671件中 61 - 70件表示
  • 古典新訳

    古典新訳から見た村上春樹村上春樹

    村上春樹 - 村上春樹翻訳ライブラリー(中央公論新社)古典新訳 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイズ・バー

    ジェイズ・バーから見た村上春樹村上春樹

    ジェイズ・バー()とは、村上春樹の三部作と呼ばれる小説『風の歌を聴け』(デビュー作)、『1973年のピンボール』、『羊をめぐる冒険』に登場するバー。ジェイズ・バー フレッシュアイペディアより)

  • フラッシュフィクション

    フラッシュフィクションから見た村上春樹村上春樹

    「SUDDEN FICTION 超短編小説70」(文春文庫)ロバート・シャパード/ジェームズ・トーマス編 村上春樹/小川高義訳 1994年フラッシュフィクション フレッシュアイペディアより)

  • 街と、その不確かな壁

    街と、その不確かな壁から見た村上春樹村上春樹

    『街と、その不確かな壁』 (まちと、そのふたしかなかべ) は、村上春樹の実質的には3作目となる中編小説。街と、その不確かな壁 フレッシュアイペディアより)

  • ふわふわ (書籍)

    ふわふわ (書籍)から見た村上春樹村上春樹

    『ふわふわ』は、村上春樹文、安西水丸画の絵本。ふわふわ (書籍) フレッシュアイペディアより)

  • クォンタム・ファミリーズ

    クォンタム・ファミリーズから見た村上春樹村上春樹

    作品は二部構成になっており、第一部では2008年に存在の基盤を置く往人を語り手とする「父」の章と、2035年にいる風子を語り手とする「娘」の章が交互に展開し、二人の物語が交叉して以降の第二部は三人称となり、さらにその本編の前後を「物語外1」「物語外2」という章で挟み込む形になっている。風子のいる2035年の世界は量子回路の発明によってコンピュータが飛躍的に進歩した反面、平行世界からの干渉を受けるようになった世界であり、こうした理論的背景をもとに物語が展開していく(平行世界の存在を示す際の道具としてウィキペディアも用いられている)。また作中では平行世界を扱っていた作家として村上春樹、特にその『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』が繰り返し言及されており、春樹について作中で提示される「35歳問題」(人生の半ばを過ぎて「できたかもしれなかった」「できなかった」という仮定法過去の総和が直説法過去・直説法未来の総和を上回る、という問題)が平行世界を語るモチーフの一つとなっている。二つの章が交互に展開する構成も村上の同作品にならっていると考えられるもので、文体面にも村上春樹との類似が見られる。クォンタム・ファミリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ハートフィールド

    ハートフィールドから見た村上春樹村上春樹

    デレク・ハートフィールド - 村上春樹の小説『風の歌を聴け』に登場する架空の作家。ハートフィールド フレッシュアイペディアより)

  • 中断されたスチーム・アイロンの把手

    中断されたスチーム・アイロンの把手から見た村上春樹村上春樹

    『中断されたスチーム・アイロンの把手』(ちゅうだんされたスチーム・アイロンのはしゅ)は、村上春樹の短編小説。中断されたスチーム・アイロンの把手 フレッシュアイペディアより)

  • カミラフカ

    カミラフカから見た村上春樹村上春樹

    村上春樹によるアトス山を巡った際の紀行『雨天炎天』では「バースデーケーキ」にたとえられ、北野武からは「煙突みたいな帽子」と評されたものは、クロブークかカミラフカのいずれかであると思われる。カミラフカ フレッシュアイペディアより)

  • クロブーク

    クロブークから見た村上春樹村上春樹

    村上春樹によるアトス山を巡った際の紀行『雨天炎天』では「バースデーケーキ」にたとえられ、北野武からは「煙突みたいな帽子」と評されたものは、クロブークかカミラフカのいずれかであると思われる。クロブーク フレッシュアイペディアより)

671件中 61 - 70件表示

「村上春樹」のニューストピックワード