386件中 61 - 70件表示
  • ランゲルハンス島の午後

    ランゲルハンス島の午後から見た村上春樹村上春樹

    『ランゲルハンス島の午後』(らんげるはんすとうのごご)は村上春樹、安西水丸共著のエッセイ集。ランゲルハンス島の午後 フレッシュアイペディアより)

  • 岡村泰之

    岡村泰之から見た村上春樹村上春樹

    1982年、芝浦工業大学工学部建築工学科卒業。1984年、芝浦工業大学大学院修士課程修了後、藤井博巳建築研究室、1986年に (株)SKM設計計画事務所を経て、1988年に第四建築設計社一級建築士事務所を共同設立。2000年に岡村泰之建築設計事務所に名称変更。代表作に村上春樹がものを考え、感じ、小説の着想を得るための別荘、など多数。大阪花の博覧会では「山のエリア」基本計画に参加。岡村泰之 フレッシュアイペディアより)

  • 浅倉久志

    浅倉久志から見た村上春樹村上春樹

    また、村上春樹はカート・ヴォネガットの文体の影響を強く受けたとされるため、ヴォネガットの主訳者である浅倉の翻訳文体の影響が取りざたされることがあるが、村上自身はヴォネガットを、原文および飛田茂雄の訳で読んだと語っている(村上・柴田元幸『翻訳夜話』参照)。浅倉久志 フレッシュアイペディアより)

  • 30歳成人説

    30歳成人説から見た村上春樹村上春樹

    30歳成人説とは日本の民法が成年を満20歳と定めているのに対し、「精神年齢でいけば今の30歳は、昔の20歳くらいにあたる」という考え方の事である。作家の村上春樹や、コピーライターの糸井重里が唱えている。30歳成人説 フレッシュアイペディアより)

  • フラッシュフィクション

    フラッシュフィクションから見た村上春樹村上春樹

    「SUDDEN FICTION 超短編小説70」(文春文庫)ロバート・シャパード/ジェームズ・トーマス編 村上春樹/小川高義訳 1994年フラッシュフィクション フレッシュアイペディアより)

  • 都甲幸治

    都甲幸治から見た村上春樹村上春樹

    2004年、早稲田大学文学学術院専任講師就任。「村上春樹の知られざる顔」(『文學界』2007年7月号)では、それまで邦訳されていなかった村上春樹の欧米におけるインタビュー記事などを紹介した。柴田元幸門下。都甲幸治 フレッシュアイペディアより)

  • 友沢ミミヨ

    友沢ミミヨから見た村上春樹村上春樹

    またたび浴びたタマ(2000年8月、文藝春秋)- 村上春樹著、友沢ミミヨ画友沢ミミヨ フレッシュアイペディアより)

  • 松本亜希 (読者モデル)

    松本亜希 (読者モデル)から見た村上春樹村上春樹

    東野圭吾・高野和明・村上春樹の本を愛読している。松本亜希 (読者モデル) フレッシュアイペディアより)

  • 小名川高弘

    小名川高弘から見た村上春樹村上春樹

    好きな小説:『ノルウェイの森』(村上春樹小名川高弘 フレッシュアイペディアより)

  • 納屋を焼く

    納屋を焼くから見た村上春樹村上春樹

    「納屋を焼く」(なやをやく)は、日本の作家である村上春樹の短編小説。「新潮」1983年1月号が初出。納屋を焼く フレッシュアイペディアより)

386件中 61 - 70件表示

「村上春樹」のニューストピックワード