298件中 91 - 100件表示
  • 村上春樹

    村上春樹から見た印南高一

    1年の浪人生活を経て、1968年早稲田大学第一文学部に入学、映画演劇科へ進む。在学中は演劇博物館にて映画の脚本を読みふけり、映画脚本家を目指してシナリオを執筆などもしていたが、大学へはほとんど行かず、新宿でレコード屋のアルバイトをしながら歌舞伎町のジャズ喫茶に入り浸る日々を送る。(年代不詳)東京都千代田区水道橋にあったジャズ喫茶「水道橋スウィング」の従業員となった。1971年、高橋陽子と学生結婚、一時文京区で寝具店を営む夫人の家に間借りする。在学中の1974年、国分寺にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を開店(店名は以前飼っていた猫の名前から、夜間はジャズバー)。開店資金は500万円で、半分は夫婦でアルバイトをして貯め、残りは高橋陽子の両親からの借金であった。1975年早稲田大学を卒業(7年間在学)、卒業論文題目は「アメリカ映画における旅の系譜」でニューシネマ『イージー・ライダー』を論じた。指導教授は印南高一(印南喬)。1977年、「ピーター・キャット」を千駄ヶ谷に移す。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た小川高義

    Sudden Fiction 超短編小説70(1994年1月 文春文庫)共訳:小川高義村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た瀧井孝作

    「風の歌を聴け」が候補になった第81回芥川賞選考では、丸谷が積極的に推したが、大江健三郎、瀧井孝作らが「外国の翻訳小説の読み過ぎで書いたような、ハイカラなバタくさい作」(瀧井)などとして批判し、「1973年のピンボール」が候補になった第83回芥川賞選考では大江と吉行淳之介が支持に回ったものの、井上靖、中村光夫らが拒否した。その後、村上が長編小説に移行したこともあって(芥川賞は中編が対象)結局受賞には至らなかった。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たゴリラズ

    中学生の頃からジャズ・レコードの収集をしており、膨大な量のレコードを所有している(1997年当時で3000枚)。音楽はジャズ、クラシック、ロックなどを好んで聴く。ビートルズやザ・ビーチ・ボーイズをはじめとする古いロックはもちろん、レディオヘッド、オアシス、ベックなどの現代ロックを聴き、最近ではコールドプレイやゴリラズ、スガシカオのファンを公言している。常に何か新しいものに向かう精神が大事なのだという。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た東映フライヤーズ

    東京ヤクルトスワローズの熱心なファンだが、その理由は東京に移り住んだ時にその土地のホームチーム(読売ジャイアンツ、東映フライヤーズ、東京オリオンズ、サンケイアトムズ)を応援するべきだと思い、その中で立地と居心地の良い神宮球場(当時の神宮球場は観客席の一部が芝生だったため)が気に入ったために、サンケイアトムズの応援を始める。その後も、東京ヤクルトスワローズのファンを続け、いまでもなお、しばしば球場に足を運んでいる(『村上朝日堂ジャーナル』)。神宮球場でデーゲームの野球観戦中にビールを飲んでいたところ「小説を書こう」と思い立ち、『風の歌を聴け』を執筆したという逸話がある。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た東京オリオンズ

    東京ヤクルトスワローズの熱心なファンだが、その理由は東京に移り住んだ時にその土地のホームチーム(読売ジャイアンツ、東映フライヤーズ、東京オリオンズ、サンケイアトムズ)を応援するべきだと思い、その中で立地と居心地の良い神宮球場(当時の神宮球場は観客席の一部が芝生だったため)が気に入ったために、サンケイアトムズの応援を始める。その後も、東京ヤクルトスワローズのファンを続け、いまでもなお、しばしば球場に足を運んでいる(『村上朝日堂ジャーナル』)。神宮球場でデーゲームの野球観戦中にビールを飲んでいたところ「小説を書こう」と思い立ち、『風の歌を聴け』を執筆したという逸話がある。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たブックメーカー

    2002年、初めて少年を主人公にした長編『海辺のカフカ』発表。2004年にはカメラ・アイのような視点が登場する実験的な作品『アフターダーク』を発表。2005年、『海辺のカフカ』の英訳版Kafka on the Shoreが『ニューヨーク・タイムズ』の"The Ten Best Books of 2005"に選ばれ国際的評価の高まりを示した。2006年、フランツ・カフカ賞、フランク・オコナー国際短編賞(:en:Frank O'Connor International Short Story Award)と、国際的な文学賞を続けて受賞。特にカフカ賞は、前年度の受賞者ハロルド・ピンター、前々年度の受賞者エルフリーデ・イェリネクがいずれもその年のノーベル文学賞を受賞していたことから、2006年度ノーベル賞の有力候補として話題となった。同年の世界最大規模のブックメーカーである英ラドブロークス(:en:Ladbrokes)のストックホルム事務所による予想では、34倍のオッズが出され18番人気に位置(受賞は同予想で1位のオルハン・パムク)。2007年の同予想では11倍のオッズ、6番人気とさらに評価を上げている。また近年の年収は海外分が既に国内分を上回っており、事務所の仕事量も3分の2は海外とのものであるという。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た

    (1983年『中央公論』1月号)村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た東日本大震災

    2011年6月、カタルーニャ国際賞を受賞。副賞である8万ユーロ(約930万円)を東日本大震災の義援金として寄付する。カタルーニャ国際賞の受賞スピーチでは日本の原子力政策を批判した。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た阪神・淡路大震災

    1994年、『ねじまき鳥クロニクル 第1部』『同 第2部』刊行。1992年から『新潮』に連載されたもので、これまでの最長作品であり、ノモンハン事件などの歴史を織り込みながら人間の中に潜む暴力や悪を描いて話題を集めた。1995年、1月に起こった阪神・淡路大震災と、3月に起こった地下鉄サリン事件に衝撃を受ける。同年6月、帰国。8月に『ねじまき鳥クロニクル 第3部』刊行、翌年第47回読売文学賞受賞。1997年、地下鉄サリン事件の被害者へのインタビューをまとめたノンフィクション『アンダーグラウンド』刊行。それまではむしろ内向的な作風で社会に無関心な青年を描いてきた村上が、社会問題を真正面から題材にしたことで周囲を驚かせた。1999年、『アンダーグラウンド』の続編で、オウム真理教信者へのインタビューをまとめた『約束された場所で』により第2回桑原武夫学芸賞受賞。2000年、神戸の震災をテーマにした連作集『神の子どもたちはみな踊る』刊行。のちに『神の子どもたちはみな踊る』は映画化される。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

298件中 91 - 100件表示

「村上春樹」のニューストピックワード