュアイペディアより)

  • 小林信彦

    小林信彦から見た村上春樹村上春樹

    スティーブン・キングについても初期から評価していた。また彼の小説は、村上春樹や吉本ばななにも影響を与えていると指摘している。小林信彦 フレッシュアイペディアより)

  • 川本三郎

    川本三郎から見た村上春樹村上春樹

    『群像』1979年6月号に村上春樹の処女長編小説『風の歌を聴け』が掲載された直後、川本は『カイエ』1979年8月号において村上に対しいち早くインタビューを行う。最初期からの村上春樹の支持者だったが、ノンフィクション『アンダーグラウンド』(講談社、1997年3月)が刊行されたあたりから批判的になる。2002年の『海辺のカフカ』の刊行時に同書を酷評する。川本三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中島一夫

    中島一夫から見た村上春樹村上春樹

    「出口のない真夜中に倫理はあるか──村上春樹『アフターダーク』書評」(『週刊読書人』2004年9月17日号)中島一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 小澤征爾

    小澤征爾から見た村上春樹村上春樹

    2012年8月31日、『小澤征爾さんと、音楽について話をする』(村上春樹との共著、新潮社)で小林秀雄賞受賞。小澤征爾 フレッシュアイペディアより)

  • 長いお別れ

    長いお別れから見た村上春樹村上春樹

    村上春樹は『カラマーゾフの兄弟』と『グレート・ギャツビー』と本作を、もっとも影響を受けた作品3作として挙げており、『羊をめぐる冒険』の物語も本作の影響をよく指摘される。長らく日本では清水俊二訳によるものが出版されていたが、2007年には村上による翻訳版も出版された。長いお別れ フレッシュアイペディアより)

  • ティファニーで朝食を

    ティファニーで朝食をから見た村上春樹村上春樹

    日本では、2008年2月に村上春樹による新訳が新潮社より出版されて話題となった。ティファニーで朝食を フレッシュアイペディアより)

  • 福田和也

    福田和也から見た村上春樹村上春樹

    2000年に出版した『作家の値うち』では、純文学と大衆文学の現役作家を五十人ずつ、全百人の主要作品を百点満点で採点。多くの有名作家作品を「読んでいると恥ずかしい」レベルなどと評して浅田彰や安原顕からは厳しく批判された。また師匠の江藤が評価しなかった古井由吉や村上春樹を評価し、江藤が絶賛した中上健次の『千年の愉楽』を「いんちきポルノ」と評するなど、江藤とは文学の評価にかなりのズレがある。柳美里『ゴールドラッシュ』、島田雅彦「無限カノン三部作」を厳しく批評し、二人の反撥を招いたが、対談で手打ちをしている。福田和也 フレッシュアイペディアより)

  • 麻枝准

    麻枝准から見た村上春樹村上春樹

    麻枝に影響を与えた人物の一人に村上春樹がいる。高校生の頃に読んだ村上春樹作品、特に『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』からは人生観が変わるほどの衝撃を受けた。その影響から「別の世界にいるもうひとりの自分」を想定し、それを作品に昇華させるようになったと語っている。。麻枝の作品には村上作品の影響からか、幻想的、形而上的な世界がしばしば登場する。また麻枝本人が度々言及しているように、『ONE 〜輝く季節へ〜』『Kanon』で同僚のライターであった久弥直樹の影響も大きい。両作品発表当時は久弥は麻枝よりも評価が高かったため、麻枝は久弥のシナリオを徹底的に研究して自分の作風へと取り入れた。『Kanon』の沢渡真琴に「肉まん好き」などの特徴を与えたのは、その一例である。麻枝准 フレッシュアイペディアより)

  • セロニアス・モンク

    セロニアス・モンクから見た村上春樹村上春樹

    ジャズ喫茶のマスターでもあった作家の村上春樹は編・訳した『セロニアス・モンクのいた風景』のエッセイで「彼の音楽は?何かすごいもの、理解しがたいパッケージをテーブルの上にひょいと置いて、一言もなくまたふらりと姿を消してしまう「謎の男」みたいだった」と書いている。セロニアス・モンク フレッシュアイペディアより)

671件中 41 - 50件表示

「村上春樹」のニューストピックワード