298件中 21 - 30件表示
  • 村上春樹

    村上春樹から見たコールドプレイ

    中学生の頃からジャズ・レコードの収集をしており、膨大な量のレコードを所有している(1997年当時で3000枚)。音楽はジャズ、クラシック、ロックなどを好んで聴く。ビートルズやザ・ビーチ・ボーイズをはじめとする古いロックはもちろん、レディオヘッド、オアシス、ベックなどの現代ロックを聴き、最近ではコールドプレイやゴリラズ、スガシカオのファンを公言している。常に何か新しいものに向かう精神が大事なのだという。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た河合隼雄

    村上春樹、河合隼雄に会いにいく (1996年12月 岩波書店より書き下ろし)共著:河合隼雄村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た内田樹

    加藤典洋、川本三郎、清水良典らは村上を高く評価、それぞれ自著で村上の各作品を詳細に論じており、福田和也は『「内なる近代」の超克』で称賛し、『作家の値うち』では夏目漱石以降で最も重要な作家と位置づけ、『ねじまき鳥クロニクル』に現役作家の最高得点を与えた。内田樹は、多数の批判者を「村上春樹に対する集団的憎悪」と呼び、自著『村上春樹にご用心』の中で、村上を高く評価する一方で、蓮實重彦らに反論している。ほかに肯定派として竹田青嗣、柘植光彦らがいる。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たザ・ビーチ・ボーイズ

    中学生の頃からジャズ・レコードの収集をしており、膨大な量のレコードを所有している(1997年当時で3000枚)。音楽はジャズ、クラシック、ロックなどを好んで聴く。ビートルズやザ・ビーチ・ボーイズをはじめとする古いロックはもちろん、レディオヘッド、オアシス、ベックなどの現代ロックを聴き、最近ではコールドプレイやゴリラズ、スガシカオのファンを公言している。常に何か新しいものに向かう精神が大事なのだという。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たハロルド・ピンター

    2002年、初めて少年を主人公にした長編『海辺のカフカ』発表。2004年にはカメラ・アイのような視点が登場する実験的な作品『アフターダーク』を発表。2005年、『海辺のカフカ』の英訳版Kafka on the Shoreが『ニューヨーク・タイムズ』の"The Ten Best Books of 2005"に選ばれ国際的評価の高まりを示した。2006年、フランツ・カフカ賞、フランク・オコナー国際短編賞(:en:Frank O'Connor International Short Story Award)と、国際的な文学賞を続けて受賞。特にカフカ賞は、前年度の受賞者ハロルド・ピンター、前々年度の受賞者エルフリーデ・イェリネクがいずれもその年のノーベル文学賞を受賞していたことから、2006年度ノーベル賞の有力候補として話題となった。同年の世界最大規模のブックメーカーである英ラドブロークス(:en:Ladbrokes)のストックホルム事務所による予想では、34倍のオッズが出され18番人気に位置(受賞は同予想で1位のオルハン・パムク)。2007年の同予想では11倍のオッズ、6番人気とさらに評価を上げている。また近年の年収は海外分が既に国内分を上回っており、事務所の仕事量も3分の2は海外とのものであるという。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た北山修

    森の向う側 - 原作『土の中の彼女の小さな犬』、出演:きたやまおさむ、一色彩子、監督:野村恵一(1988年)村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たバレンボイム

    村上本人は、あの場所でできる発言としてはギリギリの物だったと述べている。イスラエル政府要人が集まる舞台であれ以上の発言をすることは困難であり、またあれ以下の発言では意味がない。他の人ならあれ以上の発言ができただろうか。もちろんバレンボイムなどのように政権に批判的なユダヤ人が厳しい発言を行ったことはある。しかし同胞のユダヤ人が批判を行うことと、日本人が批判を行うこととでは受けとられ方が大きく異なる。エルサレム賞を受賞すると聞いて多くの「進歩的」メディアから批判を受けたが、現地で発言することに意味があると思ったし、メディアにも自分のそれまでの行動からある程度の推測をしてほしかった、と述べている。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たキルスティン・ダンスト

    パン屋再襲撃 - 出演:キルスティン・ダンスト、ブライアン・ジェラティ、監督:カルロス・キュアロン(2010年)村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見た井上靖

    「風の歌を聴け」が候補になった第81回芥川賞選考では、丸谷が積極的に推したが、大江健三郎、瀧井孝作らが「外国の翻訳小説の読み過ぎで書いたような、ハイカラなバタくさい作」(瀧井)などとして批判し、「1973年のピンボール」が候補になった第83回芥川賞選考では大江と吉行淳之介が支持に回ったものの、井上靖、中村光夫らが拒否した。その後、村上が長編小説に移行したこともあって(芥川賞は中編が対象)結局受賞には至らなかった。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 村上春樹

    村上春樹から見たオアシス (バンド)

    中学生の頃からジャズ・レコードの収集をしており、膨大な量のレコードを所有している(1997年当時で3000枚)。音楽はジャズ、クラシック、ロックなどを好んで聴く。ビートルズやザ・ビーチ・ボーイズをはじめとする古いロックはもちろん、レディオヘッド、オアシス、ベックなどの現代ロックを聴き、最近ではコールドプレイやゴリラズ、スガシカオのファンを公言している。常に何か新しいものに向かう精神が大事なのだという。村上春樹 フレッシュアイペディアより)

298件中 21 - 30件表示

「村上春樹」のニューストピックワード