386件中 81 - 90件表示
  • 佐藤幹夫 (評論家)

    佐藤幹夫 (評論家)から見た村上春樹村上春樹

    村上春樹の隣には三島由紀夫がいつもいる。 』 (PHP研究所、2006年)佐藤幹夫 (評論家) フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の文学

    2004年の文学から見た村上春樹村上春樹

    村上春樹『アフターダーク』(講談社)2004年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 可能涼介

    可能涼介から見た村上春樹村上春樹

    村上春樹『1Q84』をどう読むか』(河出書房新社)2009可能涼介 フレッシュアイペディアより)

  • カミラフカ

    カミラフカから見た村上春樹村上春樹

    村上春樹によるアトス山を巡った際の紀行『雨天炎天』では「バースデーケーキ」にたとえられ、北野武からは「煙突みたいな帽子」と評されたものは、クロブークかカミラフカのいずれかであると思われる。カミラフカ フレッシュアイペディアより)

  • SPLAY

    SPLAYから見た村上春樹村上春樹

    1980年6月16日AB型・ボーカル、ギター。作詞、作曲を担当。一人っ子。愛読する作家は村上春樹。晴れていれば毎日でも布団を干す。ポニーキャニオンのスタッフから誕生日プレゼントに布団乾燥機をプレゼントされたことも。写真を撮る事も趣味にしておりカメラはHOLGA、ポラロイド社製SX-70などを所有している。愛称は「たあ」もしくは「むっさん」。SPLAY フレッシュアイペディアより)

  • 中熊優介

    中熊優介から見た村上春樹村上春樹

    影響を受けた作家は村上春樹。好きな音楽はテクノ、ナゴムレコード。中熊優介 フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県立神戸高等学校

    兵庫県立神戸高等学校から見た村上春樹村上春樹

    第二代校長・池田多助は自由と規律を機軸とする英国流のパブリック・スクール教育を推進。進取の気心に富みながらも権威と伝統を重んじる保守的な校風はこの時代に形成されたと考えられる。生徒指導も教師の手によらず、生徒による自主的な自治組織である戊辰会に委ねられ、上級生が下級生に対して規範を示すという形式が採用された。1960年代の学園紛争時に各地の進学校が先陣を切って改革路線を歩んだ時期にも、本校自治会は微動だにせず制服・制帽(丸刈りの強制は1969年に漸く廃止されたが、その後も自発的に短髪を貫き、制帽をきちんと着用する生徒が多かった)を堅持した。しかしながら、こうした校風を無言の圧力や権威と感じて反発を覚える生徒も少なくなく、小松左京は自著にて、鉄拳制裁に代表される一中の軍国主義的スパルタ教育から解放され三高入学を果たした日を、「わが人生最高の日」と述懐している。また村上春樹にも校則に反発して不登校の時期があったと伝えられるほか、戦前にも日野原重明のように他校進学を前提に受験し、入学式当日に確信犯的に退学届を提出した者もいる。兵庫県立神戸高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木マキ

    佐々木マキから見た村上春樹村上春樹

    『ガロ』や『朝日ジャーナル』誌上などに漫画を発表したほか、福音館の「こどものとも」シリーズなど、数多くの絵本を制作。他作家の絵本や本のイラスト、村上春樹の著書などのカバー装画も数多く手がけている。佐々木マキ フレッシュアイペディアより)

  • 家出

    家出から見た村上春樹村上春樹

    村上春樹『海辺のカフカ』 新潮社 2002年家出 フレッシュアイペディアより)

  • 古典新訳

    古典新訳から見た村上春樹村上春樹

    村上春樹 - 村上春樹翻訳ライブラリー(中央公論新社)古典新訳 フレッシュアイペディアより)

386件中 81 - 90件表示

「村上春樹」のニューストピックワード