386件中 71 - 80件表示
  • ジェイズ・バー

    ジェイズ・バーから見た村上春樹村上春樹

    ジェイズ・バー()とは、村上春樹の三部作と呼ばれる小説『風の歌を聴け』(デビュー作)、『1973年のピンボール』、『羊をめぐる冒険』に登場するバー。ジェイズ・バー フレッシュアイペディアより)

  • クロブーク

    クロブークから見た村上春樹村上春樹

    村上春樹によるアトス山を巡った際の紀行『雨天炎天』では「バースデーケーキ」にたとえられ、北野武からは「煙突みたいな帽子」と評されたものは、クロブークかカミラフカのいずれかであると思われる。クロブーク フレッシュアイペディアより)

  • 河合俊雄

    河合俊雄から見た村上春樹村上春樹

    村上春樹の「物語」 夢テキストとして読み解く 新潮社 2011.8河合俊雄 フレッシュアイペディアより)

  • 大原まり子

    大原まり子から見た村上春樹村上春樹

    デビュー以降、旺盛な執筆で女流のみならず日本のSF全体を牽引した。処女単行本は本格SFの背景を持った連作短編集であり、中島梓に賞賛された。その後同一の世界観を元にした作品がいくつか書かれた。本格SFの各シリーズを中心に、ジュブナイルや恋愛小説的な作品、ゲームやラジオドラマの原作、書評など幅広く活動。岡崎京子の漫画原作も担当した。英訳による日本文学のアンソロジー『Monkey Brain Sushi』には村上春樹、橋本治、高橋源一郎らの作品とともに短編『Girl(原題: 少女)』が収録された。代表作に『ハイブリッド・チャイルド』『戦争を演じた神々たち』などがある。大原まり子 フレッシュアイペディアより)

  • 阿久のぶひろ

    阿久のぶひろから見た村上春樹村上春樹

    趣味は読書とジョギング。年間300冊以上もの本を読む。好きな作家は夏目漱石、太宰治、村上春樹などを挙げている。阿久のぶひろ フレッシュアイペディアより)

  • 黒古一夫

    黒古一夫から見た村上春樹村上春樹

    出版文化論、書誌学のほか、全共闘体験を源基として「政治と文学」の関係を追求し、「近代とは何か」を問う立場から大江健三郎、原爆文学、三浦綾子、また村上春樹、立松和平などを論じる。近年は、現代文学による「救い」は可能なのかという問いを背景とした論考を多数発表している。部落解放文学賞選考委員。黒古一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 栗坪良樹

    栗坪良樹から見た村上春樹村上春樹

    村上春樹スタディーズ 1-5 柘植光彦 若草書房 1999栗坪良樹 フレッシュアイペディアより)

  • ティム・オブライエン

    ティム・オブライエンから見た村上春樹村上春樹

    第一作目から一貫してベトナム戦争をテーマにしている。作品はオーソドックスな手法を用いて戦場の風景を描いた初期の短編から、逃亡兵たちが徒歩でパリを目指すマジックリアリズム的な全米図書賞受賞作、最近ではベトナム戦争とは直接関係が無いように見える作品『Tomcat in Love』と多岐にわたる。作品の一部は村上春樹によって翻訳されている。ティム・オブライエン フレッシュアイペディアより)

  • 和敬塾

    和敬塾から見た村上春樹村上春樹

    村上春樹 大学一年の春から秋まで西寮生だったものの、和敬塾そのものが肌に合わず引っ越す。村上の代表作『ノルウェイの森』に出てくる寮は、和敬塾をモデルにしている。和敬塾 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の文学

    2005年の文学から見た村上春樹村上春樹

    村上春樹『東京奇譚集』『象の消滅』(新潮社)2005年の文学 フレッシュアイペディアより)

386件中 71 - 80件表示

「村上春樹」のニューストピックワード